アコム

キャッシングで借り入れしやすい職業は?融資を受けやすい職種とは

キャッシングの審査では、申し込みを行った方の年齢や職業・職種、年収や勤続年数、住居の有無や居住年数、他社の利用状況などを総合的に判断した上で、融資が可能かどうかが決まります。

その中でも、特に年収(収入面)や職業・職種(仕事面)については、キャッシングの申し込み審査を行う上で、非常に重要度が高いものとなります。

そこで、これまでの事例を元に、キャッシングの申し込みで借り入れをしやすい職業、融資を受けやすい職種についてまとめました。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

キャッシングで融資を受けやすい仕事は?

キャッシングの申し込みで融資を受けやすい仕事では、公務員の方となります。厳密に言えば、公務員は職業ではなく、仕事における地位となりますが、公務員は他のどの仕事をされている方よりも、毎月安定した収入があると認識されていますので、キャッシングの審査においても、やはり公務員の方が1番融資を受けやすいと言えます。

次に、正社員の方となりますが、たとえ正社員でも勤めている会社が大手企業なのか、中小企業なのかによって、その方の職業・職種における信用度は大きく異なります。

これも、毎月安定した収入を得ているかどうか、あるいは、この先も安定した収入を得られるかどうかとなりますので、ベンチャー企業で設立1年目、2年目の会社よりも、新聞・ニュース、テレビCMなどで頻繁に社名を見かける大手企業や有名企業に勤めている会社員の方のほうが、キャッシング審査においては信用度が高くなります。

次に、正社員ではありませんが、会社で社会保険に加入している契約社員や派遣社員の方となります。キャッシング審査では、保険証の種類(共済保険、社会保険、国民保険)によっても異なりますので、国民健康保険よりも社会保険(組合保険)に加入しているほうが、キャッシングの審査では信用度が高くなります。

そのため、パートやアルバイト、自営業や個人事業主の方で、国民健康保険に加入されているケースでは、かなり属性が低くなりますので、キャッシング審査では融資を受けにくい仕事と言えます。

キャッシングで借り入れしやすい職業・職種とは?

キャッシングで借り入れしやすい職業・職種では、医療関係や福祉関係、教育関係や研究関係が借り入れしやすい職業となります。

これは、働いている企業・機関が、病院や学校、施設となりますので、倒産するリスクが少ないと認識され、長期的に安定した収入が見込めるために、キャッシングで借り入れがしやすい職業となります。

また、オフィスワークとなる事務職や専門職なども、キャッシングの審査に通りやすい職業となりますが、これは一般的に事務系の仕事では、その後の離職率が低い傾向にありますので、毎月安定した収入を得やすいと認識されるためです。

そのため、事務職や専門職で勤続年数が10年以上となれば、おおむね高属性と認識される傾向にありますので、キャッシングの審査では借り入れがしやすい属性と言えるでしょう。

逆に、キャッシングで借り入れしにくい職業・職種ということで言えば、土木関係・建築関係、サービス・販売関係、運送関係などが該当します。一般的に、これらの職業・職種では、離職率が非常に高い傾向にあり、収入も不安定な職業と認識されるケースもありますので、キャッシングの審査という点からは、借り入れしにくい職業と言えるでしょう。

キャッシングの申し込みで役職者はどう?勤続年数は重要?

キャッシングの申し込みでは、その方の役職によっても、その後の審査に大きく影響します。

たとえば、20代で主任や係長といった役職なら、役職がない社員よりも給料が多くなりますし、その分、責任も出てきますので、今後も毎月安定した収入が見込めるようになります。

また、30代~40代で課長や部長ということなら、現在の会社に長く勤めていることが予想されますし、会社内でも一定の評価を受けているということもわかりますので、今後も安定した収入が見込めるであろうと認識されます。

その他にも、キャッシングの審査では勤続年数も非常に重要度が高いものとなります。
勤続年数は、1つの会社でどれだけ長く働いてきたのかを表すものですから、1年よりも2年、2年よりも3年、3年よりも5年というように、長ければ長いほど有利なものとなります。

勤続年数とは?キャッシングやローン審査で勤続年数は影響する?

ただ、勤続年数は現在の年齢によっても大きく異なりますので、20代前半で勤続年数が1年という方と、40代~50代で勤続年数が1年という方では、キャッシング審査における信用度という点からは、全く異なるものと認識されます。

特に日本国内では、転職についてあまり良いイメージがありませんので、仮に転職をするなら20代前半までで、それ以降の転職はマイナスの評価になると考えておくほうがいいでしょう。

キャッシングの申し込みで融資を受けるための絶対条件とは?

キャッシングの申し込みで融資を受ける場合、キャッシングで借り入れをする場合には、絶対に忘れてはいけない最も重要なポイントがあります。

それは、毎月の返済を決められた期日どおりに行うということです。そして、1番借り入れしやすいのは、これまでのキャッシングやクレジットカードの利用で1度も返済の遅れがないことです。

たとえば、クレジットカードを利用しているということであれば、ご自身の銀行口座から毎月引き落としになりますが、たとえどういった事情があっても、毎月の引き落としには必ず間に合わせるということが重要です。

たとえば、自動車ローンを利用しているということであれば、毎月決まった日に決まった金額が引き落とされるようになりますが、これもどういった事情であっても、どういった状況になっても、毎月の引き落としは絶対に遅れないということが重要です。

これは、キャッシングに限らず、クレジットカードでもクレジットローンの利用でも全て同じで、決められた日に決められた金額を必ず支払うことが最も重要なことなのです。

逆に、毎月の支払いが遅れている、長期的な延滞を繰り返しているという状態では、たとえ年収が1000万円を超える方でも、たとえ公務員でも、たとえ大手企業に勤めていても、勤続年数がどれだけ長くても、キャッシングやクレジットカードの審査には通らないのです。

「1日くらい大丈夫でしょ?」「ちょっと遅れたくらいは平気だよ」と思うかもしれませんが、キャッシングやクレジットカード、ローンの利用では、その方の信用によって融資が可能かどうかが決まります。

信用とは、毎月の返済実績によって決まりますので、属性が高い・低い、収入が多い・少ないということよりも、毎月の返済実績が何よりも重要なのです。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ