アコム

無職でも自営業でキャッシングに申し込むと借りられるって本当?

キャッシングには様々な噂が数多くありますが、その中で「無職でもお金を借りられる方法」というのをご存知でしょうか。

通常キャッシングの申し込みでは、仕事をしている方で、毎月安定した収入を得ていることが融資を受ける条件となりますので、たとえどういった事情であっても「無職」でお金を借りることはできません。

しかし巷では、無職でも普通にキャッシングでお金を借りられる方法があるというのです。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

無職でもキャッシングで借りられるの?

キャッシングの利用では、20歳以上で仕事をしている方、毎月安定した収入を得ている方であれば、融資を受けることができます。

現在は、総量規制による借入上限が定められており、キャッシングで利用できる金額は年収の3分の1までとなりますが、借入上限を超えていなければ、通常どおりキャッシングを利用することができます。

しかし逆に、何も仕事をしていない、収入がないという状態では、その後の返済ができませんので、どうやってもキャッシングを利用することができません。そのため、専業主婦の方や学生でアルバイトを何もしていないという方などは、原則としてキャッシングを利用することができないのです。

自営業で申し込むとキャッシングできるって本当?

キャッシングで融資を受ける際には、原則として仕事をしていること、収入があることが条件となります。しかし、ある方法で申し込みを行うと、無職でもキャッシングを利用することができるようになります。それが、「自営業」として申し込みを行う方法です。

自営業とは、会社や組織などには属さず、自分で仕事をしている方を指します。最近では、フリーランスと呼ばれることもありますが、職業が自営業の場合には、各金融会社側で仕事の実態を把握するのが非常に難しいのが現状です。自営業はいつでもすぐに始めることができて、いつでも辞めることもできますから、申込者が本当に自営業者として仕事をしているかどうかを確認することが難しい職業なのです。

そのため、「自営業で勤続1年」というような申し込みを行うと、確定申告などの書類も用意できませんし、仕事の実態も把握することが非常に困難になるのです。

また、自営業以外にも、派遣会社に登録だけをして、キャッシングで「派遣社員」として申し込みを行う方法でも、融資を受けることができる場合があります。派遣社員の場合でも、自営業と同じように仕事の実態を把握することが困難な職業となりますので、申込者が本当に仕事をしているのかがわからないのです。

このように、仮に何も仕事をしていない無職だったとしても、キャッシングの申し込み時に「自営業」「派遣社員」と申告することで、融資を受けることができる場合があります。申し込みを行う方の属性にもよりますので、100%必ず借り入れできるというものではありませんが、これらは昔からかなり有名な方法として噂されているものとなります。

申し込みで嘘を付いても大丈夫なの?

率直に言いますが、キャッシングの申し込みで自営業、あるいは派遣社員と申告して借り入れをすることは、嘘の申し込みをすることとなりますので、万が一、嘘の申し込みがばれた場合には、その後に利用停止や一括請求となる場合があります。

嘘の申し込みで借り入れをすると、その後に他社の利用もできなくなる可能性がありますので、こういった申し込み方法で借り入れをすることはおすすめできません。

しかも、これらの方法は、原則として自宅に固定電話がないと融資を受けることができませんので、誰でも簡単にお金を借りられるというわけではありません。

さらに言えば、仮に嘘の申し込みで融資を受けることができたとしても、本当は無職なわけですから、今後の返済ができなくなることが予想されます。嘘の申し込みでお金を借りるという行為は、場合によっては詐欺行為として警察に捕まる可能性もあるのです。

嘘を付いてお金を借りるというのは、非常にリスクが高いものとなりますので、仕事がなかなか決まらずに、どうしてもお金が必要な場合には、友人や知人、親や兄弟、親戚などに一時的に借りるほうが良いでしょう。あるいは、仕事がきちんと決まってから、改めてキャッシングを検討されることをおすすめします。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ