アコム

信販系カードローンとは?信販系カードローンのメリット・デメリット

信販系カードローンとは、クレジットカード会社や信販会社が発行しているキャッシング専用カードになります。

たとえば、JCBカードや三井住友カードがキャッシング専用カードとして発行しているもの、オリコカードやジャックスカードがキャッシング専用カードとして発行しているものなどがあります。

信販系カードローンは、クレジットカード会社や信販会社によってもサービス内容が異なり、融資金額も最大300万円まで可能なカードローンもあれば、最大500万円まで可能なカードローンもあります。

では、信販系カードローンと、一般的なキャッシング専用カードでは、どういった違いがあるでしょうか。信販系カードローンを利用するメリット・デメリットなどをまとめてみました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

信販系カードローンと通常のキャッシングとの違い

信販系カードローンでは、クレジットカード会社や信販会社がキャッシング専用カードとして発行しているサービスです。

そこで、信販系カードローンはキャッシングに特化したサービスとなりますので、一般的なキャッシングサービスとほぼ同じように利用することができます。

また、信販系カードローンに申し込み後、審査に通るとキャッシング専用のカードが発行されますので、提携しているお近くの銀行やコンビニ等のATMで、必要に応じて利用する流れです。利用限度額や適用される金利も同程度となりますので、こういった点は一般的なキャッシングサービスと同じように利用することができます。

毎月の返済については、一般的なクレジットカードと同様に、指定した口座からの自動引き落としとなりますので、返済のわずらわしさがありません。

信販系カードローンのメリットとは?

信販系カードローンでは、既に同じカード会社や信販会社のクレジットカードを利用している、ローンを活用しているということであれば、信販系カードローン利用時にいくつかの会員特典や会員サービスを受けられるケースがあります。

またクレジットカードを利用しているケースでは、利用残高に応じたポイント付与やキャッシュバックを行っているサービスもあります。

ただ、同じ会社のクレジットカードやローンなどは利用していないという方には、あまりメリットはありませんが、「キャッシングに抵抗がある」「キャッシング専門の金融会社には申し込みしにくい(連絡しにくい)」という方でも、信販系カードローンなら安心して利用することができるでしょう。

信販系カードローンのデメリットとは?

信販系カードローンは、キャッシング専用のサービスとなりますので、総量規制の対象となります。そのため、借り入れの上限は年収の3分の1までとなりますので、上限を超えた利用はできません。

※総量規制については、下記も合わせてご覧ください。

総量規制とは?総量規制対象外キャッシング・カードローンの利点

信販系カードローンの中には、自営業の方や個人事業主の方を対象としたカードローンの取り扱いもありますが、個人向けカードローンは全て総量規制の対象となりますので、クレジットカードの利用とは分けて考える必要があります。

即日でキャッシングを利用するなら?

即日融資のキャッシングなら、一般的なキャッシングサービスで利用するほうが良いでしょう。

たとえば、モビットでは即日融資も可能で、さらに最大800万円までキャッシングの利用ができます。また、プロミスならアルバイトの方やパートの方、女性の方の利用も多く、安心して利用できるキャッシングサービスと言えます。

信販系カードローンは、キャッシングに特化したサービスということもあり、一般的なキャッシングサービスに似ているサービスとなります。

ただ、カードローンという性質上、申し込みからキャッシングの利用までは、おおよそ数日~1週間程度かかります。場合によっては、1週間~2週間ほどかかるケースもあり、事前にカードローンを申し込む必要があります。

そのため、即日融資、即日キャッシングという点では、モビットやプロミスなどのキャッシング専用サービスのほうが、すぐに利用できるサービスなのです。

現在は、信販系カードローンも様々なサービスがありますが、「今日中にキャッシングしたい」「今すぐお金が必要」という際には、即日融資が可能な通常のキャッシングをおすすめします。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ