アコム

【ノーローン50万円可決】生活費と他社カードローンの返済で

シンキ
年齢・性別 42歳男性
職業 会社員(不動産営業)
勤続年数 12年
年収 550万円
クレジットカードの有無 5枚(利用限度枠280万円)
他社の借入金額 120万円 融資金額 ノーローンで50万円可決

42歳の不動産営業の会社員がキャッシングできた理由

最近では、カードローンを利用されている方も多くなっています。また、会社勤めをしていると、付き合いでクレジットカードを作ることも多く、気が付けば何枚もクレジットカードを保有していたというケースもあります。

今回のこの方も、仕事柄、クレジットカードで支払いをすることも多く、数年前からカードローンも利用している状況の方です。

しかし、カードを多く利用していると、その月によっては「支払いが間に合わない」「引き落とし用のお金がない」という場合も多く、特に現在では給料もなかなか上がらず、ボーナスもカットされ、毎月の支払いが厳しいという方も多いのではないでしょうか。

この方も、生活費の不足分とカードローンの支払いのため、キャッシングを利用したという事例です。

ただ、通常であれば、「他社の返済をするために、新たにキャッシングをするのはよくないだろ」と考えがちですが、他社の返済のためにキャッシングすることは、支払いに間に合わずに延滞をしてしまうよりは、はるかにメリットがあるのです。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

信用情報機関に登録された情報は共有されている?

キャッシングやクレジットカードの利用では、各カード会社が提携している信用情報機関に利用状況をその都度記録し、同業他社がいつでも閲覧できるようになっています。

そのため、仮にキャッシングでもショッピングでも、支払い期日までに返済がなされていない場合、引き落としができなかった場合には、信用情報機関にその記録が残ってしまうのです。

信用情報機関に登録されている記録は、全てのカード会社で共有されていますので、仮に返済の遅れや延滞があった場合には、今後のカード利用に大きな影響が出てしまう可能性があります。

しかも、その後にカードを解約したとしても、利用履歴は最大5年もの間、記録として残るのです。

支払いの遅れや延滞はカード会社が1番嫌う

各カード会社にとっての優良顧客とは、「毎月たくさん使ってくれる」「いつも利用してくれる」ことはもちろんですが、それ以上に「支払いの遅れや延滞がない」ことを最も重視します。

これはキャッシングもクレジットカードでも同じで、各金融会社は利息という手数料を受け取ることで成り立っていますので、支払いが遅れるということは、貸し付けた元金すら回収できないことになります。

また、支払いの遅れや延滞があると、それらを回収するために、顧客に連絡をしたり、郵便物などを個別に送らなければならなくなります。

各金融会社では、支払いの督促などを専門に行う部署を設けているケースが多いのですが、これらの作業には通常の業務よりも多くの時間やコストがかかるようになります。

そのため、各カード会社にとって1番面倒で手間のかかることは、新たな顧客からの申し込みや既存顧客の住所変更・増枠申請等の手続きではなく、決められた期日までにお金を払わない顧客なのです。

カードが発行されない、キャッシングができない1番の理由は?

申し込みをしても、なかなかカードが発行されない、あるいは、キャッシングができないという場合には、これまでの支払い状況を確認されることをおすすめします。

カードが発行されない、キャッシングができない1番の理由は、「信用情報機関に延滞の記録が残っている」ことが多く、これがカードが発行されない理由、キャッシングができない理由となっているケースが多いのです。

誰にでも、1度や2度は仕事や家庭の事情で、どうしても返済が遅れてしまうということはあります。しかし、支払いが遅れるということは、その記録が今後5年間も残り続けることを意味します。

言葉は悪いですが、支払いが遅れるくらいなら、新たにキャッシングの申し込みを行ってでも、支払い期日に間に合わせるほうが良いのです。

ご自身の信用という点からも、返済の遅れだけは回避しなければならないのです。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ