アコム

無職でもキャッシングできる?生活保護は?保証人は必要?

現在は、長引く不況でなかなか仕事が決まらない、次の仕事が見つからないという方が増えているのが現状です。また、当面の生活費を稼ぐため、アルバイトを探そうとしても、アルバイトやパートもなかなか決まらないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時、「いくらかでもキャッシングできれば助かるのに・・・」「当面の生活費だけでもなんとかキャッシングしたい」と思われるかもしれません。

しかしキャッシングの申し込みでは、どの金融会社でも「仕事をしていること」「収入があること」が条件となっていますので、無職の方がキャッシングを利用することはできません。また、就職活動中の方で、「次の仕事が決まった」「内定をもらった」という場合でも、まだ仕事をされていませんので、原則としてキャッシングを利用することはできません。

ただ、条件次第ではキャッシングができるケースもあり、お金を借りる、あるいは当面の生活資金を用意することもできる場合があります。

そこで今回は、仕事をしていない方で「どうしてもお金が必要だ」「今すぐにお金が必要だ」という際に利用できるサービスをいくつかご説明します。

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

無職でも条件次第ではキャッシングが可能?

一般的に、無職の方はキャッシングを利用することができません。これは、キャッシングを利用する条件として、収入があること(仕事をしていること)が、申し込みの条件としてあるためです。

しかし、無職の方でも条件次第ではキャッシングを利用することができます。それは結婚している方で、配偶者が仕事をしている場合です。

たとえば、専業主婦の方で、どうしても急な出費でお金が必要となった際に、ご主人の収入の範囲内でキャッシングを利用することができるというものです。

そこで、主婦の方でキャッシングを検討するなら、プロミスのキャッシングがおすすめです。

プロミスは、はじめての方でも安心して相談できるように、専用のプロミスコールがあります。また、女性の方でも不安なく相談できるように女性専用のプロミスレディースもありますので、主婦の方でも安心してキャッシングをすることができます。

ただ、キャッシングを利用する本人が仕事をしていない場合(無職の場合)は、配偶者の承諾が必要となりますので、専業主婦の方でアルバイトやパートも何もしていないという方は、ご主人に内緒でキャッシングを利用することはできません。

そのため、専業主婦の方でキャッシングを検討する場合には、必ずご主人にも相談し、承諾を得る必要があります。

またこれは、男性側が仕事をしていない場合、仕事を探している途中で、まだ決まっていないというケースも同じで、奥様が仕事をされている場合には、奥様の収入の範囲内でキャッシングを利用するようになります。
※プロミスは主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

無職でキャッシングの利用は?

残念ながら、無職でキャッシングを利用することはできません。

原則として、キャッシングを利用する場合には、「収入があること(仕事をしていること)」が前提となりますので、今現在、何も仕事をされていないという方は、キャッシングを利用することができません。

これは、保証人を付ければキャッシングできる、不動産の担保があれば融資できるというものではありません。

仮に無職の方で、「保証人を付ければ・・・」と考えている方は、まずは仕事を探すことを優先しましょう。仮に連帯保証人になってくれる人がいるのであれば、その方から個人的に当面の生活費を借りることも可能ではないでしょうか。

連帯保証人とは、借り入れをする人と保証人とが、債務を連帯(共有)することを言います。キャッシングの保証人になってもいいよという人なら、キャッシングを検討するよりも、その人から直接お金を借りるほうが現実的な方法と言えます。

また、不動産を担保にした融資の場合も、担保になるほどの不動産を持っているなら、まずは不動産を売却することを検討するほうがいいでしょう。そうすることで、当面の生活費を確保することができますし、不動産の担保価値によっては当面の生活を心配する必要もなくなります。

ただ、お金を借りるということだけを考えた場合、無職の方でも不動産担保のほうが融資を受けやすい傾向にあります。しかし、その場合であっても、評価額をかなり下回りますので、融資を受けるよりは売却を検討するほうが現実的と言えます。

生活保護を受けていてもキャッシングはできる?

こちらも、残念ながら生活保護を受けている方がキャッシングを利用することはできません。

これは、先ほどの理由と同じですが、キャッシングを利用する場合には、原則として仕事をしていることが条件となります。そのため、生活保護を受けながら、仕事を探しているという方は、キャッシングを利用することができません。

ただ、生活保護を受けながら、少しずつでも仕事をされているという方なら、稀にキャッシングをすることができるケースもあります。

これまでの事例でも、1ヶ月に数万円ですが収入を得ている方で、生活保護を受けている方がキャッシングできたという事例があります。また、生活保護を受けている方で、クレジットカードが作れたという事例もいくつかあります。

しかしこれは、ごく稀なケースであり、キャッシング会社としても、仮に「生活保護を受けている人に融資をした」となれば、かなりの批判を浴びることが予想されます。こういった観点からも、通常はキャッシングができない、クレジットカードも作れないと考えておくほうが良いでしょう。

お金がない・・もう生活できない・・・という場合には

貯金もなくなり、手元のお金も底をつき、もうどうしようもないという場合には、各自治体が行っている「生活福祉資金貸付制度」を利用されるほうが良いでしょう。
厚生労働省 生活福祉資金貸付制度

これは、障害者の方や高齢者の方なども利用することができる制度で、生活費を貸付するものですが、仮に連帯保証人を付けることができれば、無利子で借りることができます。無利子ですから、借りた分だけ返済すればよいというもので、金融会社のキャッシングやローンとは異なるものでもあります。また、どうしても保証人が見つからない場合でも、利息は付きますが貸付を受けることはできます。

もし、「どうしてもお金がない・・・」「これ以上、生活できない・・・」という際には、諦めずに上記のような制度を活用されることをおすすめします。

女性でも安心!プロミスレディースのキャッシングなら最短即日融資

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ