アコム

申し込みブラックとは?申し込みブラックの件数は何件まで?

申し込みブラックとは、短期間に申し込みを繰り返し行うことを言います。

これは、キャッシングでもカードローンでも、クレジットカードでも住宅ローン・自動車ローンでも、全てに共通しているものですが、お金を借りる、カードを作る、ローンを組むという場合には、各金融会社に申し込みを行い、審査が通った際に利用ができるというものです。

また、各金融会社は、申し込みを行った方のこれまでのキャッシングの利用状況やクレジットカードの利用履歴を調査・確認し、「この人ならお金を貸しても問題ないだろう」となって、はじめて利用できるようになります。

では、申し込みを行った方の利用状況は、どうやって調べているのか。
それは、各金融会社が提携しているJICC(日本信用情報機構)やCIC(シー・アイ・シー)といった個人信用情報機関に照会し、調査・確認を行っているのです。

そのため、自分自身のキャッシングやローン、クレジットカードなどの利用状況は、各金融会社がこれらの個人信用情報機関に照会すれば、いつでも確認することができます。

またこれは、カードの申し込み状況も同様に、いつ、どのサービスに申し込みをしたのか、利用を開始しているか、それとも利用できず審査NGとなったかなども、詳細に確認することができるのです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

各カード会社に申し込みをした際の流れ

キャッシングやクレジットカード、ローンなどを新規で申し込みすると、金融会社側は必ず提携している信用情報機関に照会をします。

これは、たとえ審査に通っても、通らなくても、「誰が」「いつ」「どのサービス」に申し込みをしたのかといったデータを、金融会社側が記録するルールとなっているためです。その際に、審査に通って利用が開始された場合には、信用情報機関のデータベースに、利用限度額や毎月の支払い金額などの利用条件等を追加で記録していきます。

逆に、審査に通らなかった場合、そのサービスを利用しなかった場合には、申し込みの記録だけが残り、その後の利用条件等の記録がなされないデータが保存されることになります。

各金融会社は、これらの記録もいつでも照会することができますので、申し込みだけを行い、その後に利用しない(審査に通らない)といったデータが何件も増えていくことは、通常では考えられない非常に不自然な記録となるのです。

立て続けに申し込みばかりを行うということは?

現在、キャッシングやクレジットカードなどの利用履歴は、個人信用情報機関のデータベースに登録され、各金融会社はいつでもそれらの情報を照会できる仕組みとなっています。

また、利用履歴以外にも、利用しているサービスの種類や利用限度額、利用件数や利用総額、延滞や遅れといった支払い状況など、過去5年間まで遡って照会することができます。

そのため、申し込み時に本人が「利用件数なし」と申告しても、金融会社側が個人信用情報機関に照会すれば、現在の利用状況はもちろん、過去に遡って利用状況や返済状況を確認することができるのです。

そこで、通常キャッシングやクレジットカードを申し込む場合、数日中にまとまったお金が必要であったり、大きな買い物をする際に申し込むものとなります。また、ローンを組む場合にも、一括での支払いが難しい時、あまり現金を使いたくない時などに利用するものとなります。

しかし、これらの審査は、各金融会社ごとに独自に行っていますので、たとえどれだけ収入が多くても、たとえ他社の返済実績が良好でも、誰でも100%必ず審査に通るとは限らないものです。

申し込みをした金融会社との条件等が合わず、審査に通っても利用しないというケースもあれば、金融会社の規定で残念ながら審査が通らなかったというケースもありますので、こういった経験は誰でも1度や2度はあるのではないでしょうか。

ただ、申し込みだけを立て続けに行う場合、短期間に何件もの同じようなサービスに申し込みをしている場合には、やはり「何かおかしい」と思われてしまうのです。

特にキャッシングの場合は、直接お金を借りることになりますので、短期間にあまりにも多くの申し込みを行うことは、言い換えれば「かなりお金に困っているのではないか」「相当やばいほど切羽詰まっているのではないか」と思われるのです。

金融会社も慈善事業ではありませんから、「相当やばい人」「お金がなくて切羽詰まっている人」には、融資をしても返済してもらえないと判断し、審査NGとしてお断りをすることになるのです。

申し込みブラックは何件からなの?何件までは大丈夫なの?

申し込みブラックとは、キャッシングやクレジットカードの申し込みを立て続けに行い、次々と断られることを総称して「申し込みブラック」と呼ばれています。

しかしこれは、個人信用情報機関に「申し込みブラック」という項目があるわけではありません。また、各金融機関が何件以上は申し込みブラックに認定する、あるいは申し込みブラックとしてリストアップしているということもありません。

そのため、いわゆるブラックリストと呼ばれるリストは存在しないものとなります。

ただ、短期間に立て続けに申し込みを行うと、信用情報機関に申し込みを行っただけの記録がデータとして残りますから、各金融会社の印象としてはよくありません。

そこで、これまでの事例から言えば、大手キャッシングの場合は、1ヶ月以内におおむね2件~3件までの申し込みを超えると、それ以降の申し込みでは極端に審査が厳しくなる傾向にありますので、2件~3件以上の申し込みは控えるべきと考えられます。

また、3ヶ月以内の申し込みということで言えば、おおむね3件~4件まで、6ヶ月以内の申し込みでは、おおむね4件~5件までとなります。

ただ、これらの数値は、その方の属性や現在の利用状況によっても異なります。特に、返済が遅れている、長期的に延滞しているというケースでは、仮に申し込みブラックという状態でなくとも審査に通らない可能性が高くなりますので、毎月の返済に遅れがないこと、延滞がないことが条件となります。

申し込みブラックの期間はいつまで?

もし仮に、短期間に立て続けにキャッシングの申し込みを行った場合には、それ以降の申し込みは行わず、6ヶ月以上は申し込みを控えるほうが良いでしょう。

これは、申し込みをした記録が個人信用情報機関に残る期間が最大6ヶ月間となりますので、仮に今日5件~10件以上の申し込みを行ったとしても、6ヶ月後にはこれらの申し込みをした記録はデータベースから削除されることになります。

そのため、短期間に数多くの申し込みをした記録が残っているために審査に通らないと思われる方は、6ヶ月間を目安として次の申し込みを検討されることをおすすめします。

逆に、申し込みブラックの状態では、それ以上の申し込みを繰り返しても、審査に通ることは非常に難しくなりますので、さらにご自身の信用を損なう怖れもあります。

実際にキャッシングの利用やクレジットカードの利用がなくても、数多くの申し込みの記録によってカードが発行されない、キャッシングができないということもありますので、短期間の申し込みはくれぐれもご注意ください。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

このページの先頭へ