アコム

出産費用がない!?お金が足りない時の対処法は?いつ払う?待ってもらえる?

出産を考えているけれど、お金がない、出産費用が足りないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

妊娠や出産に関する公的な補助制度はいくつかありますが、いつ費用を支払うのか、あるいは支払いを待ってもらえるのかによって、対処の仕方は変わりますよね。

妊娠や出産はただでさえ不安になることが多いものですので、せめてお金の心配をしなくても済むように費用がない時の対処法について予め確認しておきましょう。

そこで、出産費用がない場合やお金が足りない時の対処法について、また出産の費用を支払うタイミングなどについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

出産費用がない!?お金が足りない時の対処法は?

出産費用を予め準備していない場合は、なんとかしてお金を用意する必要がありますよね。

出産費用は、分娩方法や入院する医療機関などによって異なりますが、おおよそ50万円~100万円前後が目安となります。

ただ、出産に関する費用には国や自治体からの補助が受けられますので、出産費用が足りない場合はまず補助制度の利用を第一に考えましょう。

もちろん補助金で出産に掛かるお金を全て賄うのが難しい場合もありますが、仮にお金がなくても出産費用を用意するための対処法はいくつかあります。

出産費用は?出産の自己負担額や実費はいくら?補助金や助成金、保険は?

出産費用を用意する方法

出産一時金制度を利用する
    出産一時金制度は、子供1人の出産につき42万円を受け取ることができるという国の補助制度です。出産一時金制度を利用すれば、自己負担を大幅に軽減することができます。ただ、42万円を超える差額分は自己負担となります。
出産一時貸付制度を利用する
    出産一時貸付制度は、出産一時金が支払われるまでの間に出産一時金で受け取ることが出来る金額の8割相当を無利子で借りることが出来る制度です。ただ、出産一時金が支払われた際には速やかに返済する必要があります。
出産手当金を利用する
    出産手当金は、健康保険に加入している場合に産休中の給料の一部が支払われるという制度です。ただ、出産手当金は雇用先の健康保険に加入している方が対象となりますので、専業主婦の方は利用出来ません。また、出産手当金を受け取ることができるのは産休終了後となります。
クレジットカードを利用する
    病院では支払いの際にクレジットカードを利用できる場合もあります。まだクレジットカードを持っていないという方は、JCBカード三井住友VISAカードがおすすめです。ただ、個人経営の産婦人科などは、クレジットカード払いに対応していない病院も少なくありませんので、全ての病院でクレジットカードが使えるというわけではありません。
親や親戚に借りる
    親や親戚に出産費用を一時的に借りるという方法もあります。ただ、身内との関係性、親や親戚の経済状況によっては難しい場合もあるでしょう。
カードローンを利用する
    一時的にまとまったお金を用意したい時に便利なのがカードローンです。現在は様々なカードローンがありますが、アコムなどの大手消費者金融系のカードローンは、多目的で利用することができますので、出産費用が足りない時の対処法としても役立ちます。

出産費用はいつ払う?支払いは待ってもらえる?

出産費用は、退院の際に支払うのが基本です。中には病院から後日請求書が届いて支払うという場合もありますが、一般的には退院をする際に受付で支払います。

ただ、病院によっては出産前に、10万円や20万円といった金額を前払い金として請求される場合もありますので、支払いのタイミングは医療機関によって異なると言えます。

また、支払いを待ってもらえるかどうかは、医療機関によって異なりますが、何か月も支払いを先延ばしできるという病院は少ないでしょう。

医療機関によっては、退院時の支払いが難しい場合に、いつまでに支払うのかを記載した誓約書を用意して対応してくれるケースもあるようですが、退院の際に清算するのが基本だと考えておきましょう。

退院時の支払い金額を軽減する方法

出産一時金直接支払制度を利用する
    出産一時金直接支払制度は、出産一時金を健康保険から医療機関に直接支払ってもらえる制度です。直接支払制度を利用すれば、退院の際に自分で支払う金額は、出産一時金との差額分のみとなります。ただ、医療機関によっては直接支払制度に対応していない場合もありますので、事前の確認が必要です。
受理代理制度を利用する
    受理代理制度は、出産一時金直接支払制度と同様に出産一時金が直接医療機関に支払われる制度となりますので、退院時の精算が差額分のみになります。受理代理制度は、出産一時金直接支払制度に対応していない規模の小さい個人病院などで利用できる制度です。

出産費用をどうしても用意できない時は?

出産費用は、出産一時金などの補助制度を利用すれば実際に支払う金額を減らすことができますが、補助金を超えた差額分については当然自己負担となります。

また、病院によっては数万円、数十万円単位の前払い金が必要で補助金が間に合わないケースもあり、クレジットカード払いも出来ないなると現金を用意するしかありません。

そこで、どうしてもすぐにお金を用意することが難しい場合は、カードローンの利用がおすすめです。

アコムのカードローンなら最短30分で審査回答!

アコムは、最短30分で審査回答を受けることができ、即日振込にも対応していますので、出来るだけ早く出産費用を用意する必要がある方でも安心です。

また、アコムならインターネットから24時間いつでも申し込みが可能となっていますので、忙しくてなかなか時間が取れない方も利用できます。

もし、出産費用が足りない、病院への支払いまで時間がないという方は、アコムのカードローンがおすすめです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ