アコム

年収100万円で生活できる?手取り額や税金・保険料は?生活保護も考える?

年収100万円と聞くとかなり少ない金額に感じますので、生活できるのか不安になりますよね。

また、税金や保険料を引かれた実際の手取り額ということで考えると、働くよりも生活保護をもらった方が良いのではないかと感じる方も多いでしょう。

ただ、年収100万円以下の労働者の割合は、全体の8%~9%程となっていますので、年収100万円で働く人が極端に少ないというわけではないのです。

そこで、年収100万円で生活できるのか、また年収100万円の手取り額や税金、保険料はいくらなのか、生活保護も考えるのかについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

年収100万円で生活できる?

年収100万円というと、単純計算で1ヶ月約8万3千円ということになりますので、フルタイムで働く正社員の給料と考えるとかなり少ないと言えます。

ただ、時給や日給で働くアルバイトやパートの給料だと考えると、それほど少ない金額ではありませんよね。

実際に年収100万円以下の方は、アルバイトをしている学生やパート主婦(パート主夫)の方が多くなります。

つまり、生活費を100%自分で賄っているのでなければ、年収100万円でも生活をすることは可能ですが、自分が家計や家族を支える必要がある場合は年収100万円での生活はかなり難しいでしょう。

一人暮らしは最低いくら必要?初期費用や相場、毎月の生活費の目安は?

年収100万円で生活できる場合

学生
    実家から仕送りをもらっていたり、奨学金を受け取っている学生なら年収100万円でも十分生活はできます。
パート主婦(パート主夫)
    一般的な会社員の旦那さんや奥さんの給料が別にあれば、パート主婦(パート主夫)の年収が100万円でも特に問題なく生活はできるでしょう。
実家暮らし
    実家暮らしなら、家賃などの生活費を自分で支払う必要がありませんので、仮に家にいくらかお金を入れていたとしても年収100万円での生活は可能です。

年収100万円で生活できない場合

一人暮らし
    一人暮らしで年収100万円の生活はかなり厳しいでしょう。特に東京などの都心部では、ワンルームでも家賃は6万円~7万円以上と高額となりますので月8万円程の収入では家賃分でほとんどお金がなくなってしまいます。仮に、地方で家賃が2万円~3万円程であればまだ可能かもしれませんが、それでも食費や光熱費などを考えるとかなりギリギリだと言えます。
世帯収入100万円
    夫婦のどちからの収入が100万円ではなく、世帯全体の収入が100万円だとすると、生活するのはかなり困難になると言えます。夫婦どちらかの実家に住んでいて家賃や食費が掛からないという状況でなければ、年収100万円では夫婦2人や子供がいる家庭の生活は成り立たないでしょう。

年収100万円の手取り額や税金、保険料は?

年収100万円の方は、勤務先によっては社会保険に加入していなかったり、配偶者の扶養に入っている場合も多いため、自分の給料から保険料が引かれない場合も多くあります。

そのため、年収100万円の手取り額は、健康保険や厚生年金、雇用保険などの社会保険料が給料から引かれる場合と引かれない場合によって異なります。

また、年収100万円以下は、基本的に所得税や住民税が免除されますので、年収100万円の手取り額は、年間85万6千円~100万円、1ヶ月ではおおよそ7万1千円~8万3千円程になります。

年収100万円の手取り年収と月収

社会保険料の天引きなし
年収 1,000,000円
月収 約83,333円
社会保険料の天引きあり
年収 856,000円
月収 約71,333円

年収100万円で天引きされる税金と社会保険料

所得税
    所得税は年収が103万円以下なら課税されません。そのため、年収100万円の場合は、所得税は掛かりません。
住民税
    年収100万円なら基本的に住民税も掛かりません。住民税は年収100万円以下が非課税となりますが、地域によっては100万円以下でも住民税が発生する場合もあります。
社会保険料
健康保険 49,500円
厚生年金 91,500円
雇用保険 3,000円
合計 年間144,000円(1ヶ月約12,000円)

年収100万円は生活保護も考える?

年収100万円は、月収10万円以下となりますので、生活保護でもらえる金額の方が多いのではと考える方もいるでしょう。

ただ、生活保護は年収が低ければ必ずもらえるという制度ではないのです。仮に、年収が100万円以下、あるいは50万円以下であったとしても生活に困窮していなければ生活保護を受給することはできません。

生活保護は、病気やケガ、障害などで働きたくても働くことができない、何らかの事情で生活するお金を稼ぐことができない方に対する救済措置となります。

そのため、年収100万円でも健康で働くことができる方は、基本的に生活保護をもらうことは難しいと考えた方が良いでしょう。

収入があればカードローンは利用できる

生活保護が受給できるレベルではないけれど、年収100万円で生活がギリギリだという方は多いでしょう。

毎月ギリギリのラインで生活していると、時にはどうしてもあと少しお金が足りないというタイミングもありますよね。

そこで、一時的にお金が必要になった際には、カードローンが便利です。アコムは、アルバイトやパートの方でも申し込みができますので、お金に困った時にはおすすめです。

年収100万円で都会の一人暮らしは難しい

年収100万円でも、実家暮らしや地方に住んでいるのであれば生活をすることは不可能ではありません。

ただ、東京などの都会ではどうしても家賃が高額になりますので、年収100万円で生活費を全て賄うのはかなり難しいと言えます。

ネットカフェや友人の家に寝泊まりして家賃を浮かせない限り、年収100万円で都会の一人暮らしをするのは厳しいでしょう。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ