アコム

看護師の年収は?正看護師・准看護師の違い、性別・都道府県別の給料やボーナスは?

看護師は資格が必要な医療系の専門職ということで、一般的に給料が高いイメージがありますよね。

ただ、看護師と一言で言っても、正看護師や准看護師といった違いもあり、当然年収も一律ではありません。

また、看護師の給料やボーナスの金額は、働く地域や性別によっても違いがあると言われています。

そこで、看護師の年収や正看護師と准看護師の違い、また性別や都道府県別の看護師の給料やボーナスについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

看護師の年収は?

看護師の年収は、厚生労働省で実施している賃金構造基本統計調査の平成29年の調査結果によると、4,782,700円が全国平均の金額になります。

月収にすると、平均でおおよそ33万円、ボーナスの金額は約80万円になります。

看護師の年収は、働いている病院や医療機関、年齢や地域などによっても異なりますが、年収400万円~500万円前後がおおよその相場になります。

看護師の平均給料

年収 4,782,700円
月収 331,892円
ボーナス 800,000円

正看護師と准看護師の資格や給料の違いは?

看護師は、厳密には正看護師と准看護師に分けられます。

実際に行っている仕事内容としては、正看護師も准看護師も大きな違いはなく、患者側からすると見分けはつきませんが、正看護師と准看護師には様々な違いがあるのです。

中でも、特に正看護師と准看護師の大きな違いとして挙げられるのが資格と給料です。

正看護師と准看護師の違い

資格の違い
    正看護師と准看護師の違いとして最も大きいのは資格です。正看護師は国家資格ですが、准看護師は公的資格となります。正看護師の資格を取得するためには、看護学校や大学などに3年間、もしくは4年間通って国家試験に合格する必要があります。
    対して、准看護師は2年制の准看護学校に通った後に、各都道府県が管轄する知事試験に合格することで免許を取得できる流れとなります。
給料の違い
    正看護師と准看護師の給料は、正看護師の方が高くなります。各医療機関によって異なりますが、正看護師の給料は准看護師に比べて月収で5万円~6万円程高く設定されているのが一般的です。また、厚生労働省の調査によると、ボーナスを含めた年収は正看護師の方がおおよそ70万円~80万円程高いという結果になっています。
正看護師と准看護師の平均年収
正看護師 4,782,700円
准看護師 4,056,800円

性別や都道府県別の看護師の給料やボーナスは?

看護師の給料は、性別や働いている地域によっても異なります。まず、男性と女性では男性看護師の方が給料は高くなる傾向があります。

ただ、男性と女性の看護師で基本的な給料が異なるというわけではなく、男性の方が家族手当などを貰っていたり、規模の大きな病院に勤務している場合が多いことが原因だと考えられます。

また、都道府県別に見ると、地方に比べて東京や京都などの大都市の方が給料が高くなっています。

地域別では、宮崎や鹿児島などの九州地方が全国平均よりも年収が低い傾向があります。

男性看護師と女性看護師の年収・月収・ボーナス

男性看護師の給料
年収 4,894,200円
月収 339,400円
ボーナス 821,400円
女性看護師の給料
年収 4,771,100円
月収 331,100円
ボーナス 797,600円
看護師の都道府県別の平均年収
北海道 4,793,000円
青森県 4,444,000円
岩手県 4,488,000円
宮城県 4,755,000円
秋田県 4,758,000円
山形県 4,760,000円
福島県 4,677,000円
茨城県 4,523,000円
栃木県 5,002,000円
群馬県 4,583,000円
埼玉県 4,834,000円
千葉県 5,115,000円
東京都 5,323,000円
神奈川県 5,074,000円
新潟県 4,679,000円
富山県 4,689,000円
石川県 4,842,000円
福井県 4,906,000円
山梨県 5,240,000円
長野県 4,791,000円
岐阜県 4,782,000円
静岡県 4,923,000円
愛知県 4,982,000円
三重県 4,986,000円
滋賀県 4,220,000円
京都府 5,414,000円
大阪府 4,819,000円
兵庫県 5,010,000円
奈良県 5,007,000円
和歌山県 4,790,000円
鳥取県 5,000,000円
島根県 4,552,000円
岡山県 4,731,000円
広島県 4,828,000円
山口県 4,824,000円
徳島県 4,656,000円
香川県 4,575,000円
愛媛県 4,370,000円
高知県 4,395,000円
福岡県 4,323,000円
佐賀県 4,155,000円
長崎県 4,149,000円
熊本県 4,318,000円
大分県 4,263,000円
宮崎県 3,959,000円
鹿児島県 4,064,000円
沖縄県 4,282,000円

看護師は夜勤や残業がないと給料が安い?

看護師の平均年収は500万円弱となりますので、一般的な基準から見ても高額な部類に入るでしょう。

ただ、看護師の給料が高額になるのは、夜勤手当や残業代による部分が大きく、夜勤などがないと全国平均ほど高額な給料がもらえない場合もあります。

そのため、看護師の方の中には、結婚式などの急な出費があった際に、お金に困った経験があるという方も少なくないのです。

もし、急な出費でお金が必要な際には、カードローンを利用するという方法があります。アコムは、オンラインで24時間いつでも申し込みが出来ますので、勤務が不規則な看護師の方にもおすすめです。

女性看護師の生涯年収は2億円以上

平成29年の厚生労働省の調査によると、22歳から65歳まで働いた場合の女性看護師の生涯年収は、平均で2億782万円となっています。

看護師を含む全職種の女性の生涯年収の平均は、1億6359万円となっていますので、看護師は一般的な女性の生涯年収に比べてかなり高額だということが分かります。

ただ、看護師は夜勤なども多く、かなりのハードワークとなりますので、仕事内容や過酷さを考慮すると、決して高い給料とは言えないかもしれませんね。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ