アコム

ビジネクストは総量規制の対象外?それともビジネクストは総量規制?

ビジネクストビジネクストは、自営業・個人事業主や会社経営者向けの事業者ローンを行っている金融会社ですが、ビジネクストからの融資が総量規制の対象になるのか、それとも総量規制の対象外なのか、疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

また、事業者ローンに申し込みをする際に、はたして総量規制に該当するのか、それとも対象外なのか、不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ビジネクストの融資が総量規制の対象なのか、対象外なのかについてまとめました。
ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)
来店不要で、急な資金繰りにも最適な事業者専用カードローン!

事業者ローンは総量規制?それとも総量規制の対象外?

総量規制とは、個人が金融会社から借り入れできる金額の上限を定めたルールとなりますが、現在はキャッシングなどで利用できる借入上限は年収の3分の1までとなります。

これは、貸金業法のルールですから、違反した貸金業者は行政処分の対象となり、罰則を受けることとなりますので、キャッシングやカードローンなどの利用では、必ず申込者の他社の利用状況を確認します。

そこで、個人事業主や会社経営者の方が利用する事業者ローンが、総量規制の対象となるのか、それとも対象外なのかですが、総量規制ではいくつかの例外が認められていますので、事業者ローンは総量規制の対象外となります。

事業者ローンが総量規制の対象外となる理由は、事業者ローンが個人事業主や会社経営者向けのサービスであること、さらに個人的な融資ではなく、事業性の融資であることから、事業者ローンは総量規制の対象外とされています。

そのため、事業者ローンの申し込みでは、既に個人の借り入れが年収の3分の1以上であっても、個人の借り入れとは別で融資を受けることができます。また、仮に事業者ローンを利用したとしても、個人の借り入れには含まれませんので、その方の借り入れ状況が総量規制に該当するかどうかを確認する際には、事業者ローンの融資を除外した上で、個人的な借り入れについて調査・確認がなされるようになります。

事業者ローンは、あくまでも会社や事務所の運転資金や設備投資などの事業性融資となりますので、個人の借入上限を定めた総量規制には該当しない融資となります。

ビジネクストは総量規制?それとも総量規制の対象外?

ビジネクストからの融資が総量規制に該当するのか、それとも総量規制の対象外なのかは、先ほど記載したとおり、事業者ローンは総量規制の対象外となりますので、ビジネクストの融資も総量規制の対象外となるサービスです。

また総量規制は、融資金額の大小は関係がありませんので、仮にビジネクストから50万円の融資を受けても、1000万円の融資であっても、ビジネクストからの融資は全て総量規制の対象外となります。

そのため、ビジネクストの融資では、個人で借り入れしているキャッシングやクレジットカードの利用は総量規制に含まれませんので、仮にキャッシングを利用しているという方でも、カードローンなどを利用しているという方でも、ビジネクストなら融資を受けることができるのです。

しかも、ビジネクストなら、担保や保証人なしで最大1000万円までの融資が可能となりますので、まとまった資金が必要な場合でも、安心して申し込みを行うことができます。

ビジネクストは、これまでに40000名以上の経営者の方々に融資を行ってきた実績があります。これまでの事例でも、銀行や信用金庫などから融資を断られた場合でも、ビジネクストで審査に通ったという事例が数多くありますので、運転資金や設備投資で融資を希望する際には、ビジネクストに申し込みをされることをおすすめします。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)
来店不要で、急な資金繰りにも最適な事業者専用カードローン!

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

このページの先頭へ