アコム

年収2000万円の生活レベルは?子持ち・独身の違い、税金・保険料・手取り額は?

年収が2,000万円もあれば、かなり余裕のある贅沢な生活を送ることができるイメージがありますよね。

年収2,000万円を稼ぐことができるのは、医者や経営者、大企業や外資系の重役、芸能人やプロスポーツ選手などのかなり限られた職業となり、割合としては労働者人口全体の1%にも満たないとされています。

一般的な会社のサラリーマンが年収2,000万円を稼ぐのは現実的に難しいと言えますので、あまり身近にはいないかもしれませんが、年収2,000万円の人がどういった生活をしているのか気になる方は多いでしょう。

そこで、年収2,000万円の生活レベルについて、また子持ちと独身の違い、年収2,000万円の税金や保険料、手取り額などについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

年収2,000万円の生活レベルは?

年収2,000万円あれば、特に節約を意識することなく生活をしてもお金に困るということはまずないでしょう。

年収2,000万円なら毎月の手取り額も100万円を超えますので、家賃30万円~50万円程度の高級マンションに住むことができますし、5,000万円~1億円以上のマイホームを建てることもできるでしょう。

また、車は500万円~1,000万円以上の外車や国産の高級車を無理なく購入することができ、複数台所有することも可能です。

他に、年に数回の海外旅行や国内旅行、習い事や趣味にもある程度潤沢にお金を使うことができるでしょう。

もちろん、毎日豪遊して湯水のようにお金を使えば、年収2,000万円であっても生活に困窮しますが、一般的な贅沢のレベルであれば金銭的な負担になることはまずありません。

年収2,000万円の税金・保険料・手取り額は?

年収2,000万円と言っても、2,000万円全部が手元に入るわけではありません。

実際の手取り額は、所得税や住民税といった税金、厚生年金や健康保険などの社会保険料が差し引かれた金額になります。

年収2,000万円の場合、差し引かれる税金や保険料は、自治体や家族構成などによって若干異なりますが、おおよそ700万円程度になります。

そのため、年収2,000万円の手取り額としては約1,300万円程度、ボーナスを考慮しない場合の毎月の手取り額は100万円以上ということになります。

1年間の所得税と住民税の目安

所得税 3,773,000円
住民税 1,752,000円
合計 5,525,000円

1年間の社会保険料の目安

厚生年金 681,000円
健康保険 826,000円
雇用保険 60,000円
合計 1,567,000円

年収2,000万円の手取り額の目安

手取り年収 12,908,000円
手取り月収 1,076,000円
※ボーナスを加味しない場合

年収2,000万円の子持ちと独身の生活レベルの違いは?

年収2,000万円では、毎月の手取り額でも100万円以上となりますので、子持ちであっても独身であっても、かなり金銭的に余裕のある生活をすることができます。

特に独身の方は、家賃で手取りの半分の50万円を使ったとしても、残り50万円を食費などの生活費と貯金に当てることが可能ですので、毎日外食をしても特に問題なく生活できます。

また、既婚者で子持ちの方は、独身の方ほど自由にお金が使えるわけではありませんが、特に節約をしなくても、ある程度まとまった金額を毎月貯蓄に回すことができるでしょう。

年収2,000万円なら子供の教育費も十分に確保することができますので、習い事なども余裕をもって通わせることができますが、子供は成長と共にどんどんお金がかかりますので、大学まで出すことを考えると、過度な贅沢などはせずに、貯金をする方が無難です。

大学や大学院、短大の費用は?公立・私立の平均額や相場、総額はいくら?

年収2,000万円の一人暮らしと4人家族の生活レベル

一人暮らしの生活水準
家賃 300,000円
食費 80,000円
水道代・光熱費 20,000円
通信費 20,000円
交際費・遊興費 100,000円
生命保険や車の保険料 30,000円
日用品代 30,000円
貯蓄 500,000円
合計 1,080,000円
4人家族(子供2人)の生活水準
家賃 300,000円
食費 100,000円
水道代・光熱費 30,000円
通信費 30,000円
交際費・遊興費 100,000円
生命保険や車の保険料 40,000円
教育費 100,000円
日用品代 50,000円
貯蓄 330,000円
合計 1,080,000円

年収2,000万円なら年間300万円~500万円以上の貯蓄が可能

どういった生活をしているかにもよりますが、ある程度贅沢をして節約などせずに生活をしていても、年収2,000万円の世帯なら年間300万円~500万円以上を貯めることができます。

もし仮に、あまり贅沢などせずに平均的な生活をしている場合は、さらに多くのお金を貯蓄に回すことができます。

そのため、年収2,000万円の場合は、よほど散財をしない限り、現在の生活はもちろんですが、老後についても貯蓄で十分余裕のある生活をすることができるでしょう。

ただ、収入が多ければその分税金などで引かれる金額も多くなります。

何も考えずに好きなだけお金を使っていると、いくら稼いでもお金を貯めることはできませんので、年収2,000万円であっても将来のことを考えてやりくりをすることは必要になります。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ