アコム

お歳暮とは?時期や意味、金額の目安や予算の相場、お金がない時の対処法は?

お歳暮とは、年末にお世話になっている方やお付き合いのある方に品物を贈る日本に古くからある風習です。

お歳暮は、1年の締めくくりに今年の感謝と来年も宜しくという気持ちを込めて贈り物をします。年末になるとお歳暮の品物を選んだり、予算を考えたりと何かと忙しくなりますよね。

そこで、お歳暮の意味やお歳暮を贈る時期について、またお歳暮の金額の目安や予算の相場、お金がない時の対処法についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

お歳暮とは?お歳暮の意味は?

日本でお歳暮を贈る習慣が始まったのは、江戸時代頃だと言われています。

お歳暮の由来や起源については諸説ありますが、一説では商人や店子が取引先や大家さんに対して、年末のあいさつとして贈り物をするようになったことが始まりだとされています。

現在では、日頃お世話になっている方に対して、今年のお礼と翌年のお付き合いも宜しくという意味を込めてお歳暮を贈ります。

お歳暮を贈る相手も、会社関係だけではなく、親戚や親しい友人や知人など様々です。

お歳暮を贈る時期は?

お歳暮を贈る時期は、12月初旬~12月25日頃までとされています。

お歳暮ですので、年内に届くように贈ることはもちろんですが、12月下旬になるとどの家庭も年越しやお正月の準備で忙しくなりますので、出来れば25日よりも前に贈るのが良いでしょう。

また、お歳暮を贈る時期は地域によって若干違いがあり、関東では12月初旬~12月25日頃、関東を除く地域では12月13日~12月25日頃が適切だとされています。

地域別のお歳暮の時期

関東 12月初旬~12月25日頃
北海道・東北・関西・中国・四国・九州 12月13日~12月25日頃

お歳暮の金額の目安や予算の相場は?

お歳暮は、贈る相手との関係性や付き合いの深さなどによって目安となる金額が異なりますが、おおよそ3,000円~5,000円程度が相場です。

もちろん、お歳暮の予算は人それぞれですので、決まった金額の品物を贈らなければならないということはありません。

ただ、あまり高額な品物を贈っても相手を困らせてしまいますし、安すぎるものだと失礼にあたりますので、おおよその相場に沿って金額を決めると良いでしょう。

お歳暮の平均額

両親・兄弟・親戚へのお歳暮の金額
    両親や兄弟、親戚などへ贈るお歳暮の相場は、3,000円~5,000円程度が一般的です。身内へのお歳暮は、贈る相手が亡くならない限りは長期的に贈り続けることになりますので、無理のない範囲で金額を設定すると良いでしょう。
会社の上司・取引先へのお歳暮の金額
    会社の上司へ贈る場合は4,000円~5,000円程度、取引先などへ贈る場合は3,000円程度のお歳暮にする場合が多いと言えます。会社関係のお歳暮は、他の同僚とも相談して金額を決めるようにすれば、一人だけ浮いてしまうこともないため安心です。
親しい友人・知人へのお歳暮の金額
    親しい友人や知人へお歳暮を贈る場合は、おおよそ3,000円程度、高くても5,000円程度までが相場です。また、習い事の先生などに贈る場合は、1ヶ月分の月謝と同程度か、半分程度の金額にするのが一般的です。
お世話になった人へのお歳暮の金額
    結婚式の仲人など、特にお世話になった人に贈るお歳暮の相場は、5,000円~10,000円程度です。ただ、10,000円を超えるお歳暮は、贈られた側も気を使ってしまいますので、高くても10,000円までの予算にしておきましょう。

お歳暮を贈るお金がない時の対処法は?

お歳暮は、贈る数が多いと金銭的な負担はかなり大きくなってしまいます。

最近はお歳暮を早く注文することで、割引を受けられるサービスなどもありますので、出来るだけ出費を抑えることは出来るでしょう。

ただ、お歳暮を買うお金が足りないという際には、お歳暮を贈らないという選択肢もありますが、どうしても贈りたい、贈らなければならないという場合は、現金ではなくクレジットカードで購入する、もしくはカードローンでお金を借りるという方法があります。

現金が手元にない時はどうする?

クレジットカードを利用する
    クレジットカードは、後払いで商品を購入することができますので、現金がなくてもお歳暮を買うことはできます。三井住友VISAカードJCBカードは、百貨店やデパートの他、インターネットショップなどでも幅広く利用できますので、非常に使い勝手がよく、お歳暮を購入する際にもおすすめです。
カードローンに申し込む
    お歳暮を贈りたいけれどお金が無い、クレジットカードも使えないという際には、カードローンで一時的にお金を借りるという方法が一番手っ取り早いでしょう。カードローンなら、審査時間も短く、お歳暮を贈るまであまり時間がないという場合でも安心です。
    特に、アコムは、最短30分で審査回答を受けられ、即日の借り入れも可能となっていますので、非常におすすめです。

お歳暮を贈らないデメリットは?

お金がないならお歳暮を贈らないと決めるのも1つの方法ですよね。お歳暮は必ず贈らなければならないというものではありませんので、贈るか贈らないかは個人の自由です。

ただ、お歳暮は1年の感謝の気持ちを示すという点もそうですが、今後のお付き合いのために贈るという意味合いもありますので、お歳暮を贈らないことで関係性が悪くなったり、常識が無い人と見られてしまう可能性もあります。

そのため、現金がなくてもクレジットカードで購入したり、カードローンなどでお金を借りてでもお歳暮は送った方が良いでしょう。

アコムなら年末でも24時間申し込みができる

年末はお歳暮の他にも、お年玉やお正月の準備など何かと出費が多く忙しい時期ですよね。

アコムは、年末であってもインターネットから24時間いつでも申し込みが可能ですので、店舗に行く時間が取れないという方でも問題なく申し込みができます。

また、実際の借り入れも指定した口座への振込やコンビニのATMなど、自分の都合に合わせてお金を借りることができますので、非常に便利です。

お歳暮の購入代金はもちろん、出費の多い年末にお金に困ったらアコムの利用がおすすめです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ