アコム

保育園の費用は?公立・私立、認可・認可外保育園の平均額や相場、総額はいくら?

保育園は、0歳から子供を預けることができますので、出産後すぐに仕事に戻りたいという方は助かりますよね。

ただ、保育園に預けるとなるとどうしても費用がかかります。また、保育園には公立や私立だけではなく、認可保育園と認可外保育園がありますので、どこに預けたらよいのか迷っている方も多いでしょう。

保育園の費用は一律ではありませんので、相場がどのくらいなのか、また総額がいくらなのか分かりにくいという点があります。

そこで、保育園の費用について、また公立と私立、認可保育園と認可外保育園の平均額や相場、総額についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

保育園とは?

保育園とは、親が共働きであったり、病気で入院しているなど、何らかの理由で子供の面倒を見ることが出来ない場合に、親に代わって子供を保育する施設です。

保育園は、0歳から小学校に入学する前まで預けることができます。保育時間は、家庭によって異なりますが、保育園自体は早朝から夜まで開いており、休日保育や夜間保育を実施している園も多くあります。

また、保育園には、大きく分けて認可保育園と認可外保育園があります。

認可保育園と認可外保育園の違い

認可保育園
    認可保育園は、保育園の設備や保育士の数など、国が定めている基準をクリアして、各都道府県や政令指定都市、もしくは中核市から認可を受けた保育園です。認可保育園には国や自治体から補助金が出ますので、認可外保育園に比べて利用者の負担が少なくなります。認可保育園には、自治体が運営する公立保育園と民間団体が運営する私立保育園があります。
認可外保育園
    認可外保育園は、都道府県などの認可を受けていない保育園です。認可外保育園は、補助金がないため、認可保育園よりも費用が割高になります。ただ、認可外保育園では、時間外保育が充実していたり、認可保育園にはない習い事や教室が受けられるなど、保育園ごとに様々な特色があります。

保育園の費用は?

保育園にかかる費用は、保育園ごとに異なりますが、入園料や給食費、保育料や延長保育料などがあります。

また、保育園では、保育園で使う教材費もかかりますし、夏場にプールを使う保育園ではプール代もかかります。

他にも、制服がある保育園の場合は制服を用意したり、お昼寝の時間に使う布団を用意するなど、入園前にかかる費用もあります。

保育園でかかる費用の内訳

入園料
    認可保育園では入園料はかかりませんが、認可外保育園では入園料がかかる場合が多くなります。認可外保育園の入園料は、おおよそ1万円~5万円程です。
保育料
    毎月保育園に支払う保育料は、認可保育園の場合は世帯年収や自治体の基準などによって異なります。認可保育園では国の定めた上限がありますが、認可外保育園は費用の設定を運営者が行うため、認可保育園よりも高額になる場合が多いと言えます。
給食費
    保育園では給食が必須となりますので、給食費がかかります。給食費は、1ヶ月おおよそ5千円~1万円程です。
延長保育料
    基本的な保育時間を超える場合は、延長保育料が発生します。延長保育料は、保育園ごとに異なりますが、1時間あたり1千円~2千円程度となります。
教材費
    保育園で使う粘度やクレヨンなどの教材にかかる費用は、年間5千円程度となります。保育園によっては、保育園で読む絵本の費用がかかる場合もあります。

公立保育園と私立保育園の費用の違いは?

保育園では、基本的に私立と公立による保育料の差はありません。

国から認定を受けた認可保育園の場合、公立も私立も世帯年収などに準じた自治体の基準によって料金が決まりますので、特に私立保育園の方が費用が掛かるということはないのです。

ただ、私立保育園では、制服があったり、特別なカリキュラムが用意されている場合があるため、保育料の他に費用が掛かるケースもあります。

しかし、保育園は、私立と公立という分類よりも、認可保育園かどうかという点が保育料に大きく影響すると言えます。

認可保育園と認可外保育園の平均額や相場は?

認可保育園の保育料の平均額は、 厚生労働省の平成24年地域児童福祉事業等調査によると1ヶ月20,491円となっています。

認可保育園の場合は、各世帯の所得状況によって国が保育料の上限金額を定めており、自治体が国の基準を元に独自に保育料を設定しています。

そのため、世帯年収や地域ごとに費用にバラつきがありますが、おおよその費用の相場としては1ヶ月2万円~3万円程度と言えます。

また、認可外保育園では国や自治体による基準がありませんので、費用は保育園ごとにかなり差がありますが、おおよそ1ヶ月5万円~7万円程度が相場になります。ただ、保育園によっては月に10万円以上の保育料が掛かる場合もあります。

認可保育園の地域別の1ヶ月平均額

世帯収入300万円の保育料
北海道札幌市 22,550円
宮城県仙台市 27,400円
東京都板橋区 17,800円
愛知県名古屋市 25,800円
大阪府大阪市 25,000円
広島県広島市 23,850円
福岡県福岡市 28,200円
沖縄県那覇市 29,400円
世帯収入600万円の保育料
北海道札幌市 45,870円
宮城県仙台市 55,400円
東京都板橋区 31,700円
愛知県名古屋市 42,700円
大阪府大阪市 50,700円
広島県広島市 52,450円
福岡県福岡市 44,600円
沖縄県那覇市 39,600円

※上記は子供1人、1歳児を対象とした2017年時点のデータです。

認可外保育園の費用の相場
1ヶ月の保育料 50,000円~70,000円

認可保育園と認可外保育園の費用の総額はいくら?

保育園の費用の総額は、認可保育園が年間でおおよそ20万円~50万円前後、認可外保育園は年間50万円~100万円前後となります。

ただ、認可外保育園の場合は、設定されている保育料の差が大きいため、保育園によっては、年間100万円~150万円以上かかる場合もあります。

共働きの世帯は、仮に費用が高くても保育園に預けるしかないというケースも多いため、場合によっては保育料の支払いで困ることもあるでしょう。

保育園の費用で困った際に役立つのがカードローンです。アコムは、インターネットやATMから借入や返済ができますので、忙しい方にもおすすめです。

保育園費用の1年間の総額

認可保育園 年間20万円~40万円前後
認可外保育園 年間50万円~100万円前後

保育園は子供の年齢が低いほど費用が高い

保育園は、認可保育園であっても認可外保育園であっても、基本的に子供の年齢が低いほど費用も高くなります。

保育園は0歳から入ることができますが、3歳や4歳の幼児よりも、保育士がつきっきりで世話をする必要がある0歳や1歳、2歳の子供の方が保育料が高額になります。

そのため、子供を0歳から保育園に預けようとしている親御さんは、初めのうちは費用が割高になることを覚悟しておく必要があると言えるでしょう。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ