アコム

携帯料金・スマートフォン料金滞納でブラックリスト入り確定!?

ここ数年、スマートフォンの爆発的な普及の裏で、携帯料金やスマホ料金を滞納する若者が増えているのをご存知でしょうか。

特に、スマートフォンを分割払いで利用している方は、将来住宅ローンや自動車ローンが組めなくなったり、クレジットカードすら作れなくなる可能性があります。

これは、最近の携帯電話会社では、利用者獲得のために携帯端末を分割払いで購入しても、その分、基本料や通話料から一定額を割引するサービスを行っていることが大きな理由と考えられます。

また、最近増えているのが、先ほどの割引を適用して「実質0円(実質負担額0円)」で購入できるとして、携帯電話各社が大々的にキャンペーンを行っていることも理由の1つとして挙げられます。

しかし、途中解約をすれば違約金がかかり、携帯端末を買い替えると、さらに毎月の利用額が増えていくこととなります。しかも、こういった携帯端末の分割払いは、一般的なローンと同じ仕組みとなりますので、料金を滞納すればブラックリスト入りすることにもなるのです。
モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

携帯端末の分割払いはクレジットローンと同じ?

現在スマートフォンなどの携帯端末を分割払いで契約している方が増えていますが、これは紛れもなくクレジットローンの1つとなります。しかし、ほとんどの方は、携帯端末の分割払いがクレジットローンであることを認識していないのではないでしょうか。

また、携帯電話の料金を滞納すると、住宅ローンや自動車ローンが組めなくなること、クレジットカードが作れなくなること、キャッシングをすることもできなくなることをご存じないのではないでしょうか。

再度言いますが、携帯電話の料金を滞納すると、いわゆるブラックリストに登録され、今後キャッシングやクレジット・ローンが利用できなくなります。

携帯端末は、安いものでは2万円~3万円程度、高いものでも5万円~8万円程度となりますが、わずか数万円の料金が支払われなかっただけで、その後にローンが組めない、カードが作れないとなれば、今後の生活に大きな影響が出ることになります。

携帯端末の分割払いと携帯電話料金の違い

厳密に言えば、携帯端末の分割払いと携帯電話の料金は、全く異なるものとなります。
そこで、仮に毎月の支払いが遅れた場合、延滞があった場合に、データとして記録されるのは、厳密に言えば携帯端末の分割払いだけです。

    携帯端末(スマートフォンなど)の分割払い
    携帯端末の分割払いは、一般的なローンと同じようにクレジットローンとなりますので、仮に延滞した場合には、その記録が個人信用情報機関に登録されることになります。
    携帯電話の料金(基本料や通話料など)の支払い
    携帯電話の基本料金や通話料金はクレジットローンとは異なり、携帯電話各社が独自に設定している利用料金となります。仮に延滞や遅れがあった場合でも、それらの情報は個人信用情報機関には登録されません。

ただ、現在の携帯電話料金の仕組みは、携帯端末の分割払いと基本料金や通話料金を別々で支払うことができません。これらは、携帯電話の利用料金として、まとめて請求されるものです。

そのため、携帯電話各社からの請求に対し、利用料金の支払いがなされない場合、携帯電話の基本料や通話料でも携帯端末の分割払いでも、どちらも個人信用情報機関に登録されることになります。

また、携帯端末を分割払いで購入している場合には、携帯電話各社が顧客1人1人の毎月の支払い状況を、個人信用情報機関のデータベースに記録していく流れとなります。その際に、料金の延滞等があれば、信用情報機関のデータベースにも「延滞の記録」が残ることになります。

個人信用情報機関に延滞の記録が残るとどうなるの?

個人信用情報機関とは、国民1人1人のキャッシングやクレジットカードの利用状況、住宅ローンや自動車ローンの利用状況などをまとめ、各金融会社が情報を共有できる仕組みとなっています。

そこで、仮に個人信用情報機関に延滞した記録が残っていれば、「この人は毎月の返済に問題がある人だ」ということになり、ご自身の信用が著しく低下する要因となります。

また、繰り返し延滞しているケースでは、「もうこの人には、お金は貸せないな」「この人は信用できない人だな」と思われ、今後どの金融会社に申し込みをしても、審査を断られることになります。

審査を断られるということは、ローンが組めない、カードが作れない、キャッシングができないことになりますので、今後の生活では全て現金で買い物をするようになります。

クレジットでもローンでも、キャッシングでもそうですが、これらは各金融会社が利用者の代わりに、一時的にお金を立て替えることですから、度々延滞を繰り返しているような人には、お金を貸したくない(貸せない)と判断するのです。

また、たとえどういった事情であれ、料金を支払わない(料金を踏み倒す)ような人のためには、お金を立て替えることも、お金を貸すこともできないのです。

個人信用情報機関に延滞の記録が残るということは、「この人はお金を支払わない人だ」「この人は何度も延滞を繰り返すお金にだらしない人だ」と、各金融会社が判断するようになります。

逆に、毎月きちんと料金を支払っている場合には、「この人は信用できる人だ」「この人は遅れずに毎月返済してくれるだろう」と思われるのです。

ブラックリストって本当に存在するの?

よくクレジットカードやキャッシングを利用する際に、「ブラックリストに入っているから審査に通らない」と思われがちですが、厳密に言えば「ブラックリスト」という顧客データや専用のリストというものは、この世に存在しません。また、利用料金の延滞を繰り返している人だけをリストアップしているようなデータや資料なども、この世には存在しません。

ただ、私たち1人1人のクレジットカードの利用状況やキャッシングの利用状況、ローンの利用状況などは、全てデータとして管理され、尚且つ各金融会社がこれらの情報を共有している状態です。

そのため、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの申し込みを行うと、各金融会社はその内容に沿って個人信用情報機関に照会し、これまでの支払い状況や利用状況などを調査・確認します。

その際に、支払いの延滞があったり、長期間支払いをしていないものがあれば、審査の結果、申し込みをお断りすることになります。

携帯電話会社のブラックリストはあるの?

NTTドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話会社では、携帯電話会社間でいわゆるブラックリストのような利用禁止者の一覧を共有しています。

そのため、どのキャリアを利用していたとしても、長期的な利用料金の滞納や延滞がある人は、携帯電話の新規契約を断られる場合があります。またこれは、1度利用禁止者のリストに入ってしまうと、その後何年にも渡り新規契約ができない事例もありました。

これらは、利用の仕方や延滞の期間も関係しますが、携帯端末の分割払いや基本料・通話料にかかわらず、携帯電話の料金は毎月きちんと支払うほうが良いでしょう。

ただ、携帯電話各社で共有しているデータは、個人信用情報機関に登録される情報ではないため、携帯端末の分割払いを利用していない方で、長期的な延滞を繰り返している方は、クレジットカードやキャッシング、ローンなどは利用できるが、携帯電話が作れない、どのキャリアに行っても断られてしまうというケースもあります。

携帯端末の分割払いのまとめ

携帯端末の分割払いは、通常のクレジットカードやキャッシング、ローンと同じように、利用状況や支払状況などが個人信用情報機関に登録されるものです。

また、登録された利用状況や支払状況の記録は、全ての金融会社がいつでも照会できるデータとして記録されます。

これらの記録は、そのサービスを解約しても利用しなくなったとしても、最大5年もの間、閲覧することができますので、延滞や滞納の記録も長期間に渡って個人信用情報機関のデータベースに残ることになります。

そのため、たとえ携帯端末の分割払いであっても、毎月の支払い状況によっては、その後にクレジットカードが作れない、キャッシングができない、ローンが組めないという状況に陥る可能性があります。

特に携帯端末の分割払いでは、「気が付いたらカードが作れなくなっていた」という場合が多く、ローンを組んでいるという自覚がない方が非常に多いのです。

現在は、カード社会と呼ばれるほど、毎日の生活の中でクレジットカードを利用する機会、ローンを組む機会が多いのです。わずか数万円の料金を滞納しただけで、この先何年もカードが作れなくなることは、かなりの損失となることが予想されます。

そこで、今後機種変更する場合、新規で契約する場合には、携帯端末は現金で購入されることをおすすめします。現金で購入できれば、たとえ携帯料金の未納があっても個人信用情報機関に登録されることはなく、これからも通常どおりクレジットカードやローンを利用することができます。

また、どうしても事情があって携帯端末を分割払いで契約し、その後の毎月の支払いで延滞しそうな場合には、キャッシングを利用することも検討する必要があります。

率直に言いますが、今後のクレジットやローンの利用を考えた場合、携帯電話の料金を滞納するくらいなら、一時的にキャッシングを利用してでも支払い期日をしっかりと守るほうが得策です。逆に、毎月の支払いを遅れ遅れで行ったり、長期的な延滞を繰り返したりすれば、間違いなく今後のカード利用ができなくなります。

借金が増えるだけだろと思われるかもしれませんが、現代社会ではカードが利用できなくなる、いざという時にキャッシングが利用できないというほうが、何倍も損をすることになるのです。

信用とは、1日、2日で得られるものではありません。
1年~2年、3年~5年、5年~10年と、何年にも渡ってやっと手にすることができるのが「信用」です。

信用を失えば、この先どういう生活になるのかは、誰もが想像することができるでしょう。お金がないことよりも、どこからも借りることができないことのほうが、今後の生活に与える影響は大きいのです。

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

女性の方でも安心!プロミスのレディースコールなら最短即日キャッシング
来店不要でインターネットからの申し込み・振り込みも可能!

このページの先頭へ