アコム

水商売はキャッシングできない?キャバ嬢・ホストの融資は可能?

通常、キャッシングの利用では、毎月安定した収入を得ていることが借り入れの条件となります。

そこで、キャバクラやホストクラブ、風俗店に勤めている、いわゆる水商売の方は、キャッシング審査で非常に不安定な仕事と認識されますので、基本的にキャッシングを利用することができないケースが多くあります。

また、一般的に水商売の方は、1つのお店で長く働くというよりも、時給や日給が高い稼げるお店で働く傾向がありますので、1つの店舗に在籍している期間が短い傾向もあります。

そのため、勤続年数が短く、すぐにお店を辞めてしまうといった懸念もあり、なかなかキャッシングの審査に通らないことが多いのです。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

水商売はキャッシングの審査に通らない?

キャッシングの審査で1番重要視しているポイントは、毎月安定した収入を得ているかどうかになります。言い換えれば、安定した職業に就いていればいるほど、キャッシングが利用しやすく、融資も受けやすくなります。

そのため、ローン審査に通りやすい職業としては、公務員や大手企業に勤めている方となるのです。

そこで、キャバ嬢やホストなど、いわゆる水商売で働いている方は、キャッシングに限らず、クレジットカードやカードローン、自動車ローンや住宅ローンなどのローン審査に通りにくい職業となります。

仮に、昼間は普通の会社員で、夜のアルバイトとしてキャバクラに勤めているというケースなら、普通の会社員としての収入を元に、キャッシングを利用することが可能です。しかし、キャバクラのみで働いている方、ホストクラブのみで働いている方などは、ローン審査に関しては非常に不利な職業ですから、場合によってはキャッシングが利用できないというケースもあります。

昼間は普通に働いている場合は?

昼間は普通に働いている方で、夜にアルバイトとしてキャバクラなどの水商売で仕事をしている方は、昼間の仕事で得ている収入を元に、キャッシングを利用することが可能です。ただし、その際には夜のアルバイトについては、特に金融会社側に伝える必要はないでしょう。

夜の仕事は、あくまでもアルバイトということであれば、昼間の仕事のみを申告することで、通常どおりキャッシングを利用することが可能と考えられます。逆に、夜の仕事については、あまり良い印象を持たれませんので、昼間の仕事のみの申告で問題ないと言えます。

また、男性の場合でも、アルバイトでホストやキャバクラのボーイなどをしているということであれば、昼間の仕事のみを申告するほうが良いでしょう。

繰り返しになりますが、夜の仕事は収入が不安定な職業と認識される傾向がありますので、ローン審査に通りにくくなります。正社員や派遣社員、契約社員やアルバイトなど、昼間に他の仕事をしているということであれば、昼間の仕事で申し込みをされることをおすすめします。

収入が夜の仕事のみの場合は?

現在の収入が、キャバクラやホストクラブなどの水商売のみという場合には、他に申告できる収入がありませんので、そのまま申し込みを行うようになります。

その際には、テレビCMやインターネット広告などでよく目にする大手のキャッシングサービスに申し込みをされることをおすすめします。大手のキャッシングサービスなら、これまでに数多くの融資実績がありますので、たとえ水商売の方でもキャッシングを利用できる可能性があります。

逆に、あまり聞いたことがないキャッシングに申し込みを行うと、融資を断られることもありますので、出来る限り有名なキャッシングサービスを利用するほうが良いでしょう。

一般的に、水商売の方はローン審査に通りにくい属性となりますので、ローン審査という観点から言えば、できれば昼間の仕事を見つけて普通に働くほうが、キャッシングやカードローン、クレジットカードなどの審査をスムーズに進めることができるようになります。

特に、毎月の収入が水商売のみというケースでは、ローン審査が非常に厳しくなりますので、昼間に他の仕事をするということも重要なポイントと言えるでしょう。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

女性の方でも安心!プロミスレディースのキャッシングなら最短即日振り込み融資
来店不要でインターネットからの申し込み・振り込みも可能!

このページの先頭へ