アコム

自動車ローンで延滞したらどうなる?支払いが遅れた時の対処法

現在、自動車ローンを利用されている方は多いのではないでしょうか。特に地方にお住いの方は、通勤などでも自動車を使うことも多く、自動車は生活の一部と言えるものです。

しかし、一般的に自家用車の新車価格は、軽自動車でも100万円~150万円前後、普通自動車では200万円~300万円前後、中古車でも50万円~100万円ほどかかるものです。

そのため、多くの方が頭金を用意し、残りの金額は自動車ローンを組むことで車を購入しているのが現状です。

では、利用している自動車ローンで、支払いが延滞したらどうなるのでしょうか。
ローンの支払いが遅れた時の対処法はあるのでしょうか。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

自動車ローンの仕組みとは?

自動車ローンとは、自動車を購入する際に利用するクレジットローンとなりますが、通常自動車ローンでは、購入する車を担保にローンを組むようになります。

そのため、自動車ローンを利用すると、自動車の名義(所有権)はローン会社となり、ローンを利用している期間は、自動車の名義を変更することができなくなります。また、自動車ローンでは、購入する自動車を担保にローンを組みますので、購入する自動車の価値によって利用できるローン金額が変わります。

ただ、一般的に自動車の価値は、新車でも中古車でも購入した瞬間に価格が2割~3割程度は下落しますので、頭金無しのフルローンの購入では、ローン会社の審査に通らないというケースがあります。

こういった背景から、通常自動車ローンの利用では、頭金として車両価格の20%~30%を用意し、残りの金額に対してローンを組むというのが一般的です。

自動車ローンの支払いが遅れたら購入した車はどうなる?

自動車ローンでは、購入する車を担保にローンを組むようになりますので、厳密に言えば、自動車ローンを利用している期間中は、自動車の所有者はローン会社であり、購入者はローン会社から自動車を借りて使用していることとなります。

そこで、自動車ローンで毎月の支払いが遅れた場合、あるいは延滞した場合、数日~1週間程度の遅れであれば、本人宛てに電話での連絡程度で済みますが、1ヶ月~2ヶ月の延滞となると、自動車ローンの残額を一括請求されます。

それでも支払いに応じない場合、支払いがない場合には、ローン会社、又はディーラーの担当者が、本人の自宅や会社に行き、購入した車両を引き上げることとなります。自動車を引き上げる際のレッカー代などの実費は、ローン残金とは別で購入した本人に請求されることとなります。

さらに、購入した本人と連絡が取れない、車両の引き上げができないといった場合には、裁判所からの差し押さえ勧告や最終通告が届くようになります。

自動車ローンの支払いが遅れたら、その後のキャッシングやローンの利用は?

仮に、自動車ローンの支払いが遅れたり、延滞した場合には、その後のローン利用は絶望的と考えておくほうが良いでしょう。また、その後のキャッシングやクレジットカードの利用についても、ほぼ全ての金融会社・カード会社で利用ができなくなることが予想されます。

現在のキャッシングやクレジットカードの利用、ローンの利用では、ほぼ全ての金融会社が個人信用情報機関と提携していますので、誰が何のローンを組んでいるのか、誰がどのカードを持っているのかが、すぐにわかるようになっています。

また、これまでの利用状況や返済状況についても、ほぼ全ての金融会社が、個人信用情報機関を利用して照会・閲覧することができますので、たとえ嘘を付いて申し込みをしたとしても、すぐにばれてしまうこととなります。

現在は、カード社会と呼ばれるほど、クレジットカードやローンを利用する方が多くなっていますが、たとえどういった理由であれ、毎月の返済が遅れたり、延滞することがあれば、その後のカード利用やローン利用ができなくなってしまうのです。

今後、何年もカードやローンが利用できないとなれば、これからの生活に非常に大きな影響が出るようになりますので、返済の遅れや延滞は絶対にしないということが重要なのです。

自動車ローンの支払いが遅れそうな時の対処法とは?

自動車ローンの支払いは、絶対に遅れないことが重要です。もし毎月の支払いに遅れることがあれば、その後の生活に大きな影響が出るようになります。

そこで、自動車ローンの支払いに遅れそうな場合には、一時的にでもキャッシングを利用されることをおすすめします。

キャッシングの利用では、仮に10万円を借りた場合でも、その後の返済は月額4,000円~5,000円ほどで済みます。仮に20万円~30万円を借りた場合でも、毎月の返済は7,000円~10,000円ほどで済みますので、一時的にでもキャッシングを利用して、まずは遅れずに返済することが重要です。

その上で、今後の生活を見直すために、アルバイトやパートなどを増やしたり、毎月の支出を減らしたり、不要な生命保険や携帯電話を解約したりすることで、来月以降も遅れずに返済をすることができるようになるでしょう。

またこれは、毎月の返済が遅れる前に動くことが重要となります。
逆に、毎月の支払いに遅れてから、慌ててキャッシングを利用しようとしても、既に返済の遅れや延滞の記録が、個人信用情報機関に残ってしまいますので、そうなってからではどこからも借り入れすることができない状態となります。

お金を借りれる、ローンが組めるということは信用がある証拠?

もしかすると、他の支払いをするためにキャッシングをするなんてダメなことだと思われるかもしれませんが、1番最悪な状況は、どこからもお金を借りることができないことです。

仮に、一時的にでもお金を借りることができれば、その後、生活を立て直すことができるかもしれません。しかし、どこからも借りられない、どこも貸してくれないという状態では、その状況から抜け出すことすらできなくなるのです。

お金を借りれる、ローンが組めるということは、その方に信用があるという証拠です。
信用があるうちは、生活が破たんするということは、まずありえません。たとえ、一時的に自転車操業になったとしても、その後、生活を立て直すことも、その後に毎日の習慣を見直すこともできます。

ただ、どこからも借りられない状態は、生活を立て直すチャンスすらもらえないことを意味するのです。

キャッシングというと、悪いイメージを持つ方も多いのですが、他の支払いのためにキャッシングを利用することは、生活を立て直すまでの時間をもらうこと、生活を見直すためのチャンスをもらうことです。

そのためにも、まずは毎月の支払いについては、絶対に遅れずに行うことが重要です。その上で、現在の生活を見直し、毎月の収入を増やす、あるいは毎月の支出を減らしていくことが重要なのです。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ