アコム

クレジットカードの更新ができない?カード更新が見送られる理由

通常クレジットカードには、「何年何月まで利用可能」というように、カードの有効期限があります。そして、現在利用しているクレジットカードの有効期限が切れる1ヶ月~2ヶ月前には新たなクレジットカードが届きますので、以降は新たなクレジットカードを利用して買い物などをするようになります。

クレジットカードの有効期限は、一般的に3年、又は5年が多く、これらは申し込みを行った方の年齢や属性などに応じて個別に設定されます。

しかし、場合によってはクレジットカードの更新が近くなっても新しいカードが届かず、そのまま有効期限切れで、クレジットカードの強制退会という場合もあります。
安心・信頼の世界ブランド!最短3営業日でカード発行の三井住友VISAカード
ポイント最大20倍!クレジットカードの定番サービス

クレジットカードの更新が見送られる理由とは?

クレジットカードには、各カードごとに有効期限が定められています。
そのため、クレジットカードは有効期限が切れると自動的に使えなくなりますので、有効期限が切れる1ヶ月前には新たなカードが手元に届くようになります。

しかし、場合によっては新たなカードが届かない、カードが更新されないといったことが起こります。では、どういった時にクレジットカードが更新されないのでしょうか。

クレジットカードの更新ができない理由、新たなカードが届かない原因

    ・カード利用がほとんどない場合
    クレジットカードの仕組みは、カード会員がクレジットカードを利用することで、購入代金の何%かの手数料がカード会社に支払われる仕組みです。そのため、せっかくクレジットカードを発行しても、全く利用がない、ほぼ何も利用していないといった状態では、クレジットカードを発行している意味がなくなってしまいます。
    特に、年会費無料のクレジットカードは、全く利用がないとなれば、カード会社には一切の手数料が入りませんので、無意味なカード発行になります。また、カード会社からすれば、カード発行後に何も利用がないとなれば、会員情報を管理するコストだけがかかり、大幅な赤字となります。こういった背景から、各カード会社は全く利用されていないクレジットカードは、更新時期に合わせて強制退会とすることがあります。
    ・支払いの遅れや延滞がある場合
    支払いの遅れや延滞は、各カード会社が1番嫌うものとなりますので、支払い状況が悪い会員は、クレジットカードの更新がなされないケースがあります。
    また、常に利用限度額の目一杯までリボ払いを使っているケースも、カード会社からすれば、貸し倒れリスクが高い会員と認識し、今後の利用を断られる場合があります。
    ・他社の利用で遅れや延滞がある場合
    自社の支払いには遅れや延滞がなくても、他社のキャッシングやクレジットカードで延滞がある場合にも、カードの更新がなされない場合があります。これは、他社で延滞があるということは、たとえ今は自社の支払いが遅れずになされていたとしても、今後は自社の支払いにも影響が出ると思われてしまうからです。
    先ほども記載をしましたが、カード会社が1番嫌うのは支払いの遅れ・延滞です。
    支払いの遅れや延滞は、たとえ1日でも遅れれば延滞として認識されますから、毎月の返済だけは遅れずに行うことが重要です。
    ・その他の理由
    その他の理由としては、急激に属性が悪化した場合にカード更新が見送られることとなります。たとえば個人事業主や会社経営者としてカード発行をした会員が、その後、個人事業主を廃業したり、会社が倒産したりといった場合です。また、申し込み時に勤めていた会社を退職した場合なども、カード更新を見送られることがあります。
    これらは、初回申し込み時の属性と比較して、大幅に属性が下がったというケースですが、今後の返済等を考慮してカード更新が見送られる場合があります。

クレジットカードの更新はそれほど難しくない?

クレジットカードの更新については、通常どおりカードを利用しているということであれば、ほぼどなたでもクレジットカードが更新されるようになります。

カード会社も営利企業ですから、普通に利用している会員を強制的に退会にすることはありません。そんなことをすれば、カードを利用する会員がどんどん少なくなっていきますので、企業としての収益が下がることになります。

では、通常どおりクレジットカードを利用するというのは、どれくらいの頻度で、どの程度の金額を利用すればいいのかとなりますが、一般的に1ヶ月に1回程度の利用で、利用金額が月額5千円~1万円以上であれば、クレジットカードの更新が拒否されるということはないでしょう。

今後、ゴールドカードやプラチナカードを取得したいということであれば別ですが、これからも引き続き現在のクレジットカードを利用したいということであれば、月に1回、数千円程度の利用で十分と考えられます。仮に、数ヶ月に1度の利用というケースでも、1回の利用金額が5万円~10万円以上といった高額利用なら、カード更新は特に問題ないと言えます。

ただ、年会費無料のクレジットカードでは、利用頻度が少ないとカード更新を拒否される場合がありますので、多少でも意識的にクレジットカードを利用するほうが良いでしょう。また、毎月の返済に遅れがあったり、他社の利用で遅れや延滞があると、クレジットカードの利用頻度が高くても、カード更新が見送られることがありますので、毎月の返済はしっかりと行うことが条件となります。

クレジットカードの更新は、カード会社側で更新するか、更新しないかを判断します。
その上で、更新可能となれば、新たな有効期限が設定されたクレジットカードが手元に届くこととなりますので、これまでの利用状況に応じて更新されるかどうかが決まります。

カード更新には、特に難しい手順や手続きは必要ありませんので、こまめな利用をしていれば、どなたでも新たなクレジットカードが届くようになるのです。

安心・信頼の世界ブランド!最短3営業日でカード発行の三井住友VISAカード
ポイント最大20倍!クレジットカードの定番サービス

このページの先頭へ