アコム

診療放射線技師の年収は?手取り額はいくら?年齢別の給料・ボーナスは?

診療放射線技師は、放射線を使用した検査や治療を行う職業です。診療放射線技師は、一般的なX線検査の他、CT検査やMRI検査、がんの放射線治療など様々な業務を行います。

診療放射線技師は、放射線を扱う仕事ということで、医療系の職業の中でも専門性の高い職業だと言えます。

近年の医療の現場では、診療放射線技師は欠かせない存在となっていますが、実際にはどれくらいの収入があるのでしょうか。

そこで、診療放射線技師の年収や手取り額について、また年齢別の給料やボーナスはいくらなのかについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

診療放射線技師の年収は?

診療放射線技師の平均年収は、平成29年度の賃金構造基本統計調査によると、5,033,700円となっています。

平均月収は347,700円、年間の平均ボーナス額は861,300円です。

同じ医療系の職業である看護婦の平均年収は480万円前後となりますので、診療放射線技師は看護師よりも若干年収が多いと言えます。

看護師の年収は?正看護師・准看護師の違い、性別・都道府県別の給料やボーナスは?

診療放射線技師の平均給料

年収 5,033,700円
月収 347,700円
ボーナス 861,300円

診療放射線技師の手取り額はいくら?

診療放射線技師の手取り額は、税金や保険料を差し引くと額面上の金額のおおよそ8割程度となります。

診療放射線技師の平均年収は、500万円程度となりますので、手取りにするとおおよそ400万円前後になると考えられます。

また、手取りの月収は28万円前後、ボーナスは年間69万円前後になるでしょう。

診療放射線技師の手取り収入

年収 400万円前後
月収 28万円前後
ボーナス 69万円前後

診療放射線技師の年齢別の給料やボーナスは?

診療放射線技師の勤務先としては、主に病院や健診センターなどの医療機関がほとんどです。

他にも、専門的な知識を生かして医療機器メーカーに就職するという方もいますが、医療機関で働く放射線技師に比べるとかなり少なくなります。

診療放射線技師の給料やボーナスは、勤務先によって異なりますが、基本的には勤続年数が長くなればなるほど収入も上がっていきます。

診療放射線技師の収入は、50代前半でピークを迎え、その後は役職手当のカットや再雇用などの関係で下落していくというのが一般的です。

診療放射線技師の年収・月収・ボーナス

20代診療放射線技師の給料
年収 350万円~450万円
月収 25万円~30万円
ボーナス 40万円~90万円
30代診療放射線技師の給料
年収 450万円~550万円
月収 30万円~40万円
ボーナス 80万円~100万円
40代診療放射線技師の給料
年収 550万円~650万円
月収 35万円~45万円
ボーナス 100万円~120万円
50代診療放射線技師の給料
年収 550万円~750万円
月収 40万円~50万円
ボーナス 80万円~150万円
60代診療放射線技師の給料
年収 350万円~500万円
月収 30万円~40万円
ボーナス 20万円~60万円

診療放射線技師は民間病院と公立病院で給料が違う?

診療放射線技師の多くは、病院、あるいは健康診断などを行う健診センターに就職します。

病院には、民間の病院と県立や市立などの公立病院があり、公立病院に勤務する場合は公務員という扱いになります。

診療放射線技師の給料は、病院の規模にもよりますが、民間の病院に勤務するよりも公立病院に勤務した方が年収で50万円~100万円程度高くなる場合が多いです。

ただ、公立病院の診療放射線技師の募集はそれほど多くありませんので、かなり狭き門だと言えるでしょう。

最も高収入が期待できる診療放射線技師の勤務先は?

診療放射線技師の年収は、500万円前後となりますので、飛びぬけて高いわけではありませんが、十分安定した生活を送ることができる金額です。

ただ、もし診療放射線技師で年収1,000万円以上を目指そうと考えている場合、一般的な病院や健診センターでは難しいでしょう。

診療放射線技師で最も高収入が期待できるのは、医療機器メーカーです。特に外資系の医療機器メーカーは、もちろん成績次第とはなりますが、30代、40代で年収1,000万円以上もらっている方もいます。

そのため、診療放射線技師で高収入を目指す方は、医療施設ではなく、医療機器メーカーに就職するというのも1つの方法でしょう。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ