アコム

CICとは?シー・アイ・シーの異動とは?CIC信用情報の開示方法

シー・アイ・シーCICとは、個人信用情報機関の1つとなりますが、主にクレジットカード会社や信販会社などが加盟している情報機関です。

その他にも、大手都市銀行や地方銀行なども加盟していますので、日本国内の個人信用情報機関では、加盟している会員が1番多い信用情報機関と言えます。

そこで、CIC(株式会社シー・アイ・シー)の異動情報、情報開示の方法についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

CICとは?

CIC(株式会社シー・アイ・シー)とは、個人信用情報機関の1つとなりますので、私たちがクレジットカードやローンに申し込みを行ったり、利用した場合に、その記録がCICに登録されるようになります。

CICは、クレジットカード会社や信販会社のほぼ全てが加盟している個人信用情報機関です。

最近では大手都市銀行や地方銀行、さらには消費者金融系のキャッシングサービスを行っている企業なども加盟している状況となっていますので、キャッシングやクレジットカード、ローンの利用をする際には、必ず確認される信用情報機関と言えます。

言い換えれば、CICの記録に不利な情報が残っていると、それ以降のキャッシングやクレジットカードの利用、自動車ローンや住宅ローンの利用が、ほぼできない状況に陥ります。

CICの異動とは?CICの異動情報とは?

CIC(シー・アイ・シー)の異動とは、支払い日から61日以上が経過しているにもかかわらず、支払いが確認できない状態が「異動」となります。

カード会社や信販会社によっては、支払いの延滞が3ヶ月以上で異動としているケースもありますが、厳密に言えば61日以上が経過している場合には、カード会社はいつでも異動情報として処理できるようになります。

異動とは、いわゆる金融ブラックの状態を指しますので、万が一、個人信用情報機関に異動の記録が残った場合、以降の借り入れやローンの利用は絶望的となります。

CICの異動情報を消すことはできるの?

異動情報は、取引終了から5年間保存されることとなり、それ以降に異動の記録が削除されることとなります。

これらの情報は、意図的に削除することができませんので、5年が経過して個人信用情報機関から削除されるまで待つしか方法はありません。

そのため、異動情報が記録されてから、おおむね5年間はキャッシングやクレジットカード、ローンの利用ができなくなります。

また、住宅ローンも同じで、現在はほぼ全ての金融機関や金融会社、カード会社や信販会社が、同じ信用情報機関に加盟していますので、1度でも異動情報が残ったら、それ以降の借り入れやローンの利用ができなくなります。

異動情報が記録されると借入れできない理由は?

仮に5年が経過して異動情報が削除されたとしても、その間は他社との取引が全くない状態となりますので、その方の信用情報が不自然なほど真っ白な状態となります。

これは、いわゆるスーパーホワイトと呼ばれる状態ですが、30歳~40歳を過ぎてもクレジットカードやローンの利用が全くないということは、その前に自己破産や債務整理などの金融事故を起こしたのではないかと見られ、なかなかカード審査に通らないということが起こります。

こういった背景から、異動の情報が1度でも記録されると、以降は5年~10年以上が経過しても、なかなかカードが作れない、どのローンに申し込みをしても断られるといったことが起こるのです。

スーパーホワイトとは?クレジットカード審査に通らない理由

CICで信用情報を開示するには?CICの開示方法とは?

CICでは、自分自身の信用情報を確認することができます。

確認方法は主に4つあり、パソコンから開示する方法、スマートフォンから開示する方法、郵送で開示する方法、窓口で開示する方法です。

パソコンから開示する方法

パソコンから開示する際は、クレジットカードやローンなどを利用した際にカード会社や信販会社に連絡先として伝えている電話番号から、CICの専用番号に電話をかけます。

電話をかけると、受付番号を取得することができますので、取得した受付番号をメモして、申し込みを行います。

情報開示には手数料がかかりますが、支払い方法はCIC指定のクレジットカードを使用したクレジットカード払いとなります。

パソコンを使用する場合の時間帯や手数料
開示報告書の取得 即時
利用可能な時間帯 毎日8時~21時45分まで
開示請求の手数料 1,000円

スマートフォンから開示する方法

スマートフォンから開示する際は、CICのサイトにアクセスして、インターネット開示から先ほどと同じように、受付番号を取得します。

受付番号を取得したら、後はパソコンから開示する方法と同じように申し込みを行うと利用できます。

スマートフォンを使用する場合の時間帯や手数料
開示報告書の取得 即時
利用可能な時間帯 毎日8時~21時45分まで
開示請求の手数料 1,000円

郵送で開示する方法

郵送で開示する際には、信用情報開示申込書に記入してプリントアウトします。また、予め情報開示の手数料として、定額小為替証書で1,000円分を用意します。

これら2つを用意したら、下記住所宛てに郵送します。郵送後、約10日ほどで開示報告書が届くようになります。

郵送で手続きする場合の手数料や郵送先
開示報告書の取得 約10日間
開示請求の手数料 1,000円
郵送先 〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
(株)シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛

窓口で開示する方法

CICの窓口で開示する際には、本人確認として免許証・パスポートなどの身分証明書が必要です。

また、開示手数料として500円がかかります。特に予約などは必要ありませんが、受付順に開示報告書を受け取るようになります。

窓口で手続きする場合の時間帯や手数料
開示報告書の取得 受付順(当日中)
利用可能な時間帯 平日10時~12時 13時~16時まで
開示請求の手数料 500円

返済の遅れや延滞があると絶対にカードが作れない?

CICは、日本国内の個人信用情報機関の中でも、多くの企業が加盟している情報機関となります。言い換えれば、CICに返済の遅れ・延滞の記録が残ってしまうと、ほぼ全てのカードやローンが利用できなくなる恐れがあります。

しかも、CICは銀行も加盟している情報機関となりますので、返済の遅れや延滞の記録が残ると、その後に住宅ローンも組めなくなるケースもあるのです。

延滞の記録や異動の記録が残ったら、それ以降は絶対にカードが作れない、絶対にローンが組めないというわけではありません。

カードが発行されるかどうか、ローンが組めるかどうかについては、あくまでもカード会社やローン会社が決めることとなりますので、厳密に言えば、申し込みをしてみないとわからないものでもあります。

毎月の返済は遅れずに行うことが重要

返済の遅れや延滞があると、その後のクレジットカードの申し込みやローンの申し込みで、非常に大きなマイナスとなることは事実です。

支払いの遅れや延滞は、異動になるか、ならないかではなく、1日でも遅れたら延滞なのです。

キャッシングに限らず、クレジットカードやローンの利用では、その方の信用によって融資が可能かどうかが決まりますので、毎月の返済だけは何が何でも遅れずに行うことが重要なのです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ