アコム

着物のレンタル料金は?購入とレンタルはどっちがお得?おすすめは?

着物のレンタル料金は、着物の種類や店舗によって異なりますが、購入する場合よりも費用が安くなるのが一般的です。

そのため、成人式や卒業式、結婚式や七五三などのイベントの際に、お得なレンタル着物を利用する方が多くなっています。

ただ、レンタル着物は当然1回着用したら返却する必要がありますので、また着る予定がある場合は購入した方が良いのではないかと悩みますよね。

そこで、着物のレンタル料金について、また着物を購入する場合とレンタルをする場合ではどっちがお得なのか、そして購入とレンタルはどちらがおすすめなのかについてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

着物のレンタル料金は?

着物のレンタル料金は、振り袖や訪問着、留袖や喪服、羽織袴や七五三の着物など着物の種類、また着物の品質やランクによって異なります。

他に、着付けやセット、小物類が含まれているなど、レンタルの内容によって料金に差が出る場合も多いと言えます。

きものレンタルwargoでは、様々な種類のレンタル着物を取り扱っていますので、自分の希望する着物やサービス内容に合わせて料金を確認できます。

着物のレンタル費用の相場

振袖
    振袖のレンタル料金は、おおよそ10万円~20万円が相場となります。ただ、振袖のレンタルは、安いものだと3万円程度からあります。また、逆に30万円以上の高額なレンタル着物もありますので、価格帯はかなり幅広いと言えます。特に振袖の場合は、バッグや襦袢などが全てセットになっている場合が多いため、レンタル料金も比較的高額になります。
留袖
    結婚式で新郎新婦の母親や親族が着用する留袖をレンタルする際の相場は、おおよそ3万円~6万円程度です。留袖は、結婚式場にある衣装室からレンタルする方も多いのですが、式場でレンタルをした場合は、インターネットの店舗や一般的な貸衣装店でレンタルをするよりも料金は割高になります。
訪問着
    訪問着のレンタル料金の相場は、1万円~3万円程度です。訪問着によっては、5万円~10万円以上という場合もありますが、インターネットのレンタルショップでは、小物類も含めて1万円以下で借りることが出来る場合もあります。
和装喪服
    着物の喪服をレンタルする際の料金は、2万円前後が相場です。和装の喪服は、葬儀を依頼した葬儀社からレンタルをすることも出来ます。
羽織袴(男性)
    羽織袴には様々な種類がありますが、男性が結婚式や葬儀で着用する黒羽織二重のレンタル料金の相場は、5万円~10万円前後です。また、成人式で男性が着用する色紋付と袴は、3万円~5万円程となります。ただ、成人式の時期以外であれば、1万円程度からレンタルできる場合もあります。
袴(女性)
    女性が卒業式などで着用する袴のレンタルは、袴のみであれば1万円~2万円前後が相場です。また、着物と袴の両方をセットでレンタルをする場合の料金は、3万円~5万円前後となります。
七五三の着物
    七五三の着物のレンタル料金の相場は、1万円~2万円前後となります。安いものだと、5千円前後でレンタルできる場合もありますが、有名ブランドや絹の着物の場合は、レンタルでも2万円前後からが目安となります。

着物の購入とレンタルはどっちがお得?

着物の購入とレンタルは、金額だけを見れば購入するよりもレンタルをした方がお得だと感じるかもしれません。

ただ、着物を着用する頻度によっては、何度もレンタルをするよりも購入した方が結果的にお得になる場合もありますよね。

また、他にも着物を購入する場合とレンタルをする場合では、それぞれメリット、デメリットがありますので、メリット、デメリットを確認した上でどちらが自分に合っているのか判断すると良いでしょう。

着物の値段は?和服・振袖・紋付袴・七五三・訪問着の料金相場は?

着物を購入する場合のメリット

自分のサイズに合わせて仕立てられる
    着物を購入する場合は、基本的に自分のサイズに合わせて仕立てますので、ぴったりと体にあった着物を着ることができます。
何度も着用できる
    着物を購入した場合は、購入した時だけではなく、その後も好きな時に何度も着用することができます。
将来的に子供や孫に着てもらえる
    購入した着物は、将来的に自分の子供や孫に譲り渡して着てもらうことができます。思い出を形として残すことができるのもメリットと言えるでしょう。

着物を購入する場合のデメリット

価格が高額
    着物の値段はピンキリですが、質の良い着物を購入する場合は、どうしても価格が高額になります。
メンテナンスが必要
    着物を購入した場合は、着用した後のクリーニングなどメンテナンスが必要になります。また、着物を保管する際にも、綺麗に保てるようお手入れをしたり、保管場所を確保する必要があります。

着物をレンタルする場合のメリット

価格が安い
    着物のレンタルは、購入する場合に比べて費用が安く済むのが最大のメリットと言えます。着物によってレンタル料金は異なりますが、購入する場合の金額と比べて2分の1以下でレンタルが出来る場合も多くあります。
流行の着物を選ぶことができる
    レンタル着物は、時代に合せて流行の着物を取り揃えている店舗が多いため、流行のデザインや色などを選ぶことができます。
アフターケアが不要
    着物をレンタルした場合は、着用後に返却するだけで済みますので、自分でクリーニングに出したり、お手入れをする手間を省くことができます。また、保管場所を確保する必要もありません。

着物をレンタルする場合のデメリット

回数が多いと割高になる
    着物を着る頻度が高く、その都度レンタルを使用する場合は、購入するよりも割高になってしまいます。
サイズが限定される
    多くのレンタル着物は、平均的な身長や体型に合わせて仕立てられていますので、平均よりも背が低かったり、高かったりすると体型に合ったサイズがない場合があります。

着物の購入に適した人とレンタルに適した人の違いは?

着物は高額な商品となりますので、なかなか気軽に購入できるものではありませんよね。

そのため、購入よりも費用が安く済むレンタルを利用する方も多くなっています。

ただ、着物は着る方の状況や考え方によって、レンタルをした方が良い場合もあれば、逆に購入した方が良い場合もありますので、一概に料金が安いからレンタルにすると決めるのは得策ではありません。

着物の購入・レンタルに適した人の特徴

購入がおすすめの人
    着物を着る頻度が高い方は購入がおすすめです。また、新品の着物を着たい、着物を思い出として形に残したいという方も購入が適しています。
    ただ、良い着物を購入するとなるとどうしても高額になりますので、もし着物を購入する際にお金が足りない場合は、カードローンを利用するという方法があります。
    アコムのカードローンは、主婦の方も利用できますので、少し奮発して着物を購入したいという方におすすめです。
レンタルがおすすめの人
    ほとんど着物を着る機会がない、あるいは流行の着物を着たいという方はレンタルがおすすです。また、着物の保管場所がない、お手入れが面倒という方もレンタルが良いでしょう。
    きものレンタルwargoでは、本格的な着物を2,900円からという非常にリーズナブルな料金でレンタルできます。また、夢館 -ゆめやかた-は、特に着る機会が限られる留袖などのレンタルにおすすめです。

着物のおすすめは購入?それともレンタル?

着物は、着る人によって購入した方が良いのか、レンタルをした方が良いのかが異なります。

費用面で言えば、着る頻度が高い方はレンタルよりも購入がおすすめですが、着物の保管場所がない、あるいはメンテナンスが面倒という方はレンタルの方が向いている場合もあります。

他にも新品の着物を着たい、子供や孫にも着せたいなど、着物に対してどういった希望や考えを持っているのかによって、購入がおすすめの方もいればレンタルがおすすめの方もいます。

そのため、着物を購入するかレンタルをするかを選ぶ際には、金額だけではなくトータルで考えて決める必要があるのです。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ