アコム

プロパーカードとは?プロパーカードと提携カードの違いとは?

プロパーカードとは、国際ブランドが単体で発行しているクレジットカードを指します。

国際ブランドとは、主にJCBやVISA、MasterCard、American ExpressやDiners Clubとなりますが、その中でVISAとMasterCardは単体でクレジットカードの発行は行っていませんので、JCB、American Express、Diners Clubが直接発行しているクレジットカードをプロパーカードと呼びます。

では、プロパーカードと提携カードの違いとは何でしょうか。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

プロパーカードとは?プロパーカードのメリットとは?

プロパーカードとは、国際ブランドが直接発行しているクレジットカードを指します。
現状では、JCB、American Express、Diners Clubが、直接クレジットカードを発行しています。

そこで、プロパーカードを利用するメリットについては、国際ブランドが直接発行しているクレジットカードということもあり、カードのステイタスが非常に高いと言えます。また、プロパーカードはクレジットカードとしての信頼性や安心感という点でも評価が高いクレジットカードとなります。

プロパーカードには、旅行傷害保険や空港ラウンジ利用サービスなど、様々な付帯サービスがありますので、どなたでも安心して利用できるクレジットカードと言えるでしょう。

提携カードとは?提携カードのメリットとは?

提携カードとは、国際ブランドと提携しているクレジットカードを指します。たとえば、楽天カードやイオンカードなどが提携カードとなりますが、こういったクレジットカードはJCBやVISA、MasterCardと提携をすることで、国内・海外問わず、様々な店舗やお店でクレジットカードを利用することができるようになります。

そこで、提携カードを利用するメリットは、提携カードでは年会費無料のクレジットカードが多く、ポイント還元率も高い傾向にありますので、かなりお得に利用できることです。

また、提携カードを発行しているカード会社ごとに、独自の特典やサービスも受けられますので、クレジットカードでポイントをどんどん貯めたい、クレジットカードをお得に活用したいという方には、非常に適しているクレジットカードと言えます。

プロパーカードのデメリットは?提携カードのデメリットとは?

プロパーカードのデメリットとしては、提携カードと比較をすると、年会費が高い傾向にあります。また、ポイント還元率も一般的なクレジットカードとほぼ同程度ですから、ポイントが貯めにくいということも言えます。

プロパーカードは、どのお店や店舗で出しても恥ずかしい思いをすることがなく、非常に高いステータス性と信頼性・安心感はありますが、お得に活用するという点では、提携カードのほうがかなりお得に活用することができるでしょう。

逆に、提携カードのデメリットとしては、提携カードはステータス性や信頼性といったクレジットカードではありませんので、店舗やお店によってはクレジットカードを出しにくいことがあります。

たとえば、イトーヨーカドーで買い物をした際に、レジでイオンカードを出すというのは、さすがに出しにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。また、コンビニのローソンでファミマTカードを出したり、セブンイレブンでJMBローソンPontaカードVisaを出すのも、何となく気が引けるのではないでしょうか。

これらは、特に気にする必要はないことではありますが、提携カードにはそれぞれ提携している店舗やお店があり、それぞれに特徴がありますので、どこでも利用できるプロパーカードと比較すると、こういった点は提携カードのデメリットと言えるでしょう。

クレジットカードの選び方とは?

クレジットカードには、主に国際ブランドが発行しているプロパーカードと、国際ブランドと提携している提携カードの2つがあります。

プロパーカードと提携カードでは、それぞれに特徴があり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、一概にどちらが良い、どちらが悪いということはありません。またクレジットカードの利用では、利用する店舗やお店、利用するシチュエーションなどによっても、適しているカード、適していないカードがあります。

そこで、クレジットカードを作る際には、メインカードとしてプロパーカード、あるいは、信頼性の高い銀行系カードを1枚取得します。そうすることで、どういった場面でもクレジットカードを利用することができるようになります。

次に、サブカードとして提携カード、あるいは、流通系のお得なクレジットカードを2枚~3枚取得します。流通系カードは、利用する店舗やお店ごとにポイント還元率が異なりますので、よく利用する店舗のクレジットカードを作ることで、さらにお得に活用することができます。

このように、メインカードとサブカードを組み合わせて、利用する店舗やお店ごとにクレジットカードを使い分けることが重要です。逆に、1枚のクレジットカードのみで全てのお店で利用しようとすれば、どうしてもカード利用に支障が出ることとなりますので、メインカードとサブカードを上手に使い分けることが必要なのです。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

初年度年会費無料!JCBカードならJCBオリジナルシリーズ

このページの先頭へ