アコム

三井住友VISAゴールドカードの評判口コミ・申し込みの審査基準とは

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAゴールドカードとは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードとなりますが、三井住友VISAゴールドカードは一般のクレジットカードとは異なり、ゴールドカード独自の審査基準によってカードが発行されるようになります。

また、三井住友VISAカード全般に言えることですが、三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードですから、他の信販系や流通系クレジットカードよりも審査が厳しい印象があります。

そこで、三井住友VISAゴールドカードの評判・口コミ、審査や審査基準についてまとめました。

ゴールドカードなら信頼の三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの評判・口コミ、実際に使ってみた感想

三井住友VISAゴールドカードの取得は、一般カードで利用実績を積んでからゴールドカードに申し込みを行う場合と、利用実績がない状態で、直接ゴールドカードに申し込みを行う場合の2つがあります。また、クラシックカードなどで高い利用実績がある場合には、三井住友VISAカードからのインビテーション(招待制)によるゴールドカード取得も可能です。

千葉県 30代派遣社員(男性)

    三井住友VISAカードの利用歴は、もう10年くらいになります。最初は学生時代に学生専用カードを作ったのがきっかけで、その後に一般カードに切り替えて、30歳を過ぎた最初のカード更新でゴールドカードを取得しました。
    それからは、三井住友VISAゴールドカードをメインで利用していますが、派遣社員なのでそれほど多くの利用はしていません。年間で50万円~60万円くらいと思います。年収もゴールドカードの規定には届かないと思いますが、利用歴が長いのでゴールドカードの取得ができたのかなと思っています。

東京都 40代会社経営者(男性)

    今まではJCBゴールドカードをメインで利用していましたので、三井住友VISAカードの利用はありませんでした。申し込み後、1週間ほどでメール連絡、3週間程度でカードが届きました。
    独立して10年以上になりますし、年収も600万円~700万円ほどですから、たぶんゴールドカードの審査は大丈夫だろうという判断でした。ただ、年収が500万円以上でも審査に落ちることがあると聞いていたので、少し不安もありましたが、無事手元に届いてほっとしています。
    利用限度額はクレジット枠100万円、キャッシング枠20万円でしたが大変満足しています。次はプラチナカードを取得したいと思います。

愛知県 30代会社員(男性)

    他のクレジットカードは持っていましたが、どうしても三井住友VISAゴールドカードが欲しくて申し込みました。一般カードから実績を積んだほうがいいというのは聞いていたんですが、ダメもとで突撃したら、あっさりカード発行になりました。
    年収400万円ちょっとなので、おそらくダメだろうなぁと思いながらなので、めちゃくちゃ嬉しいです!これから大事に利用させていただきます!

三井住友VISAゴールドカードの審査基準、ゴールドカードで審査OKとなる事例

三井住友VISAゴールドカードは、原則として30歳以上で安定した収入がある方が、申し込みの対象となるクレジットカードです。

そこで、三井住友VISAゴールドカードを取得する上での収入の目安としては、年収500万円以上と言われていますが、これまでの事例を総合的に判断すると、おおむね年収400万円以上であればカードが発行される傾向にあります。また、勤続年数についても、おおむね5年以上であれば、カードが発行される傾向があります。

ただ、年齢が10代~20代、あるいは年収が300万円以下、勤続年数が3年未満となると、三井住友VISAゴールドカードの審査に落ちてしまう可能性が高くなります。自営業・個人事業主の方で営業年数が5年未満の場合も同様に、その後の審査が非常に厳しくなることが予想されます。

しかし、同じ条件でも三井住友VISAカードで既に5年~10年以上の利用実績があれば、他カードからの切り替え、あるいは更新ということで、ゴールドカードが発行される可能性があります。

そのため、三井住友VISAゴールドカードの取得は、早い段階から一般カードや学生カードなどに申し込みをして、三井住友VISAカードでの利用実績を積むことで、ゴールドカード取得の難易度を引き下げることができるようになります。

三井住友VISAゴールドカードのデュアル発行はどうなの?

三井住友VISAゴールドカードでは、VISAカードとMasterCardのデュアル発行が可能ですが、デュアル発行を希望する際には、まずはVISAカードを取得してから、その後に追加カードとしてMasterCardを作る流れとなります。

最初から、デュアル発行を希望すると、カードが発行されないケースも見受けられますので、より確実にゴールドカードを取得するためにも、まずはVISAカードを取得し、その後に追加カードとして申し込みを行うほうが良いでしょう。

追加カードの申し込みは、新規申し込みとは異なりますので、利用状況の確認後、特に問題がなければ、通常どおり三井住友MasterCardが発行されることとなります。

三井住友VISAゴールドカードに申し込みをする際の注意点

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友VISAカードの利用がない状態(新規申し込み)で申し込みを行う場合と、5年~10年以上の利用実績がある場合とでは、明らかにゴールドカード取得の難易度が異なるようになります。

既に、三井住友VISAカードで5年~10年以上の利用があれば、比較的スムーズにゴールドカードを取得することができるようになります。

そのため、三井住友VISAゴールドカードを取得する際には、できれば一般カードから取得し、その上でゴールドカードに切り替えを行うほうが良いでしょう。逆に、利用実績がなく、ゴールドカードに直接申し込みをすると、場合によってはカード発行が見送られることもあります。

また、新規申し込みの際に、キャッシング枠を設定した場合も、その後のカード発行率が悪くなる傾向がありますので、利用実績がない状態で直接ゴールドカードに申し込みをする際には、キャッシング枠を設定せずに、クレジット枠のみで申し込まれることをおすすめします。

ゴールドカードなら信頼の三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

このページの先頭へ