アコム

モビットは自営業でも借りれる?フリーランス・個人事業主の審査は?

モビットモビットは、大手のキャッシングサービスということもあり、これまでに様々な方が利用しているキャッシングです。たとえば、アルバイトやパートの方、契約社員や派遣社員の方なども、モビットのキャッシングを利用しています。

また、モビットは男性でも女性でも借り入れをすることができますので、どなたでも安心して利用することができるキャッシングサービスなのです。

では、モビットは自営業の方でも借り入れが可能なのでしょうか。フリーランスや個人事業主の方でも、モビットの審査に通るのでしょうか。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

モビットは自営業でも借りれる?

モビットは、大手のキャッシングサービスとなりますので、一般的な会社員や公務員の方はもちろん、パート・アルバイトの方なども利用しているサービスとなります。そのため、モビットは自営業の方でも安定した収入がある方なら通常どおりキャッシングを利用することができます。

ただ、自営業の方がモビットで借り入れをする際には、確定申告書などの収入を証明する書類が必要になることがあります。モビットに限らず、自営業の方がキャッシングを利用する際には、一般的な会社員の方よりも審査が厳しくなる傾向がありますので、場合によっては運転免許証や健康保険証といった身分証明書以外にも、いくつかの書類の提出を求められることもあるのです。

フリーランス・個人事業主でもモビットでキャッシングできる?

最近では、企業や団体に所属せずにフリーで仕事をするフリーランスの方が増えていますが、個人事業主やフリーランスの方でも、モビットでキャッシングを利用することができます。

ただし、フリーランスの方は、自分で仕事をしている自営業の方となりますので、一般的な会社員や公務員の方よりも審査が厳しくなる傾向があります。

また、フリーランスの方は、キャッシングに限らず住宅ローンやショッピングローンなどの借り入れも厳しくなる傾向があります。そのため、フリーランスの方は身分証明書とは別で、仕事をしていることを証明する書類や収入を証明する書類が必要になる場合があります。

モビット側から求められた書類を提出できない場合には、キャッシングの審査に落ちてしまうこともありますので、求められた書類は全て提出されることをおすすめします。

自営業・フリーランスは良好な支払い実績が重要

一般的に自営業やフリーランスの方は、ローン審査に弱い属性と言われています。たとえば、会社員の方が住宅ローンに申し込みをすると、通常どおりローンを利用することができるようになりますが、自営業・フリーランスの方が同じように住宅ローンに申し込みをしても、場合によっては融資を断られることがあります。

これは、クレジットカードやキャッシングを利用する場合も同じで、自営業やフリーランス、個人事業主の方は、キャッシングやローンの審査に非常に弱い属性なのです。

そこで、自営業・フリーランスの方がキャッシングを利用する際には、キャッシングの支払い実績を高めることが重要です。キャッシングの審査では、他社の利用状況や返済状況が大きく左右しますので、毎月遅れずに返済をすることが重要なのです。また、最初のキャッシングでは、利用限度額が小さい金額だったとしても、返済の実績を高めることで利用限度額を大幅にアップさせることも可能です。

特に、自営業・フリーランスの方は会社員よりも弱い属性となりますので、利用実績を高めることでキャッシングが利用しやすくなるのです。毎月遅れずに返済を続ける方は、優良顧客として認識されますので、急な出費でキャッシングが必要な場合でも、安心して利用することができるようになるのです。

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ