アコム

キャッシングは住宅ローン審査に影響する?住宅ローンが組めない?

キャッシングを利用していると、今後住宅ローンが組めなくなるのではないかと心配されている方も多いのではないでしょうか。あるいは、キャッシングを利用していることで、住宅ローンの審査に影響が出るのではないかと考えている方も多いでしょう。

では、はたしてキャッシングを利用すると、住宅ローンの審査に影響が出るのでしょうか。キャッシングの影響で、その後に住宅ローンが組めなくなるということはあるのでしょうか。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

キャッシングを利用すると住宅ローンが組めなくなる?

キャッシングを利用すると住宅ローンが組めなくなるのか、キャッシングの利用で住宅ローンの審査に影響が出るのかどうかは、その方の返済状況にもよりますが、原則としてキャッシングを利用したからといって、住宅ローンが組めなくなることはありません。

また、通常のキャッシングに限らず、クレジットカードのキャッシング枠の利用についても、キャッシング枠を利用したからといって、その後に住宅ローンが組めなくなるということもありません。過去に、キャッシングを利用していたというケースでも、過去の利用によって住宅ローンが組めなくなるということもありません。

率直に言えば、キャッシングと住宅ローンは別となりますので、キャッシングの有無は住宅ローンに影響が出るものではないのです。

ただし、下記に該当する場合には、住宅ローン審査への影響はもちろんですが、その他のローン審査やカード審査にも影響が出ますので、これまでの利用状況を確認するほうが良いでしょう。

支払いの遅れや延滞がある場合

    現在利用しているキャッシングやクレジットカード、ローンなどで、支払いの延滞や遅れがある場合には、住宅ローンの審査に影響が出る場合があります。また、過去に支払いの延滞や遅れがあった場合も同様に、住宅ローンの審査に影響が出る可能性が高くなります。
    住宅ローンの審査では、申込者のこれまでの利用履歴を確認しますので、仮に返済の遅れや延滞があった場合には、住宅ローンの審査に通らないことが予想されます。

年収に対する返済割合が基準を超えている場合

    住宅ローンの審査では、その方の年収に対する返済割合を算出した上で、融資が可能かどうかを判断しますので、仮に住宅ローンの融資を実行した場合に、毎月の返済割合が30%~35%を超えるようなら、住宅ローンの審査が厳しくなります。
    たとえば、年収が400万円の方であれば、年収に対する返済割合が30%なら120万円、35%であれば140万円となります。仮に返済割合が30%であれば、毎月の支払い額は10万円となり、35%であれば毎月の支払い額は11万6千円です。
    そこで、住宅ローンの融資では、年収に対する返済割合が低ければ低いほど融資が受けやすくなり、逆に高ければ高いほど、審査に通りにくくなりますので、その場合には頭金を増やす、他社の利用を減らすことで、返済割合を下げることとなります。
    そのため、既にキャッシングやクレジットカードのリボ払い、自動車ローンなどで、毎月5万円~10万円以上の返済を行っているケースでは、住宅ローンの融資を実行した際の返済割合が40%~50%を超えますので、住宅ローンの審査に通らなくなるのです。

住宅ローンの審査は年収に対する返済割合が重要?

住宅ローンの審査で最も重要なポイントは、年収に対する返済割合が、銀行や信用金庫が定めた基準をクリアできるかどうかという点です。

たとえば、3000万円の住宅ローンを35年ローンで組むとなれば、金利2%としても利息だけで1100万円~1200万円以上となりますので、総支払額は4100万円~4200万円です。保証料や手数料などは現金で支払うとしても、住宅ローンの4100万円~4200万円は35年間で返済するわけですから、毎月10万円前後の支払いです。

仮に年収400万円の方なら、上記の住宅ローンを組むだけでも、年収に対する返済割合が30%を超えるようになりますので、仮にキャッシングやクレジットカードを利用しているとなれば、さらに返済割合が高くなり、その結果、住宅ローンの審査に影響が出ることとなるのです。

そのため、年収400万円の方が3000万円の住宅ローンを組む場合、住宅ローン以外にも毎月の返済がある場合には、住宅ローンの審査に通らなくなる可能性が高くなります。

逆に、年収が1000万円~2000万円以上というケースで、3000万円の住宅ローンを組むのであれば、毎月の返済割合は10%以下となりますので、他社のキャッシングやクレジットカード、自動車ローンなどを利用しているとしても、住宅ローンの審査には全く影響しないこととなります。

住宅ローンでは、キャッシングを利用しているかどうかは特に問題はありません。
しかし、申し込みを行う方の年収によって、借り入れできる金額や融資可能な金額が異なるようになりますので、他社の利用が多いということは、それだけ返済割合を圧迫することとなります。

住宅ローンを検討する場合には、毎月の返済割合を算出することが重要なのです。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ