アコム

クレジットヒストリーとは?クレジットカードヒストリーの作り方

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンの利用状況の履歴を指します。

私たちが普段利用しているクレジットカードやクレジットローンの利用状況は、各カード会社が加盟している個人信用情報機関に記録され、カード会社はそれらの記録を閲覧・確認することができるようになっています。

またこれは、キャッシングやカードローンの利用も同じで、金融会社は申込者の他社利用について、利用限度額がいくらなのか、毎月の支払いはどうなのかをその都度確認することができるのです。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは、私たちが普段利用しているクレジットカードやローンの利用履歴を総称して、クレジットヒストリーと呼びます。

そこで、なぜ私たちのカード利用についてわかるのかとなりますが、日本国内には複数の個人信用情報機関があり、個人が利用しているキャッシングやクレジットカードなどの利用状況をデータ化して、それぞれの信用情報機関に記録しています。記録されたデータは、信用情報機関と提携している金融会社が、必要に応じてそれらの情報を閲覧することができる仕組みとなっているのです。

そのため、各金融会社は申込者の過去の利用状況から現在の利用状況に至るまで、あらゆる情報を閲覧することができるのです。クレジットヒストリーが情報として共有されているのは、金融会社側の貸し倒れリスクに対する処置の1つと言えるでしょう。

良好なクレジットヒストリーの作り方とは?

クレジットヒストリーとは、キャッシングやクレジットカードなどの利用履歴となりますが、私たちが何らかのクレジットカードやローンに申し込みをした際に、カード会社や信販会社が行う審査は、申込者のクレジットヒストリーがどうなのかを確認する作業と言えます。

どの金融会社もそうですが、毎月の返済に遅れている、何度も延滞しているという人と、長期的な利用をしているにもかかわらず、1度も返済の遅れがないという人では、後者のほうが「信用できる人」と考えるものです。また、現在の年収に対して、いくら利用しているのか、毎月の返済額がいくらなのかによっても、今以上の借り入れが可能なのか、それとも不可能なのかを判断することができます。

そこで、クレジットヒストリーの作り方の基本は、毎月の支払いに遅れや延滞がないことが最低限の条件となります。毎月の支払いを遅れずに行うというのは、言い換えればごく当たり前のことでもありますので、決められた日に決められた金額を支払うことが重要です。

次に、クレジットカードの利用なら、原則として一回払いで利用することも重要です。仮に、リボ払いや分割払いを利用するとしても、3ヶ月~6ヶ月、あるいは6ヶ月~1年間で全ての支払いが完了する支払額で利用することも必要です。逆に、毎月の支払額が、最低支払額の5千円のみ、あるいは1万円のみというケースでは、仮にリボ払いや分割払いを利用すると、支払いが完了するまでに3年~5年以上もかかる計算となるのです。

また、カードの利用限度額を目一杯まで使っているケースも、良好なクレジットヒストリーとは言えません。全ての支払いが一括払いであればいいのですが、リボ払いや分割払いで、いつも利用限度額まで使っているというケースでは、「毎月の支払いが困難なのではないか」と思われてしまいます。

上記で記載したとおり、カード会社が1番危惧している点は貸し倒れリスクとなりますので、ゆとりのある利用が1番最適なクレジットヒストリーの作り方となるのです。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

初年度年会費無料!JCBカードならJCBオリジナルシリーズ

このページの先頭へ