アコム

お中元とは?時期や意味、金額の目安や予算の相場、お金がない時の対処法は?

お中元とは、日ごろお世話になっている人に対して感謝の気持ちを伝えるための贈り物です。お中元は夏のご挨拶として、日本では定番の年中行事の1つになっています。

毎年お中元の時期になると、何を贈れば良いのか、また品物の金額や予算について頭を悩ませるという方も多いでしょう。

そこで、そもそもお中元とはどういったものなのか、またお中元を贈る時期や意味、金額の目安や予算の相場、お金がない時の対処法についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

お中元とは?お中元の意味は?

お中元とは、中国の宗教の1つである道教が由来となる風習です。道教では、旧暦の1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元と定めています。

中元は元々神に祈って罪を償う贖罪の日という意味合いがありましたが、後に仏教の教えと融合して先祖の霊を供養をする行事が行われるようになりました。

日本にも中国の中元の風習が伝わり、お盆の行事として定着していきました。

そして、中元の先祖を敬うという意味から、お世話になった人に感謝の意味を込めて贈り物をするという習慣が広まったとされています。

お中元を贈る時期はいつ?

お中元は一般的には夏のギフトというイメージがありますが、夏ならいつ贈っても良いというわけではありません。

お中元は、マナーとしてある程度贈る時期が決まっていますので、時期を外れると失礼にあたったり、恥をかくことになってしまいます。

また、お中元を贈る時期は、7月初旬から7月15日というのが一般的ですが、厳密には地域によって異なります。

特に、関東と関西ではかなり時期に違いがありますので、異なる地域の人へお中元を贈る際には注意が必要です。

地域ごとのお中元の時期

北海道 7月中旬~8月15日
東北・関東 7月初旬~7月15日
北陸 エリアによって異なる
※7月初旬~7月15日と7月中旬~8月15日のエリアがある
関西・東海・中国・四国 7月中旬~8月15日
九州 8月初旬~8月15日
沖縄 旧暦の7月15日まで

お中元の金額の目安や予算の相場は?

お中元の金額の目安は、贈る相手によって若干異なりますが、おおよそ3,000円~5,000円程度が一般的です。特にお世話になった人に対して贈る場合も、高くて10,000円程度が上限になるでしょう。

お中元は何かのお祝いのように1回だけ贈るというものではなく、基本的には毎年継続して贈るものとなります。

そのため、毎年贈るということを考慮し、無理のない範囲で相手も受け取りやすい金額に抑える必要があります。

お中元の品物は、ビールやジュースなどの飲み物類やお菓子、そうめんやそば、ハムやソーセージなどが定番ですが、最近は商品券やカタログギフトなどをお中元として贈る方も多くなっています。

お中元の平均額

身内に贈るお中元の金額
    自分や結婚相手の両親、兄弟や親せきなどの身内に贈る場合は、5,000円前後が相場となります。身内ではお互いにお中元を贈り合うケースが多いため、相手との金額の兼ね合いも考慮して予算を決めると良いでしょう。
知人や友人に贈るお中元の金額
    お世話になっている知人や友人に贈る場合のお中元の相場は、3,000円程度です。知人や友人に対するお中元は、関係性にもよりますが、相手に気を使わせないためにも高額な品物は避けた方が良いでしょう。
会社関係に贈るお中元の金額
    会社の上司や取引先などにお中元を贈る場合は、5,000円程度が一般的な予算となります。あまりに高額なお中元は、目上の人対して失礼にあたりますので、注意が必要です。

お中元のお金がない時の対処法は?

お中元を贈るお金がないけれど、どうしても感謝の気持ちを伝えたいという場合もあるでしょう。

また、会社関係などの付き合いでどうしても、お中元を贈らなければいけないという方も多いかもしれません。

お金がないけれど、お中元を贈りたい、あるいは贈らなければならない場合は、クレジットカードを利用するか、もしくはカードローンでお金を借りるという方法があります。

お金がなくてもお中元を贈れる方法

クレジットカードでお中元を買う
    クレジットカードを利用すれば、手元に現金がなくてもお中元を購入することができます。クレジットカードは、実際の店舗だけではなくネットショップでも利用できます。もし、まだクレジットカードを持っていないという方は、加盟店の多いJCBカード三井住友VISAカードがおすすめです。
カードローンでお金を借りる
    お金がないなら、カードローンでお金を借りるという方法があります。カードローンは、10,000円~20,000円程度の少額でも借入れをすることができますので、どうしてもお中元のお金が足りないという時は、カードローンで一時的に借入れをすると良いでしょう。

お中元を贈らないのはダメ?

お中元は、1件あたりの金額は3,000円~5,000円とそれほど高くはありませんが、何件も贈るとなるとかなりの出費になりますよね。

そのため、お金のことを考えてお中元を贈らないという選択をする方もいますが、お中元は感謝の気持ちを伝える風習であると共に、今後の付き合いを円滑に進めるためのものでもあります。

お中元を贈らない、あるいは止めるとなると、今までの関係性に支障をきたす場合もありますので、仮にお金が無くても贈るべき相手にはきちんと贈りましょう。

もし、お中元の時期にお金が足りずに困ったら、カードローンでお金を借りるのが最も早く手軽な方法です。

少額の借入れならアコムがおすすめ

アコムは、数十万円というまとまった金額でなくても、10,000円程度の少額から借入れをすることができます。

お中元で掛かる金額は、贈る件数にもよりますが、一般的には数万円程度あれば足りるでしょう。そのため、足りない分のお金を少し借りることができるカードローンは非常に便利なのです。

女性も方も多く利用しているアコムは、初めてカードローンを利用する主婦の方にもおすすめです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ