アコム

お年玉をあげたくない時は?あげないで済む方法、お金がない時の対処法は?

親戚の子供にお年玉をあげたくないと思っている方は、実は多いのではないでしょうか。

自分にもお年玉をもらう子供がいれば、お互い様かもしれませんが、子供もいないとなるとお金が出ていくだけですので、損をした気分になりますよね。

子供が多ければそれだけ出費もかさみますので、毎年お正月の時期が憂鬱だという方もいるでしょう。

そこで、お年玉をあげたくない時について、またお年玉をあげないで済む方法やお金がない時の対処法についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

お年玉をあげたくない時は?

お年玉をあげることは義務ではありませんので、あげたくない時はあげなければ良いという意見もあります。

特に、普段全く合わない姪や甥に対して、お正月だからといってお年玉をあげるのは正直気が進まないでしょう。また、自分が金銭的に余裕がない状態なら、当然お年玉はあげたくありませんよね。

ただ、お年玉をあげたくなければあげなければ良いといっても、周囲の親戚があげている中で自分だけあげない、あるいは子供にお年玉をねだられて断るというのはかなりの勇気が必要です。

また、お年玉をあげないことで今後の親戚関係に支障をきたす場合もありますので、あげないという選択をするのは現実的には難しいでしょう。

子供にお年玉をあげないで済む方法は?

お年玉をあげないで済む方法はいくつかありますが、まずはお年玉をあげる必要のある子供に会わないことです。

子供に会わなければ、そもそもお年玉をあげることもないですよね。他に、親戚同士で話し合って、お年玉のやり取りを無くしてしまうのも1つの方法です。

また、お年玉をお金以外で渡せば、多少お金はかかっても、出費を抑えることはできるでしょう。

お年玉の出費を避ける方法

親戚の集まりに行かない
    お年玉を渡すのは、だいたい親戚が集まった時ですよね。新年のあいさつなど、親戚が集まる場所に行かなければ、子供に会うこともありませんので、お年玉をあげずに済みます。
    ただ、毎年のように正月の集まりを避けていると、親戚から白い目で見られる場合もありますので、注意が必要です。また、本家など自分の家に親戚が集まる場合は、どうしても避けられない可能性があります。
親戚同士で話し合う
    お年玉のやり取りがある親戚の親同士で、予めお互いにお年玉をあげないことを決めてしまえば、お年玉をあげる必要はなくなります。
    ただ、自分の子供だけはお年玉をもらって、相手の子供にはあげないとなると、さすがに問題があります。そのため、お年玉のやり取りを無くす際には、親戚同士できちんと意志を統一する必要があり、かなり手間はかかるでしょう。
お金以外の品物を渡す
    お年玉をお金で渡すのではなく、500円や1千円程度のお菓子や文房具などの品物で渡せば出費は抑えられます。ただ、これまで普通にお年玉をお金で渡していた場合、品物ではお年玉と認識されず、さらにお年玉をねだられる可能性もあります。

お年玉のお金がない時の対処法は?

お年玉であげるお金がない時は、どうにかしてお金を用意するしかありません。

お年玉をあげずに済むのが一番良いですが、かといってお金がないと正直に話したり、あげないとはっきり言うのはかなりハードルが高いと言えます。

そのため、お金が無い時はお金を作るために、いくつかの対処法を検討してみましょう。

お年玉のお金を用意する方法

カードローンに申し込む
    お年玉のお金を用意する方法として、最も気軽で手っ取り早いのがカードローンです。カードローンは、お年玉のような一時的な出費をカバーする際には非常に便利です。アコムは、即日融資にも対応していますので、正月まで時間がないという方も利用できます。
親に立て替えてもらう
    どうしても正月までにお金を用意できないなら、親に相談して自分の分のお年玉を立て替えてもらうという方法もあります。ただ、社会人として親にお年玉の立て替えを頼むのは非常に恥ずかしいですよね。また、親からしてもそんなにお金がないのかと心配されかねませんので、あまり得策ではないでしょう。
あげる金額を減らす
    お金が無いなら、お年玉であげる金額を減らすというのも1つの方法です。ただ、お年玉には相場があり、年齢があがるほど金額も多くなるのが一般的です。そのため、仮に去年まで1万円だったお年玉が、今年は5千円や3千円ということになると、子供や親に不信感を持たれる可能性があります。
アルバイトや副業をする
    もし正月まである程度時間があるなら、短期間だけアルバイトや副業をしてお金を作るという方法もあります。お年玉用のお金は、子供の数にもよりますが、2万円~3万円、多くても5万円程あれば足りるでしょう。ただ、正月まで時間がない、あるいは忙しくて時間が取れない場合は使えない方法となります。

お年玉をあげないと親戚の印象や評判が悪くなる

お年玉は強制ではありませんので、あげないという選択をすることもできます。ただ、お年玉をあげないというのは、非常にリスクが高いと言えます。

お正月のお年玉のやり取りは、親戚間のコミュニケーションの一環でもありますので、自分だけあげないとなると、親戚からの印象は悪くなります。

親戚で悪い評判がたつと、今後の付き合いにも支障が出ますので、お年玉をあげたくないと思っても、お年玉のお金はきちんと用意しておいた方が良いでしょう。

もし、どうしてもお年玉のお金をすぐに用意できないという場合は、カードローンの利用がおすすめです。

アコムなら年末年始も利用できる

アコムは、24時間いつでもインターネットから申し込みができますので、年末年始も利用できます。

また、アコムでは30日間金利0円サービスを行っていますので、年末にアコムで借入れをしても、来月の給料で契約日の翌日から30日以内に返済をすれば金利を支払う必要はないのです。

お金がないけれど、お年玉をあげなければならないという方は、ひとまずアコムで借入れをして、きちんとお年玉のお金を用意しておくことをおすすめします。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ