アコム

消費者金融でお金を借りるには?融資を受ける条件・必要書類とは

消費者金融とは、キャッシングを専門に行っている金融会社となりますが、消費者金融でお金を借りる場合には、いくつかの条件があります。

また、消費者金融でキャッシングを利用する際には、身分を証明する書類として、運転免許証や健康保険証なども必要です。

ただ、消費者金融のキャッシングでは、20歳以上の方で仕事をされている方であれば、どなたでも申し込みをすることができます。特に最近では、働いている女性の方や主婦の方の利用も多く、はじめて利用される女性の方でも安心して利用できるキャッシングサービスもあります。

キャッシングを検討される際には、予めキャッシングの条件や必要書類などを確認しておきましょう。

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

消費者金融でキャッシングする際の条件とは

消費者金融でキャッシングを利用する場合、消費者金融でキャッシングの申し込みをする場合には、下記の条件を満たしていることが必要となります。

収入があること(何らかの仕事をしていること)
    公務員や正社員に限らず、派遣社員でも契約社員でも、アルバイトでもパートでも構いませんので、キャッシングを利用する際には、キャッシングを利用する本人が何らかの仕事をしていることが条件となります。
    そのため、パートやアルバイトなどをされている主婦の方はキャッシングの利用が可能ですが、パートなどを何もされていない専業主婦の方は、キャッシングを利用することができません。
20歳以上であること
    キャッシングの利用では、主に20歳~69歳までの方を対象としたサービスとなりますので、18歳~19歳などの未成年者は利用することができません。これは、たとえ仕事をしていたとしても、未成年の方の場合には、キャッシングの利用はできません。
    また、70歳以上の方や80歳以上の方も、たとえ仕事をしていたとしても、キャッシングを利用することはできません。金融会社によっては、20歳~65歳までとしている会社もありますので、65歳以上の方でキャッシングを希望する際は、申し込み条件を確認されることをおすすめします。

消費者金融でキャッシングする際の必要書類とは

消費者金融でキャッシングを利用する際の必要書類は、利用される方の身分を証明するものが必要となります。

たとえば、運転免許証や健康保険証、パスポートなどが該当しますが、これらを持っていない場合には、原則としてキャッシングを利用することができません。

ただ、一部の金融会社では、運転免許証や健康保険証、パスポート以外でも受け付けをしている場合もありますが、どの金融会社も原則としてはこれら3つのうち、どれかを必ず用意することとなります。

また、これらの身分証明書には、提出する優先順位もあります。

キャッシング申し込みに必要なものは?必要書類・用意するもの

そのため、運転免許証を持っている方は、運転免許証を、運転免許証がなく健康保険証を持っている方なら健康保険証を、運転免許証も健康保険証も持っていない方はパスポートを用意する流れとなります。

特に最近では、第3者による不正利用やなりすまし等を防止するため、出来る限り顔写真の付いた身分証明書の提出を求められる傾向にありますので、健康保険証しかないという方は、念のためパスポートを用意されることをおすすめします。

おすすめの消費者金融は?キャッシングするならどこがいいの?

消費者金融でキャッシングをするなら、モビットプロミスが良いでしょう。モビットは三井住友銀行グループの会社、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのキャッシング専用サービスとなりますが、パソコンや携帯電話、スマホからも申し込みができ、しかも申し込み当日中に振り込みでキャッシングをすることも可能です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

さらに、モビットならWEB完結、プロミスならWEB契約から申し込みを行うことで、来店不要でその場ですぐに融資を受けることができます。

特にモビットのWEB完結なら、勤務先への電話連絡や確認がなく、連絡はメールのみとなりますので、わずらわしい面倒なやり取りがなく、スムーズに審査を進めることができます。また、融資可能となった際に振り込みキャッシングを利用すれば、ご自身の銀行口座にお金が振り込まれるのです。

これらのサービスは、女性の方でも安心して利用することができ、尚且つ急な出費でどうしても今日中にキャッシングを利用したいという際にも、非常に便利に活用することができますので、おすすめのキャッシングサービスと言えるでしょう。

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

このページの先頭へ