アコム

ビジネスローンは総量規制?ビジネスローンは総量規制の対象外?

ビジネスローンとは、自営業・個人事業主の方や会社経営者の方が事業性の融資として活用するものとなりますが、現在は貸金業法によって個人が借り入れできる金額は、最大でも年収の3分の1までと定められています。

また、クレジットカードの利用についても、割賦販売法のルールに従い、クレジットカードの利用限度額が算出されます。そのため、キャッシングやクレジットカードの利用では、その方の年収によって利用できる限度額の範囲内で借り入れを行うようになります。

では、ビジネスローンの借り入れは、総量規制の対象になるのでしょうか。
あるいは、ビジネスローンは総量規制の対象外の融資なのでしょうか。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

ビジネスローンは総量規制?それとも総量規制の対象外?

ビジネスローンでは、自営業・個人事業主の方や会社を経営されている方向けの融資となりますので、個人向けのキャッシングやクレジットカードの利用とは異なり、法人・事業者として融資を受けることとなります。

そのため、ビジネスローンの融資では、どこから借り入れを行うのか、融資金額はいくらなのかにかかわらず、総量規制の対象外となりますので、借り入れ金額の上限(年収の3分の1まで)には該当しない融資となります。

また、ビジネスローンでは、融資先が銀行・信用金庫などの金融機関でも、即日キャッシングの金融会社でも、クレジットカード会社や信販会社からの融資でも、ビジネスローンは全て総量規制の対象外となります。

融資金額についても、金額が大きいから総量規制の対象になるということはありませんので、金額の大小にかかわらず、ビジネスローンの融資では総量規制の対象外となります。

ビジネスローンでは、あくまでも会社や事業者として融資を受けることとなります。
総量規制は、個人が利用するキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠などに対して利用限度額を定めるものとなりますので、ビジネスローンと通常のキャッシングは全く異なるものとなります。

個人でキャッシングの利用があってもビジネスローンは利用できる?

自営業・個人事業主の方や会社経営者の方が、個人的にキャッシングやクレジットカードを利用している方は多くいます。また、既に総量規制の上限までキャッシングを利用しているという方もいらっしゃることでしょう。

そこで、個人でキャッシングを利用している場合でも、ビジネスローンを利用できるかどうかについては、通常どおりビジネスローンを利用することができます。

先ほども記載をしましたが、個人で利用するキャッシングと、事業性の融資として借り入れを行うビジネスローンは異なるものとなりますので、個人的にキャッシングを利用している場合であっても、ビジネスローンを利用することができます。

ビジネスローンは、総量規制の対象外でもあり、個人的なキャッシングの有無にかかわらず、融資を受けることができますので、自営業・個人事業主の方や会社経営者の方は、迷わずビジネスローンの利用をおすすめします。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

このページの先頭へ