アコム

キャッシングは20代の利用が圧倒的に多い?30代・40代の利用は?

キャッシングの利用を年代別に見てみると、30代~40代よりも圧倒的に20代の利用が多くなっています。

これは、キャッシングの統計などで公開されている情報ですが、キャッシングは年齢が上がれば上がるほど利用する割合が低くなる傾向があります。

そのため、各金融会社も20代~30代には特に力を入れている状況となっています。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

キャッシングは20代のほうが利用しやすい?

キャッシングの利用状況の統計では、キャッシングを1番利用している年代は、圧倒的に20代が高くなっています。次いで30代、40代、50代と続いていきますが、これは20代では仕事を始めたばかりで、毎月の給料が少なく、転職の回数も多いことが要因と考えられます。

また、年功序列といった言葉からも、日本では年齢に応じて収入が上がっていくようになりますので、20代はどうしても毎月の収入よりも支出のほうが多くなる傾向があります。20代~30代で結婚をして家庭を持つことで、住宅の購入や子供にかかる費用などの出費もあるでしょう。

こういった背景から、各金融会社が最も力を入れて融資を行っているのが、20代~30代なのです。

キャッシングに限らず、クレジットカードやカードローンなどもそうですが、金融会社は貸し付けをすることで、融資金額に応じた手数料(金利)を受け取るビジネスモデルです。手数料ビジネスは、長く利用してもらえればもらえるほど、手数料が多くなりますので、20代~30代の若い世代をメインターゲットとすることで、長期的に取引をしてもらいたいと考えているのです。

言い換えれば、50代~60代以降の方よりも、20代~30代のほうがキャッシングで融資を受けやすく、利用しやすいのです。20代~30代なら、キャッシングの利用後に、たとえ全額返済となったとしても、数年後に再度利用してもらえる可能性がありますので、そういった意味でも、20代~30代は他の世代よりもキャッシングを利用しやすい世代と言えるでしょう。

キャッシングの審査に落ちてしまう原因とは?

キャッシングの審査に落ちてしまう原因の多くは、他社の利用で遅れや延滞がある場合です。

通常キャッシングの利用では、20歳以上で普通に仕事をしている方なら、ほぼどなたでも利用することができるものです。もちろん、本人と連絡が取れない、身分証明書がないというような、キャッシングの申し込み条件に満たない場合には借り入れをすることはできません。しかし、普通に仕事をしている方で、毎月収入を得ているという場合には、通常どおりキャッシングを利用することができます。

ただ、他社の利用で遅れや延滞がある場合には、キャッシングを利用することができなくなります。たとえば、クレジットカードの引き落としに間に合わず、1ヶ月後にやっと支払いをしたというケース、自動車ローンの支払いで、毎月遅れ遅れで支払いをしているケースなど、キャッシング以外の利用についても、返済の遅れがあると、その後の審査に大きな影響が出るのです。

特に、返済の遅れでは「数日だけなら大丈夫」と考えている方が非常に多いのが現状です。キャッシングでもカードローンでも、クレジットカードの支払いでも同じで、決められた期日に1日でも遅れれば、延滞として記録されることを理解する必要があります。

支払いの遅れは、その後に個人信用情報機関に5年以上も記録が残りますので、延滞や遅れの記録が残っている状態では、どのキャッシングでもカードローンでも、融資を受けることができないのです。

キャッシングやクレジットカードなどの利用状況は、全て個人信用情報機関に記録され、記録された情報は金融会社内で共有されます。20代~30代の方でも、キャッシングの審査に落ちてしまう原因の多くが、支払いの延滞や遅れとなっていますので、毎月の返済だけはしっかりと行うことが重要です。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ