アコム

クレジットカードの利用限度額は?結局いくらまで利用できるの?

一般的に、クレジットカードの利用限度額は、カードの申し込みをした方の年収や他社の利用状況によって、各カード会社が独自に定めるものとなります。

そこで、一般のクレジットカード(ゴールドカードやプラチナ、プレミアムカードは除く)の初回利用限度額としては、おおむね10万円~50万円の範囲内でカードが発行されます。

ちなみに、ゴールドカードは100万円~200万円、プラチナカードは200万円~300万円、ブラックカードなど、いわゆるプレミアムカードと呼ばれるクレジットカードでは300万円~500万円以上の利用限度額で発行されます。

もちろんこれらの金額は、おおよその目安となりますので、ゴールドカードでも50万円~70万円程度の利用枠ということもありますし、逆に200万円~300万円を超える利用限度額が設定されたゴールドカードも存在します。

これらは、初回申し込み時の利用限度額の目安として記載していますが、ではクレジットカードの利用限度額は、どのように決められているのか、どうしたら増枠が可能なのかなどをご説明します。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

クレジットカードの利用限度額の目安は?

通常、初回申し込み時のクレジットカードの利用限度額は、その方の年収によって決まります。

これまでの事例では、たとえば年収400万円前後という方のケースでは、初回申し込み時のカード発行では、30万円~50万円の利用限度額が設定されることが多くなっています。
また、年収が500万円~600万円以上では、利用限度額が50万円で設定されることが多くなります。

年収250万円~年収300万円前後という方では、20万円~30万円の利用限度額となるケースが多く、年収200万円以下という方のケースでは、初回申し込み時の利用限度額が10万円~20万円というケースが多くなります。

そのため、初回申し込み時の利用限度額の設定では、おおむね年収の1割ほどとなるケースが1番多いという結果となりました。

ただし、これらの数値は、他社の利用状況やこれまでの返済状況等を考慮していませんので、返済の遅れや延滞がある場合にはカード審査がNGとなり、クレジットカードが発行されない場合もあります。

逆に、これまでの利用状況が良く、返済の遅れもないケースでは、年収300万円以下の方でも初回申し込みで利用限度額が50万円という場合もあります。

割賦販売法による利用限度額の上限って何?

割賦販売法とは、クレジットやローンを組む時に、申し込みをした方の支払可能見込額を算出して、それ以上の利用ができないように制限することを指します。

これは、各カード会社に義務付けられているルールとなりますので、どれだけ返済実績が良好でも、どれだけ優良顧客でも、支払可能見込額を超えた利用は原則できません。

そのため、その方の状況によっては、希望した利用枠でカードが発行されない、大幅に減額されるといったことも起こります。

そこで、支払可能見込額の算出では、年収、生活維持費、クレジット債務の状況によって決まりますので、上記で記載したように、おおよそ年収によって利用限度額が変わるようになります。

※割賦販売法や支払可能見込額の算出については、下記も合わせてご覧ください。

割賦販売法とは?クレジットカードの年間支払可能見込額とは

結局、クレジットカードのショッピングはいくらまで使えるの?

クレジットカードのショッピング枠は、支払可能見込額を算出し、その数値に0.9をかけた金額がクレジットカードの利用枠となります。またこれは、車のローンや家具・家電のローンなども同様に、いくらまでローンが組めるのかは、その方の支払可能見込額によって大きく変わります。

    支払可能見込額の算出方法
    年収 - 生活維持費 - クレジット債務 = 支払可能見込額
    クレジットカードの利用可能額(利用限度額)
    支払可能見込額 × 0.9 = クレジットカードの利用枠
    ※東京23区にお住いの場合の算出例

支払いの遅れや延滞があると利用限度額が大幅に下がる

上記で記載したとおり、クレジットカードの利用限度額は、支払可能見込額に0.9をかけた数値が実際の利用枠となります。※見込額はお住いの地域ごとに85%~100%の範囲で決められています。
またこれは、クレジットだけではなく、ローンを組む場合にも上記数式に当てはめて算出されます。

そこで、クレジットカードの利用限度額を引き上げるには、先ほどの3項目(年収、生活維持費、クレジット債務)の数値を改善する必要があります。ただ、生活維持費は世帯ごとに予め決められていますので、「年収を増やすか」「クレジット債務(リボ払いや分割払いなど)を減らすか」のどちらかとなります。

その場合には、年収を増やすのは、景気や会社の業績などの問題もありますので、現在のクレジット債務を減らすのが1番効果的と言えます。

ただ、これまでに返済の遅れや延滞があった場合には、クレジットカードの発行自体が難しくなりますので、仮に支払可能見込額にまだまだ余裕があったとしても、カード審査がNGとなる場合があります。

キャッシングやショッピングの利用に関わらず、各カード会社は支払いの延滞を何よりも嫌う傾向にありますので、返済の遅れは利用限度額を大幅に減らす可能性が高いのです。

場合によっては、カード利用停止もありますので、毎月の返済は絶対に遅れないことが重要なのです。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

年会費永久無料!セゾンカードインターナショナルなら最短即日カード発行

このページの先頭へ