アコム

モビットの増枠後の金利は?融資限度額500万円まで借りれた事例

モビットモビットは、三井住友銀行グループの会社となりますが、他のキャッシングサービスと比較しても、モビットは申し込みから審査結果の連絡がかなり早く、WEB完結を利用することで、即日で振り込み融資を受けることも可能です。

モビットでは、キャッシングの利用限度額も最大800万円までということもあり、男性にも女性にも非常に人気の高いサービスとなっています。

そこで、実際にモビットを利用し、利用限度額が500万円まで可能となった事例を元に、モビットの増枠審査と限度額500万円に至った経緯についてまとめました。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

モビットの増枠は可能?増枠審査に必要な書類は?

モビットの増枠は、既にモビットを利用している方はもちろん、これからモビットの利用を検討されている方も可能です。

そこで、モビットで増枠をする際には、WEB上から会員専用画面(Myモビ)にログイン後、増枠申請を行います。電話での増枠依頼も可能ではありますが、WEB上から申請をするほうが時間もかからず、やり取りも少なくて済みますので、こちらがおすすめです。

また、現在の利用状況によっては、Myモビのログイン後トップに「お知らせ」が表示される場合があります。このお知らせに、「増枠が可能です」と表示されますので、その案内に沿って手続きを進めていきます。

ただ、ログイン後トップのお知らせは、あくまでもこれまでの支払い状況や利用状況に応じて表示されるものとなりますので、何も審査をせずに増枠できるというものではありません。場合によっては、お知らせで「増枠が可能です」となっていても、お断りとなるケースもあります。

増枠審査に必要な書類は、主に収入証明書になります。増枠をするということは、現在の利用限度額をアップすることとなりますので、今後の増枠や金利の引き下げを考えると、収入証明書は提出しておくほうが良いでしょう。

モビットの増枠審査にかかる時間は?

モビットの増枠審査は、平日であれば、おおむね1時間~2時間程度となります。ただ、早朝や深夜、土日・祝日の増枠依頼は、翌営業日となりますので、急ぎで増枠を希望する場合には、平日の午前中には申し込みをされることをおすすめします。

その際には、収入証明書の提出が必要となる場合がありますので、増枠依頼をされる際は、事前に準備をされるほうが良いでしょう。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットの増枠はいくらまで可能なの?

モビットの増枠は最大800万円まで可能となりますが、実際の増枠についてはその方の収入(年収)によって、どこまで増枠ができるのかが決まります。

たとえば、年収300万円という方なら、他社のキャッシング利用が全くないとしても最大で100万円までの利用となります。また、仮に年収500万円という方なら、増枠が可能な融資枠は最大166万円までです。

これは総量規制によって、キャッシングの利用ができる融資枠が、最大でも年収の3分の1までと決まっているためです。そのため、仮に500万円の融資を希望したとしても、年収が借入金額に満たない場合には、キャッシングで利用できる最大融資枠は、その方の年収の3分の1までとなります。

モビットの増枠後の金利は?

モビットの増枠後の金利は、その方の利用限度額によって異なります。

これまでの事例では、利用限度額が50万円~100万円の場合、適用される金利は15.0%~18.0%前後となります。仮に利用限度額が100万円~200万円の場合には、適用される金利は10.0%~15.0%前後です。利用限度額が200万円~300万円では、適用される金利は8.0%~12.0%前後です。

また、利用限度額が500万円の融資となった場合には、適用される金利は、おおむね4.8%~6.0%前後となります。仮に、利用限度額が800万円となれば、適用される金利は3.0%~となりますので、非常に低い金利でキャッシングを利用することができるようになります。

このように、モビットの増枠では、利用できる金額が大きければ大きいほど適用される金利も低くなりますので、モビットの増枠では収入証明書を提出して、より大きな融資を受けるほうが良いでしょう。

モビットの増枠で500万円まで借りれた事例

モビットの増枠で500万円の融資を受けることができた事例では、モビットの利用がおおむね3年~5年以上の方となります。

これは、どの金融会社も同じですが、初回から融資枠が300万円、あるいは500万円というのは、現実的にかなり難しいのが現状で、特に無担保・無保証のキャッシングでは、その方の信用によって融資枠が決まりますので、初回の融資枠はおおむね30万円~50万円というケースが多いのです。

また、何回目の増枠で500万円までに至ったのかは、その方の年収によっても異なりますが、おおむね3回~4回が多くなっています。

こちらも先ほどと同じ理由となりますが、初回の融資枠が仮に30万円~50万円だった場合、次の増枠で100万円前後、その次の増枠で200万円~300万円前後、さらにその次の増枠で500万円の融資となる傾向があります。

ただ、モビットで最大の800万円まで融資を受けるには、年収2500万円~年収3000万円以上の方でなければ、融資枠が800万円にはなりません。また、過去に返済の遅れや延滞があった場合には、その後の増枠審査が非常に厳しくなりますので、仮に年収をクリアされている方でも、利用状況によっては800万円の融資を受けることができない場合もあります。

モビットで800万円の融資枠を作るメリットとは?

もし仮に、モビットで800万円の融資を受けることができれば、適用される金利は3.0%~となりますので、他のキャッシングを利用するよりも、はるかにお得と言えます。

また、適用される金利は、利用すればするほど引き下げられていきますので、仮に利用限度額が300万円、あるいは500万円というケースでも、非常にお得に活用することができるのです。

しかも、モビットで800万円の融資が可能となれば、自動車ローンや家具・家電ローンなどを利用する必要がなくなります。実際に800万円の融資を受けている方で、他のローン会社よりも金利が低いということもあり、大きな買い物をする際にはモビットを利用するという方も多いのです。

さらに、モビットの融資枠は、その後の利用状況が良好であれば、いつでも利用できて、いつでも返済することができますので、非常に使い勝手の良いサービスとなります。

また、WEB上から振り込みキャッシングを依頼するだけで、わずか数分で自分の口座にお金が振り込まれますので、800万円の融資枠があれば、急な出費などでもすぐにキャッシングを利用することができるのです。

モビットの増枠は、審査時間も早く、利用可能となればすぐにでも振り込みでキャッシングすることができますので、いざという時のためにも持っていて損はないキャッシングサービスと言えるでしょう。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ