アコム

高属性でも三井住友VISAゴールドカードの審査に落ちる理由とは

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAゴールドカードは、ゴールドカードの中でも、かなり審査が厳しいゴールドカードで、厳格な審査を行っている印象があります。

特に、これまでに三井住友VISAカードを利用したことがない状態で、いきなり三井住友VISAゴールドカードに申し込みをすると、カード発行が見送られることがあります。

また、高属性とされる年収700万円~800万円以上、あるいは年収1000万円以上の方でも、三井住友VISAゴールドカードの審査に落ちてしまうこともあるのです。

なぜ高属性なのに、三井住友VISAゴールドカードの審査に落ちてしまうのでしょうか。

ゴールドカードなら信頼の三井住友VISAゴールドカード

高属性でも三井住友VISAゴールドカードの審査に落ちる?

三井住友VISAゴールドカードは、いくつかの条件を満たしているなら、利用実績に関係なく、直接申し込みをしてもカードが発行されることとなります。

仮に、条件を満たしていないという場合には、三井住友VISAクラシックカードなどで利用実績を積むことで、三井住友VISAゴールドカードを取得することができます。

三井住友VISAゴールドカードの審査落ちを回避するには?

ただ、三井住友VISAゴールドカードでは、上記の条件をクリアしていても、カードが発行されない場合があります。

条件を満たしても三井住友VISAゴールドカードの審査に落ちる理由

三井住友VISAゴールドカードでは、仮にカードが発行されるであろう条件を満たしていても、審査に落ちてしまうことがあります。

多重申し込み、短期間で複数の申し込みがあった場合

三井住友VISAカードは、短期間に複数のクレジットカードに申し込みを行う、いわゆる「多重申し込み」を嫌う傾向があります。たとえば、他のクレジットカードに申し込みをして、そのすぐ後に三井住友VISAカードに申し込みをする、といったケースです。

特にゴールドカードでは、多重申し込みについて非常に厳しい印象がありますので、三井住友VISAゴールドカードに申し込みをする際には、1番最初に申し込みを行って、尚且つ審査結果が出るまでは、他社のクレジットカードには申し込みをしないということが重要です。

他社のクレジットカードで高額な利用限度額が設定されている場合

三井住友VISAゴールドカードは、他社のクレジットカードで100万円~300万円を超えるような利用限度額が設定されている場合には、カード発行がかなり厳しくなる傾向があります。

これは、割賦販売法にも関係しますが、他社のクレジットカードであまりにも大きな金額の利用枠が設定されていると、三井住友VISAカードとしては、「仮にカードを発行しても、ほとんど使ってもらえないのではないか」と考えるのです。

言い換えれば、メインカードとして利用してもらえるのなら、多少条件が悪くてもカードを発行したいとなりますが、他社で大きな利用枠があると、サブカードとしての利用になりますので、ゴールドカードを発行する意味がなくなるのです。

三井住友VISAゴールドカードには、上位カードとして「三井住友プラチナカード」が用意されていますので、サブカード扱いとなることを嫌う傾向が強いのです。

三井住友VISAゴールドカードをスムーズに取得するために

三井住友VISAゴールドカードの審査では、メインカードとして利用してもらえるかどうかについても、非常に大きな判断材料としていますので、たとえ高属性の方が三井住友VISAゴールドカードに申し込みをしても、サブカードとなることが予想される場合には、審査に落ちてしまうといったことが起こります。

その場合には、現在利用している他社のクレジットカードを整理して、三井住友VISAゴールドカードをメインカードとして迎え入れる体制を整えることも重要です。

三井住友VISAカードは、信頼性やステータス性はもちろんですが、リーズナブルな年会費で、充実した付帯サービスを受けられるクレジットカードですから、三井住友VISAカードで審査に落ちることだけは避けたいというのが正直なところです。

三井住友VISAカードの審査に1度落ちてしまうと、その後に三井住友VISAカードではカードが作れないというケースもありますので、自分自身の属性を確認した上で、三井住友VISAカードに申し込みを行われることをおすすめします。

ゴールドカードなら信頼の三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

このページの先頭へ