アコム

固定電話はキャッシング申し込みに必要?固定電話無しの審査は?

キャッシングの利用では、申し込みをした本人と連絡が取れることが条件となりますので、自宅の固定電話か携帯電話を持っていることが借り入れの条件となります。

ただ最近では、自宅に固定電話がなく、連絡手段が携帯電話のみという方も多くなっています。特に一人暮らしの方は、自宅に固定電話があるというのは稀で、ほとんど携帯電話のみでやり取りをしている状況です。

では、キャッシングを利用する際には、自宅の固定電話は必須なのでしょうか。自宅に固定電話があったほうが良いのでしょうか。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

キャッシングの利用に固定電話は必要?

キャッシングの申し込みでは、第3者による不正申し込み等を防止するためにも、必ず本人確認がありますので、自宅の固定電話、又は携帯電話を持っていることが融資を受ける条件となります。

しかしこれは、自宅の固定電話か携帯電話のどちらかを持っていることが条件ですから、自宅に固定電話がなければ融資を受けられない、キャッシングを利用できないということはありません。連絡手段として携帯電話を持っていれば、自宅に固定電話がなくてもキャッシングを利用することが可能です。

ただ、携帯電話は普段から持ち歩くものとなりますので、すぐに連絡が取れるという利点はありますが、電源を切ったり、電波が届かなかったりすると、本人と連絡が取れないこともあります。

そのため、連絡手段が携帯電話のみでキャッシングに申し込みをするよりも、自宅に固定電話があり、携帯電話もある状態でキャッシングに申し込みをするほうが、キャッシング審査の属性が大幅にアップすることとなります。

固定電話ありのほうが審査に通りやすい?

キャッシングに限らず、カードローンやクレジットカードなどでも同じですが、何らかのローンに申し込みをする際には、本人と直接連絡が取れる連絡手段が最低でも1つは必要です。

これは、万が一、病気やけがなどで仕事を休んでしまったり、何らかの理由で毎月の返済ができなくなる場合もありますので、本人と直接連絡が取れる連絡手段は必須なのです。

さらに言えば、本人との連絡手段は、1つよりも複数の連絡手段があるほうが、キャッシング審査の属性が上がりますので、携帯電話のみという場合よりも、携帯電話と固定電話の2つあるほうがキャッシングの審査が有利になります。またキャッシング審査では、一人暮らしの方よりも、家族と同居している方のほうが、審査が有利になります。

これも先ほどと同じですが、申し込みをした本人に、万が一のことがあった場合、家族と同居しているほうが連絡が取りやすいということから、実家暮らしで固定電話と携帯電話の両方を持っている方のほうが、審査が有利になるのです。逆に、一人暮らしで携帯電話のみというケースでは、極端に属性が低くなりますので、実家暮らしの方と比べると、融資を受けにくい属性と言えます。

キャッシングの審査における固定電話の有無は、連絡手段の1つですから、非常に重要度が高いものです。最近では、携帯電話のみという方も増えていますが、できれば固定電話と携帯電話のどちらも連絡が取れるというほうが、スムーズにキャッシングを利用することができるようになります。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ