アコム

キャッシングができない理由・キャッシング審査に通らない理由

数日中にどうしてもお金が必要という際に、キャッシングができなかったという経験はないでしょうか。あるいは、何度申し込みをしても、どこも審査に通らなかったということはないでしょうか。

キャッシングの申し込みに限らず、クレジットカードの発行やローンの申し込みでは、必ずカード会社側の審査がありますので、申し込みを行った方の収入面や他社の利用状況によっては、審査が通らず利用をお断りされる場合があります。

では、キャッシング審査に通らない理由・キャッシングの審査で断られる理由とは何でしょうか。キャッシングができないのは、どういった原因があるのでしょうか。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

キャッシングができない理由・審査に通らない理由とは?

キャッシングの審査に通らない理由、キャッシングができない理由は、大きく5つの原因があります。中でも特に多いのは、他社の利用が多い場合と返済の遅れや延滞がある場合です。

5つの原因は、ご自身でも確認することができるものとなりますので、自分はどれに該当するのかを把握することが重要となります。

他社の利用が多い(年収の3分の1を超えている)

キャッシングの審査では、借り入れできる上限が年収の3分の1までと定められています。

一部、銀行系のカードローンなどは、借り入れ上限の適用外のサービスもありますが、原則としてキャッシングでもカードローンでも、年収の3分の1を超えた利用はできません。

そのため、キャッシングの審査に通らない理由の多くは、既に借り入れ上限を超えているケースとなりますので、今現在の年収から借り入れができる金額をおおよそ把握することで、キャッシングの審査に断られるということがなくなります。

また、現在利用しているキャッシングについて、今後返済をしていくことで、キャッシングの利用枠に空きができますので、その際に改めてキャッシングを検討されることをおすすめします。

返済の遅れや延滞がある

各金融会社が1番嫌うことは、返済の遅れや延滞が生じることです。キャッシングやクレジットカードの利用では、原則として無担保・無保証で融資を受けることとなりますので、各金融会社は申し込みを行った方を信用して融資を行う、いわゆる信用貸しのサービスです。

しかし、信用して貸し付けを行っているにもかかわらず、その後の返済が滞る、返済が遅れることは、「この人は、お金を貸しても返してくれない人だ」と判断されてしまうのです。

他社の利用が多いケースであれば、現在利用しているキャッシングの残額を減らしていけば、新たに利用することも可能ですが、返済の遅れや延滞については、今後の利用が完全にできなくなることも予想されます。

キャッシングを利用する際は、絶対に返済だけは遅れないことが最も重要なことなのです。

収入がない、仕事をしていない

キャッシングの利用では、仕事をしていること、収入があることが必須条件となります.

派遣社員でも契約社員でも、アルバイトでもパートでも、実家の手伝いということでも構いませんが、逆に何も仕事をしていない、何も収入がないという状況では、キャッシングを利用することができません。

現在仕事をしていないという方は、まずは仕事を探して収入を得られる環境を作られることをおすすめします。

本人と連絡が取れない、住所が不明

キャッシングを利用する際には、必ず本人確認があります。

第3者によるいたずらやなりすましなどを防止するためでもありますが、キャッシング申し込みをされた際は、その後、カード会社から確認の連絡があるかもしれませんので、携帯電話などに着信があった場合には、折り返しかけ直すことも必要です。

また、住所が不明な場合にも、融資を断られる可能性が高くなります。友人や知人の家に居候している場合や住所変更をしていない場合なども該当します。

キャッシングの利用では、必ず本人確認がありますので、住所変更等の手続きを行っていない場合には、申し込みを行う前に手続きを完了しておくことも必要です。

過去に自己破産や債務整理などの金融事故があった

過去に自己破産や債務整理、長期間にわたる延滞など、いわゆる金融事故があった場合には、その後のキャッシングやクレジットカードの取得が非常に難しくなります。各金融会社は返済の遅れや延滞を1番嫌います。

また、自己破産や債務整理などがあった場合、各金融会社からすれば、返してもらえるはずのお金が返ってこないこととなりますので、過去に利用したことがあるサービスでは、今後も二度と利用することができなくなります。

さらに、いわゆる金融事故となった場合には、5年~10年は情報が残りますので、こういった点からも今後の利用は非常に難しいと言えます。

キャッシングができるようになるにはどうすればいいの?

これまでどおり、キャッシングができるようになるには、先ほどの5つの原因から、自分が何に該当するのかを明確に把握することが重要です。

また、それぞれの原因に合わせて、今後改善をしていくことで、キャッシングを利用できる可能性が高くなります。

キャッシングを可能にするための対処法

他社の利用が多い場合

もし他社の利用が多い場合には、まずは現在のキャッシング残高を減らすことが必要です。これは法律上のルールでもありますので、年収の3分の1を超える利用は原則行うことができません。

また、銀行系のカードローンを検討される方もいますが、原則としては年収の3分の1以上を利用している方には、たとえおまとめローンであっても、審査に通るのは非常に厳しいと言えます。

ただ、無担保・無保証では難しいですが、不動産を担保に一本化するおまとめローンであれば、利用することが可能です。

不動産を担保に融資を受けるようにはなりますが、毎月の返済金額を大幅に下げることができますし、適用される金利も引き下げることが可能となりますので、なかなか残高が減らないという際には、不動産担保ローンを検討されることをおすすめします。

不動産担保ローンとは?不動産担保融資でいくらまで借りられる?

【ビジネクスト500万円可決】おまとめローン・一本化の借り入れ

返済の遅れや延滞がある場合

返済の遅れや延滞がある場合には、2社~3社の申し込みを行ってみて、キャッシングの審査に通らないようであれば、少し様子を見るほうが良いでしょう。

大手のキャッシング会社で、2社~3社に申し込みをしても、全く審査に通らないということであれば、おそらくこれまでの延滞や支払の遅れが原因で、融資が難しくなっていることが予想されます。

少なくとも2年~3年は遅れずに返済を続けていき、優良な支払い実績を作ることが重要です。現時点で、さらに申し込みを繰り返しても、今以上に信用を落とす結果となる可能性もありますので、様子を見ながら実績を作られることをおすすめします。

毎月の収入や本人確認が原因の場合

毎月の収入や本人確認が原因で借入れができない場合は、ご自身の現在の状況を再度確認するほうが良いでしょう。

キャッシングに限らず、クレジットカードの審査やローンの申し込みでも同じで、本人確認ができない、連絡が取れないという状況では、審査に通ることが非常に難しくなります。

また、収入がないという場合には、まずは仕事を探すことをしなければ、今後もキャッシングを利用することができません。

キャッシングとは、一時的にお金を借りるサービスとなりますので、これらは再度確認されることをおすすめします。

金融事故がある場合

様々な理由により、過去に金融事故となった場合には、原則として今後の利用は難しいと考えておくほうが良いでしょう。

また、金融事故ということは、過去にたくさんの方に迷惑をかけたことと思いますので、可能であればもうキャッシングは利用しない、クレジットカードは使わないと決められることをおすすめします。

ただ、過去に金融事故となった方が、それ以降のキャッシングが絶対にできないということはありません。

これまでの事例でも、自己破産後に大手のキャッシングサービスを利用できた事例、中堅の消費者金融系サービスで利用ができた事例、地方の小規模なサービスで少額の融資を受けた事例など、数多くの事例があります。

金融事故後のキャッシングはできない?

過去に金融事故があった場合、誰でももう1度キャッシングが利用できるというものではありません。

金融事故後の融資では現在のその方の属性によって融資が可能かどうかが決まりますので、公務員や会社員で勤続年数が長いという方なら、その後に利用できる可能性が非常に高いと言えます。

逆に、現在パートやアルバイト、あるいは仕事を変わって間もないという状況では、以前のこともありますので、その後の利用はかなり難しいと言えるでしょう。

収入の範囲内で借入れをすることが重要

現在は総量規制によって、キャッシング利用は年収の3分の1までとなりますが、それでもクレジットカードのリボ払いや分割払いなどを利用すると、毎月かなりの金額を返済しなければならなくなります。

返済計画が不十分な状態で借入れをすると、いずれ延滞をして、金融事故を起こしてしまう可能も高くなります。

延滞や支払いの遅れにならないためにも、利用できる範囲内でのキャッシングをおすすめします。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ