アコム

自動車ローンの申し込みで連帯保証人が必要になる理由とは?

自動車ローンとは、自動車を購入する際に組むクレジットローンとなりますが、自動車ローンを利用する際に、稀に連帯保証人を付けなければローン審査に通らないケースがあります。

しかし、いきなり連帯保証人を付けろと言われても、そう簡単に保証人が見つかるものではありませんので、できれば保証人なしで自動車ローンを利用したいというのが本音ではないでしょうか。

では、なぜ自動車ローンで連帯保証人を付けるように言われるのでしょうか。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

自動車ローンは審査に通りやすい?

一般的に、自動車ローンの審査では、通常のキャッシングやクレジットカードの審査よりも、比較的審査に通りやすいとされるクレジットローンとなります。

これは、自動車ローンの利用では、無担保・無保証のキャッシングやクレジットカードの利用とは異なり、購入する自動車を担保にローンを組むこととなりますので、他のキャッシングやローンよりも審査に通りやすい傾向があるのです。

しかし、いくら自動車ローンは審査に通りやすいと言っても、審査なしで誰でもローンが組めるというものではありません。自動車ローンの利用では、申し込み後に個人信用情報機関に照会・確認し、その上でローンが可能かどうかを判断しています。

そのため、自動車ローンの申し込みでは、場合によってはそのままでは審査に通らず、ローンを利用する条件として連帯保証人が必要となるケースがあるのです。

自動車ローンで連帯保証人が必要になる理由とは?

自動車ローンの申し込みで、連帯保証人を付けなければローンが組めない理由、連帯保証人が必要と言われる原因は、大きく2つあります。これらに該当すると、場合によっては「保証人が必要」と言われることとなります。

他社の利用が多い場合

    自動車ローンに限らず、クレジットカードのショッピング枠や他のローンを利用する際には、その方の支払可能見込額を算出した上で、ローンの利用が可能かどうかを判断します。これは、割賦販売法のルールとなりますので、これまでに返済の遅れや延滞がない場合でも、あまりにも他社の利用が多いケースでは、自動車ローンの審査に落ちてしまうこととなります。
    支払可能見込額は、現在の年収から算出することができますので、他社の利用がある場合には、自動車ローンに申し込みをする前に確認されることをおすすめします。

    割賦販売法とは?クレジットカードの年間支払可能見込額とは

他社の利用で延滞や遅れがある場合

    キャッシングやクレジットカード、ローンなどを利用した際に、毎月の返済に遅れたことがある、延滞したことがあるというケースでは、自動車ローンの審査に通らず、連帯保証人が必要と言われる場合があります。支払いの遅れや延滞は、1日でも遅れたら延滞となりますので、数日~数週間の遅れが何度かあると、自動車ローンの審査が非常に難しくなります。
    仮に、1ヶ月以上の長期的な延滞があった場合には、最悪のケースでは「連帯保証人が必要」とは言われずに、審査NGとしてお断りされる場合もあります。

ローン会社からの「連帯保証人が必要」は申し込みを断るため?

仮に、自動車ローンの申し込みで、ローン会社から「連帯保証人が必要」と言われた場合は、原則としてローン審査には通らなかったと考えるほうが良いでしょう。

これは、他のクレジットローンでも同じですが、連帯保証人が必要と言われるケースでは、申し込みをしたその方の現在の信用では融資をすることができないという意味になりますので、審査の結果としてはNGが出ている状態と言えます。

ただ、ローン会社側からすれば、せっかく申し込みがあったのに、そのまま審査NGで断るだけでは、利用できる顧客がかなり限られてしまいますので、申込者に「連帯保証人が必要」と伝え、仮に連帯保証人が見つかれば再度審査を行う流れです。

連帯保証人とは、借り入れをする申込者と、同じ金額の債務を同じ条件で借り入れしているのと同じです。しかも借り入れをした本人に支払えるだけのお金があったとしても、ローン会社から返済を迫られれば、たとえどういった理由があっても返済をしなければならないのが連帯保証人なのです。

そのため、自動車ローンで連帯保証人が必要と言われた場合には、連帯保証人を見つけて再度審査を行うのではなく、「連帯保証人が必要」と言われる原因を解決することが重要です。

自動車ローンで「連帯保証人が必要」と言われたら?

自動車ローンの申し込みで、連帯保証人と言われるケースでは、主に他社の利用が多い場合、又は他社の利用で延滞や遅れがある場合になります。

そこで、他社の利用が多い場合には、現在の年収に対してローンの利用枠がない状態と考えられますので、他社で利用している残高を減らすか、頭金を増やすかのどちらかとなります。また、他社の利用で延滞や遅れがある場合には、半年~1年ほどはローンなどを利用せず、遅れずに返済を続けることが重要です。可能であれば、現在の借り入れを全て返済することも必要になります。

特に、遅れや延滞が原因で連帯保証人と言われたケースでは、ご自身の信用では借り入れできないことを意味しますので、まずは返済実績を高めることが重要となります。

自動車ローンの審査でNGが出るということは、他のローンやキャッシングなどでも審査に通らないことが予想されますので、連帯保証人を見つけてもう1度ローン審査を行うのではなく、ローン審査に通らない原因を改善することのほうが重要なのです。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ