アコム

ピアノ教室はお金がかかる?月謝が払えない、教材が買えない時の対処法は?

ピアノ教室は子供の習い事として人気が高い習い事です。特に最近は、音楽系の習い事をさせたいと考えている親御さんも増えています。

ただ、ピアノやヴァイオリンなど、楽器の習い事は費用が高く、お金持ちの子供が習うものというイメージがありますよね。

実際に、ピアノ教室の月謝が高くて金銭的に困っているという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ピアノ教室はお金がかかるのか、また月謝が払えない時や教材が買えない時の対処法にはどういったものがあるのかについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

ピアノ教室はお金がかかる?

ピアノ教室は習い事の中でもお金がかかる習い事だと言えるでしょう。

ピアノ教室の月謝は、各教室ごとに異なり、子供の年齢によっても違いがありますが、ヤマハやカワイなどの大手ピアノ教室での小学生の料金は8,000円~13,000円前後が相場です。

個人のピアノ教室は大手に比べると費用は安くなりますが、どんなに安い場合でも5,000円以上の月謝は必要です。

また、子供にピアノを習わせる場合、ピアノ教室の毎月の月謝以外にも、レッスンで使う教本代や発表会の衣装代、ピアノの購入費用など様々なお金がかかります。

子供向けピアノ教室の料金は?入会金や月謝・レッスン代の相場、その他の費用は?

ピアノ教室は初期投資が高い

ピアノは初期投資がかかる習い事だと言えます。ピアノ教室では、レッスンごとに課題が出され、次のレッスンまでに自宅で練習をしてくるという流れが基本です。

つまり、自宅で練習するためのピアノが必要なのです。元々自宅にピアノがあれば問題ありませんが、ない場合は購入する必要があります。

ピアノの値段は機種によって様々ですが、新品なら安くても40万円~50万円程度はかかります。

中古ピアノでも10万円~20万円程度となりますので、自宅にピアノ本体がない場合は数十万円単位の初期投資が必要ということになります。

子供のピアノが上達するほど出費も増える

ピアノ教室は、ピアノが上手くなればなるほど出費も増えていきます。

特に、大手のピアノ教室では、生徒のレベルに合わせて月謝を設定している場合が多く、レベルが上がれば上がる程レッスン代も高くなります。

また、他にもいくつかの理由で、ピアノは上手い子供ほど必然的にお金がかかる習い事だと言えるでしょう。

ピアノが上手い子供ほどお金がかかる理由

レッスンの進み具合が早い
    ピアノのレッスンでは、ピアノ教本を使用しますが、上達が早い子供はどんどん次の教本に進んでいきます。
    ピアノ教本は1冊3,000円前後となりますので、ピアノが上達してレッスンが進めば進むほど教材費もかかります。
コンクールに出場する機会が多い
    ピアノが上達すると、ピアノ教室の講師からコンクールへの出場を促されるようになります。子供向けのピアノコンクールは数多くあり、規模も様々です。
    大手の楽器店が主催するようなコンクールや全国規模のコンクールは参加費も高額です。また、予選、セミファイナル、ファイナルなど、勝ち進むごとに参加費が必要な場合も多く、最終選考まで残ると参加費だけで30,000円前後の費用が必要になる場合もあります。
楽器のランクが上がる
    ピアノが上手くなる程、楽器の良し悪し、音の違いも分かるようになっていきます。そのため、習い始めに使っていた中古のランクの低いピアノでは満足できなくなる場合が多くあります。
    ピアノはランクが高くなればなるほど当然値段も高額になります。最終的にグランドピアノを購入するとなると、最低でも200万円~300万円はかかります。

ピアノ教室の月謝が払えない、教材が買えない時の対処法は?

ピアノ教室の費用を払うことができないなら、まずピアノ教室をやめるという選択肢が浮かびますよね。

ただ、子供がピアノを楽しそうに習っていると、なかなかやめなさいとは言いにくいものです。また、仮に子供に音楽の才能がある場合、子供の将来の可能性を潰してしまうことになります。

子供のためを思えば、なんとかしてお金を用意し、出来るだけピアノを続けさせてあげるのが親としての努めだと言えるのではないでしょうか。

ピアノ教室のお金を用意する方法

身内にお金を借りる
    自分の両親や親戚などにお金を借りることができるのであれば、恥を忍んで貸してもらうのも方法の1つです。特に、自分や夫の両親なら孫の習い事のために喜んでお金を出す場合もあるでしょう。ただ、身内にお金を借りると後々トラブルになる可能性もありますので、借りる際には十分に注意する必要があります。
カードローンに申し込む
    お金に困った際に役立つのがカードローンです。カードローンなら親戚や友人に知られることなく、お金を用意することができます。特に、大手のアコムプロミスは、実際に子供の学費や習い事のために借入をしているという方も多くいますので、初めて利用するという方でも安心です。

ピアノ教室の月謝を滞納すると訴えられる可能性もある

習い事の月謝だから少しくらい滞納しても問題ないと考えている方もいるかもしれませんが、ピアノ教室に限らず、教室に通って講師から教えを受ける以上は、契約として決められた月謝を払う義務が発生します。

そのため、月謝を滞納すると、督促状が届いたり、最悪の場合は裁判沙汰になる可能性があります。

また、ピアノ教室では一定期間月謝の支払いがない場合は、強制退会になり、二度と入会させないという措置をとっている教室も少なくありません。

習い事の費用だからと軽く考えるのは止めて、お金がなければカードローンで借りてでも決められた期日までに月謝を用意することが大切です。

パート主婦でも申し込みできるカードローンは?

アコムは、正社員だけではなく、パートやアルバイトの主婦の方でも申し込みができます。

アコムなら、1万円、2万円といった少額でも借入れができますので、どうしても今月の月謝代が足りないという時にもおすすめです。

また、女性の方には、プロミスレディースがおすすめです。

プロミスレディースは、プロミスが行っている女性向けのサービスで、申し込み後の在籍確認なども女性のオペレーターが対応してくれますので、男性に話すのは不安という方も安心して利用できます。

アコムプロミスは最短即日で借入れをすることができますので、月謝を滞納する前にお金を借りてきちんと支払いをしましょう。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ