アコム

ポイント還元率が高いお得なクレジットカードおすすめランキング

現在のクレジットカードは、カード会社や信販会社ごとに様々なカードを発行していますので、非常に多くの種類があります。また、それぞれのクレジットカードごとに、カードの利用代金に応じたポイント還元率も異なるようになります。

クレジットカードのポイントは、その後に商品券やギフト券に交換したり、キャッシュバックや割引購入などができますので、普段の生活の中で、クレジットカードのポイントを獲得することは非常に重要なのです。そのため、あまり気にせず、何気なく持っているクレジットカードで買い物をしていると、年間で何万円もの差が出てくることもあります。

そこで、ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードをランキング形式でまとめました。

年会費無料!ファミマTカードなら毎日ポイントがザクザク貯まる!

ポイント還元率が高い!お得なクレジットカードランキング

数多くあるクレジットカードの中から、ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードをランキング形式でまとめました。

基準となるポイント還元率は、1.5%~2%以上を目安にしています。
一般的なクレジットカードでは、おおむね0.5%前後の還元率ですから、通常よりも4倍以上もお得にポイントを獲得できるようになります。

ただ、ポイント還元率がどれだけ高いクレジットカードでも、原則として年会費がかかるカードは除外しています。クレジットカードを使って、お得に活用するという点からも、年会費がかかるクレジットカードでは、逆に損をすることもありますので、上記ルールとしてランキングをまとめています。

ファミマTカード

    ファミマTカードファミマTカードは、大手コンビニチェーンのファミリーマートで買い物をする際に、非常にお得に利用できるクレジットカードです。ファミマTカードのポイント還元率は、ファミリーマート以外の買い物では200円で1ポイントですから還元率は0.5%ですが、ファミリーマートで利用すると、最大でポイント還元率が4.5%となります。
    また、ファミマTカードでは、会員向けに様々な特典が用意されていますので、他のクレジットカードよりも、非常にポイントを貯めやすいカードなのです。しかも、これらの特典は組み合わせることができますので、最大で4.5%というありえないほどの還元率となるのです。
    ※会員特典例(ポイント倍率)
    ・カードの日(火曜日、土曜日):最大5倍
    ・ファミランク:シルバー2倍、ゴールド3倍
    ・若者応援(25歳以下):2倍
    ・レディースデー:2倍
    ・ポイントプラス:キャンペーンポイント

    さらに、「今お得」となっている商品は、ファミマTカード会員なら、平均5%~10%の割引価格で商品を購入することができるようになります。毎日何かしらの商品が「今お得」となっていますので、上記のポイント還元と今お得を組み合わせれば、実質10%以上の割引で商品を購入することも可能です。もちろん、ファミマTカードは年会費無料・入会費無料ですから、たとえ利用していなくとも損をすることがないクレジットカードなのです。

    ファミマTカードは、現在発行されているクレジットカードの中で、最もポイント還元率が高く、会員特典も豊富に揃っているクレジットカードとなりますので、まだ持っていないという方は、早めに申し込みをされることをおすすめします。
    ファミマTカードの詳細はこちら

JMBローソンPontaカードVisa

    JMBローソンPontaカードVisaJMBローソンPontaカードVisaは、ローソンで買い物をする際に、非常にお得に利用できるクレジットカードです。JMBローソンPontaカードVisaのポイント還元率は、ローソン以外では1,000円で5ポイントですから還元率は0.5%ですが、ローソンやローソンマート、ローソンストア100なら、100円に付き2ポイントの還元となりますので、ポイント還元率は2%となります。その他、通常のVISAカードの利用として0.5%の還元がありますので、実質2.5%の還元率ということになります。

    ファミマTカードでは、特典を併用することでポイント還元率を高める方法となりますが、JMBローソンPontaカードVisaはいつでもポイントが2倍となりますので、非常にお得なクレジットカードと言えるでしょう。もちろん、JMBローソンPontaカードVisaも年会費無料・入会費無料のクレジットカードですから、安心して利用することができます。

    普段の生活で、ローソンをよく利用するという方は、JMBローソンPontaカードVisaを持っていないとかなり損をすることとなりますので、早めに取得されることをおすすめします。
    JMBローソンPontaカードVisaの詳細はこちら

セブンカード・プラス

    セブンカード・プラスセブンカード・プラスは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで買い物をする際に、非常にお得に利用できるクレジットカードです。
    セブンカード・プラスのポイント還元率は、セブンイレブンやイトーヨーカドー以外では、200円で1ポイントですから還元率は0.5%ですが、セブンイレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートなら、200円に付き3ポイントの還元となりますので、ポイント還元率は1.5%となります。
    しかも、イトーヨーカドーのハッピーデー(毎月8日、18日、28日)を利用すれば、ほぼ全商品が5%割引となりますので、上記のポイント還元とハッピーデーを組み合わせれば、かなりの還元率ですから、非常にお得なクレジットカードと言えます。

    セブンカード・プラスは、年会費がかかるカードではありますが、年間の利用が5万円以上であれば年会費が無料となります。年会費無料の条件も、かなり緩いクレジットカードですから、普通にセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用されている方であれば、特に問題なく楽にクリアすることができるでしょう。
    セブンカード・プラスの詳細はこちら

イオンカード

    イオンカードイオンカードは、ポイント還元率は200円で1ポイントとなりますので、一般的なクレジットカードとほぼ同程度となりますが、イオンカードを持っていることで、イオングループの様々な特典が受けられますので、番外編としました。

    そこで、イオンカードのメリットは、年会費が無料で利用できることはもちろんですが、カードを持っていることで様々な特典・優待を受けられることです。たとえば、「お客さま感謝デー」の5%割引や「お客さまわくわくデー」のポイント2倍など、イオングループを利用することで、通常よりもお得に活用することができるようになります。

    しかもイオングループは、イオンやビブレ、マックスバリュなど、グループ店舗が全国に数多くありますので、利用頻度が高くなることが予想されます。そのため、自宅や会社の近くにイオングループの店舗があるなら、イオンカードを取得しておくことをおすすめします。
    イオンカードの詳細はこちら

クレジットカードを選ぶ基準は?

クレジットカードを選ぶ際の基準は、ポイント還元率と利用頻度になります。

クレジットカードとは、利用すればするほどポイントが貯まるものとなりますので、普段の生活の中でどれくらいの頻度でクレジットカードを使うのかが重要になります。逆に、1年に1回使うかどうか、あるいは数年に1度のみという使い方では、クレジットカードでポイントを貯めるのは非常に難しくなります。

そのため、クレジットカードを選ぶ時は、利用頻度の高いコンビニやスーパー、デパートと提携しているクレジットカードを選ぶことが重要です。もちろん、ポイント還元率も重要となりますので、どれだけ利用頻度が高くても、ポイント還元率が低ければ獲得できるポイントは半減しますから、最低でも1.5%~2%以上の還元率となっているクレジットカードを選ぶこととなります。

クレジットカードの年会費については、できれば年会費無料のクレジットカードが理想ですが、仮に年会費がかかるカードでも、条件によって無料となるクレジットカードであれば、条件次第では利用する価値があるカードとなります。ただ、クレジットカードの中には、年会費が無料となる条件が厳しいカードもありますので、入会する前にしっかりと確認するほうが良いでしょう。

また、クレジットカードには、銀行系や信販系、流通系などの種類があります。
それぞれにメリットがありますが、ポイント還元率や会員特典が充実しているサービスなら、流通系のクレジットカードがおすすめです。

流通系クレジットカードは、スーパーやコンビニ、百貨店やデパートなどと提携しているクレジットカードとなりますが、こういったカードは、その店舗で買い物をするお客を獲得するために、クレジットカードを発行します。そのため、流通系のクレジットカードは、銀行系や信販系のクレジットカードと比較しても、カード発行率が非常に高く、アルバイトやパートの方でも、学生や主婦の方でも、カード審査に通る可能性が非常に高いクレジットカードなのです。

流通系クレジットカードは、他のクレジットカードよりも取得しやすく、尚且つポイント還元率が高い非常にお得なクレジットカードです。まだ取得をされていない方は、利用頻度が高くなりそうなクレジットカードから、順番に申し込みを行われることをおすすめします。

年会費無料!ファミマTカードなら毎日ポイントがザクザク貯まる!

JMBローソンPontaカードVisaならポイントがどんどん貯まる

このページの先頭へ