アコム

出産祝いをあげたくない時は?お金がない時の対処法、渡さずに済む方法は?

身内や友人の出産の知らせを聞いた場合、お祝いごとですので、一般的なマナーとして出産祝いを用意しなくてはと思いますよね。

ただ、中には自分の経済状況や相手との関係性など、何らかの理由によって出産祝いを渡したくない、もしくはお祝いをあげたくてもあげられないという方もいるでしょう。

そこで、出産祝いをあげたくない時はどうしたら良いのか、またお金がない時の対処法や出産祝いを渡さずに済む方法についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

出産祝いをあげたくない時は?

基本的に出産はおめでたいことですので、お祝いの気持ちを込めて出産祝いを贈る方は多いでしょう。

ただ、自分が出産した時にお祝いをもらっていない相手であったり、相手のことがあまり好きではない、あるいはそれほど親しくない場合は出産祝いをあげたくないと思うこともありますよね。

また、単純に自分が金銭的に余裕がないため、出費を抑えたいという意味で出産祝いを贈ることをためらってしまうこともあるでしょう。

ただ、出産祝いをあげる、あげないは今後の相手との関係性を左右することになりますので、慎重に考えて決める必要があります。

出産祝いのお金がない時の対処法は?

出産祝いをあげたい気持ちがあっても、現実的にお金がなければあげることはできませんよね。

出産祝いの金額は相手との関係性によって異なりますが、数千円~数万円程になりますので、経済的に余裕がない時には痛い出費です。

ただ、親戚や親しい友人など、これからも付き合いが続いていく相手なら、お金がないからといって出産祝いを渡さないわけにはいかないという場合もあります。

お金がない時に出産祝いを用意しなければならなくなった場合は、出費を抑えられるように工夫するか、もしくはどうにかしてお金を用意するかのどちらかになるでしょう。

出産祝いの金額は?予算や相場、年齢別・関係別・男の子・女の子の違いは?

出産祝いを贈る場合

数人でまとめてお祝いを贈る
    友人や会社の同僚の出産祝いは、数人でまとめてお祝いを贈る方法がおすすめです。連名で出産祝いを渡すことで、1人あたりの出費を抑えることができ、プレゼントを購入する場合も1人で贈るより高価なものを贈ることができます。
家族にお金を借りる
    お祝いで渡すお金を家族に借りるというのは抵抗がありますが、どうしてもお金がないから身内に貸してもらうのも1つの方法です。ただ、仮に自分が学生であったり働いてからまだ間もない状況であれば問題ないかもしれませんが、社会人として普通にお金を稼いでいる状況で借金を頼むと、家族に経済状況を心配されたり、余計な詮索を受ける可能性もあります。
クレジットカードでプレゼントを買う
    手持ちの現金が足りない場合は、後払いにできるクレジットカードを利用すると良いでしょう。JCBカード三井住友VISAカードなど、クレジットカードで出産祝いのプレゼントを購入すれば、手元に現金が無くても出産祝いを贈ることができます。
カードローンを利用する
    出産祝いを現金で贈りたい場合は、カードローンで一時的にお金を借りるという方法が一番簡単です。実際に出産祝いや結婚式のご祝儀などの冠婚葬祭の際にカードローンを利用している方は非常に多くいます。カードローンなら、審査や借入までの時間も短くて済みますので、急きょ出産祝いを用意しなければならなくなった場合にもおすすめです。

出産祝いを贈らない場合

相手と連絡をとらない
    出産祝いを贈らないと決めたら、開き直って相手との連絡を一切とらないようにするという方法もあります。LINEをブロックする、連絡先を変えるなど、音信不通の状態になってしまえば相手から今後連絡がくることもありません。ただ、連絡を絶つということは、今後相手と一切付き合わなくても良いということが前提です。
手紙や電話でお祝いだけ言う
    金銭的な理由で出産祝いを贈らないとしても、手紙や電話でお祝いを言うことくらいはできますよね。ただ、出産祝いのお金やプレゼントがないからといってあからさまに催促する人は稀ですが、あまり良い印象は受けないでしょう。また、仮に自分が相手から出産祝いをもらっていた場合、かなり非常識でケチな人だと思われてしまうことは覚悟する必要があります。

出産祝いを渡さずに済む方法は?

出産祝いを渡さずに済む方法としては、相手に会わないという方法が考えられます。相手の住所を知らないなら、手渡しをするしかありませんので、相手に会わなければ出産祝いをあげなくても済みます。

ただ、出産の報告されたからには、住所を聞いてお祝いやプレゼントを郵送することもできますよね。

また、出産の知らせを聞くまで定期的に会っていた関係なら、急に会わなくなるというのも非常に不自然です。

そのため、相手にお祝いを渡したくないことを悟られずに、出産祝いを渡さないという方法は、残念ながらないと言えるでしょう。

出産祝いを渡さないのは非常識?

出産祝いの知らせを聞いたからといって、必ず出産祝いを渡さなければならないという決まりはありませんので、渡すかどうかは自分次第です。

ただ、出産祝いをあげなかったことで、相手から常識がない人、ケチな人と思われてしまい、今後の関係性に支障をきたす可能性が非常に高くなります。

出産は本人にとってはとても重大なイベントですので、お祝いをあげる、あげないでこれからの付き合い方や関係性が変わってしまうのです。

そのため、仮に何らかの事情で出産祝いをあげたくないと思っていても、一般的な常識、マナーとしてきちんとお祝いを用意して渡すべきです。

出産祝いのお金で困ったらカードローンがおすすめ

同世代の友人の結婚や出産が続くと、出費が多く金銭的に余裕がなくなることもありますよね。

お祝いごとのお金は気持ちよく払いたいものですが、どうしてもお金がないならカードローンで一時的にお金を借りて用意するという方法がおすすめです。

特に、アコムは、女性の利用者も多い大手のカードローンとなりますので、初めての方も安心して利用できます。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ