アコム

モビットの返済日はいつ?モビットの毎月の返済額はいくら?

モビットモビットは、最短即日で融資を受けることが可能で、さらに土日・祝日でも利用することができる非常に便利なキャッシングです。

また、モビットは毎月の返済についても、自分の都合に合わせて支払い日を選ぶことができます。毎月の支払い金額も、10万円までの融資なら毎月4千円の返済となりますので、モビットは計画的に活用することができるキャッシングサービスなのです。

そこで、モビットのATM返済型の返済日や口座振替型の返済日について、モビットの毎月の支払い額や返済額についてまとめました。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

モビットの支払い方法は?

モビットは、1ヶ月に1度、自分の都合に合わせて返済することができるキャッシングですが、モビットの返済方法は「ATM返済型」と「口座振替型」の2つがあります。

ATM返済型

ATM返済型は、銀行やコンビニなどの全国の提携ATMで毎月返済するタイプの返済方法です。

口座振替型

口座振替型は、自分の預金口座から毎月自動引き落としで返済するタイプの返済方法です。ただし、口座振替型は三井住友銀行、又は三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方向けのサービスとなりますので、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない方は利用することができません。

モビットの返済日は?

モビットの返済日は、毎月5日、15日、25日、末日の4つから選ぶことができます。毎月の支払い方法を口座振替型にした場合には、毎月5日、15日、25日、末日から選択した希望日に、預金口座から自動的に引き落としとなります。

ATM返済型を選択した場合には、毎月5日、15日、25日、末日のいずれかに、全国の提携ATMから返済します。前回約定返済日の翌日から、約定返済日までに返済された場合には、返済期日は翌月の約定返済日に繰り延べます。

モビットの毎月の返済額は?

モビットは、借入後残高スライド元利定額返済方式となりますので、最終借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が決定する仕組みです。

たとえば、モビットで10万円のキャッシングを利用した場合の月々の返済額は4,000円です。また、モビットで30万円を利用した場合には月々の返済額は11,000円です。50万円なら13,000円、80万円なら21,000円、100万円の利用なら毎月26,000円の返済となります。

モビットの返済額

最終借入後残高が10万円以下の場合:4,000円
最終借入後残高が10万円超20万円以下の場合:8,000円
最終借入後残高が20万円超30万円以下の場合:11,000円
最終借入後残高が30万円超40万円以下の場合:11,000円
最終借入後残高が40万円超50万円以下の場合:13,000円
最終借入後残高が50万円超60万円以下の場合:16,000円
最終借入後残高が60万円超70万円以下の場合:18,000円
最終借入後残高が70万円超80万円以下の場合:21,000円
最終借入後残高が80万円超90万円以下の場合:24,000円
最終借入後残高が90万円超100万円以下の場合:26,000円
※上記は実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.00%)の場合の支払い額です。
※100万円を超える場合は、最終借入後残高が20万円増すごとに返済額が4,000円追加となります。

毎月の支払い額や返済日の確認は会員専用サービス「Myモビ」

モビットは、会員専用サービス「Myモビ」にログインすることで、現在の支払い状況や返済状況、毎月の支払い日や支払金額を確認することができます。

また、モビットの「Myモビ」は、取引履歴の照会や返済シミュレーションを行うこともできますので、「Myモビ」は非常に便利なサービスなのです。

いつが支払日だったかな?毎月いくら支払えばいいのかな?と思ったら、モビットの「Myモビ」にログインして確認されることをおすすめします。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ