アコム

キャッシング枠とは?クレジットカードのキャッシング枠の意味とは

キャッシング枠とは、クレジットカードの機能の1つとなりますが、通常クレジットカードでは、買い物やショッピングをする際に、クレジットカードを使って購入代金の立て替え払いをする目的で利用します。

しかし、クレジットカードにキャッシング枠を設定することで、通常どおり買い物やショッピングで利用するだけではなく、クレジットカードを使って直接お金を借りることができるようになります。

クレジットカードのキャッシング枠は、いざという時のためにも、予め設定をしておくと非常に便利ではありますが、はたしてキャッシング枠の利用はどうなのでしょうか。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

キャッシング枠とは?キャッシング枠の意味とは?

クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカードの機能の1つとして、希望する方は設定をすることができます。逆に、希望しない場合には、キャッシング枠を設定せずに、買い物やショッピングなどで利用できるショッピング枠のみのクレジットカードとして利用することもできます。

現在、キャッシング枠を設定している方で、もしキャッシング枠はいらない、キャッシング枠を外したいということであれば、カード裏面に記載しているカードデスクに連絡をして、キャッシング枠の廃止を希望すれば、いつでもキャッシング枠を外すことができます。

クレジットカードのキャッシング枠は、あくまでもクレジットカードの機能の1つですから、希望する方には設定されますが、希望しない、いらないという方には、特に強制的に設定されるものではありません。また、新たにクレジットカードを作る場合でも、申し込み画面で「キャッシング枠の設定を0円」、又は「希望しない」とすれば、キャッシング機能がないクレジットカードが届くようになります。

そこで、クレジットカードのキャッシング枠の意味は、買い物をしようとした際にクレジットカードが使えないお店だったり、旅行先で一時的にまとまったお金が必要な場合に、クレジットカードのキャッシング枠を利用して、当面の資金としてお金を借りるという目的で設定されるものです。

クレジットカードの本来の目的は、あくまでも買い物・ショッピングでの利用ですから、クレジットカードのキャッシング枠は、万が一に備えて設定するという意味になります。

ただ、日本国内での利用ということで言えば、万が一ということがほぼありませんので、おそらくキャッシング枠を使う機会は、ほとんどないと言えるかもしれません。また、海外旅行に行くという際にも、VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドを持っていれば、特に不便さを感じることはないでしょう。

そのため、最近ではクレジットカードのキャッシング枠を設定しない、キャッシング枠はいらないという方が増えている傾向にあります。

クレジットカードのキャッシング枠は必要なの?

率直に言えば、クレジットカードのキャッシング枠は、特に必要ない機能と言えるでしょう。仮に、世界中を飛び回っているビジネスマンの方なら、万が一に備えて設定をしておくということも必要かもしれませんが、普段の生活でキャッシング枠を利用することは、ほとんどないと言えるのです。

また、クレジットカードのキャッシング枠は、カード会社からすれば、あくまでもクレジットカードの機能の1つですから、キャッシング枠をメインで利用して、ほとんど買い物などでは利用しないというような使い方をしていると、ある日突然、カードが停止されることもあるのです。

クレジットカードのキャッシング枠は申し込みしないほうがいい?

さらに言えば、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠と兼ねて利用限度額が設定されますので、キャッシング枠を利用すると、その分だけショッピング枠が少なくなってしまうのです。キャッシング枠を利用していることで、大きな買い物ができなくなってしまったというケースもありますから、クレジットカードのキャッシング枠は利用しないほうが良いのです。

クレジットカードの本来の目的は、買い物やショッピングで利用するものです。
クレジットカードのキャッシング枠は、機能の1つとして設定するものとなりますので、場合によっては様々な弊害を引き起こすこともあるのです。

ある日突然、クレジットカードが使えなくなった、限度額が大幅に下がった、といったことにならないためにも、クレジットカードは買い物で利用する、キャッシングはキャッシング専門のキャッシングサービスを利用するというように、用途に合わせて使い分けることをおすすめします。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

モビットのWEB契約なら電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング

このページの先頭へ