アコム

歯科技工士の年収は?手取り額はいくら?年齢別の給料・ボーナスは?

歯科技工士は、歯科医師が作成した指示書に従い、入れ歯や差し歯、マウスピースや歯科矯正の装置などを作成する職業です。

歯科技工士は口内で使用する人工物を作る仕事となりますので、精密な技術が必要となり、資格を取得するには国家試験に合格する必要があります。

歯科技工士は歯科治療には欠かせない職業ですが、実際にはどのくらいの収入があるのでしょうか。

そこで、歯科技工士の年収や手取り額、年齢別の給料やボーナスについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

歯科技工士の年収は?手取り額はいくら?

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、歯科技工士の平均年収は4,066,900円となっています。

平均月収は289,700円、年間のボーナス平均額は590,500円です。

また、実際の手取り額は額面上の収入の8割程度となりますので、手取り年収としては300万円~320万円前後になると言えるでしょう。

日本人の平均年収は500万円前後となりますので、歯科技工士の年収は一般的な平均よりも若干低くなります。

歯科技工士の平均給料と手取り額

歯科技工士の平均収入
年収 4,066,900円
月収 289,700円
ボーナス 590,500円
歯科技工士の手取り額
年収 300万円~320万円前後
月収 22万円~25万円前後
ボーナス 45万円~50万円前後

歯科技工士の年齢別の給料・ボーナスは?

歯科技工士の収入は年齢や勤務先などによっても異なりますが、基本的には年齢が上がり、経験年数がアップするほど給料やボーナスも上がります。

歯科技工士の勤務先として最も多いのは、歯科技工所です。歯科技工所では、歯科医院や病院から発注を受けて差し歯などを制作し納品します。

他の勤務先としては、歯科医院や病院となりますが、歯科技工所に比べるとかなり少なくなります。

また、公立病院に勤務する場合は、公務員として働く場合もありますが、募集はほぼありませんので、民間の病院で働くケースがほとんどです。

歯科技工士の年収・月収・ボーナス

20代歯科技工士の給料
年収 250万円~350万円
月収 18万円~23万円
ボーナス 20万円~50万円
30代歯科技工士の給料
年収 300万円~400万円
月収 22万円~27万円
ボーナス 30万円~60万円
40代歯科技工士の給料
年収 400万円~500万円
月収 30万円~40万円
ボーナス 40万円~70万円
50代歯科技工士の給料
年収 450万円~550万円
月収 35万円~40万円
ボーナス 50万円~80万円
60代歯科技工士の給料
年収 400万円~500万円
月収 30万円~40万円
ボーナス 40万円~70万円

歯科技工士は長時間労働の割に給料が安い?

歯科技工士の年収はそれほど高いとは言えませんが、生活ができないほど低いというわけでもありません。

ただ、歯科技工士は、勤務先にもよりますが、労働時間が非常に長い場合が多い職業です。

そのため、時給に換算すると時給1,000円以下というケースも珍しくなく、労働時間と給料が見合っていないと言われています。

そのため、せっかく国家資格を取得しても給料の低さと激務から離職してしまう人が多い職業でもあるのです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ