アコム

キャッシング利用枠が減額!?キャッシングの限度額が下がる理由

キャッシングを利用していると、ある日突然、キャッシングの限度額が下がることがあります。

たとえば、今までは50万円のキャッシングが利用できたのに、いきなり20万円まで下がったり、たとえば、あと30万円まで利用できると思っていたら、ある日突然、キャッシングの残りが10万円になっていたりします。

特にキャッシングの利用は、1度カードを作ってしまえば、いつでも自由に使えるものだと思っていますので、急に限度額が下がると、かなり驚きますよね。場合によっては、予定していた旅行や買い物をキャンセルしなければならず、その後の予定も立てられないという場合もあるのです。

では、なぜいきなり限度額が下がるのでしょうか。
キャッシングの限度額は、どういう時に下がるものなのでしょうか。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

キャッシングの限度額がいきなり下がる理由とは?

クレジットカードのキャッシング枠でも、通常の即日キャッシングサービスでも、キャッシングを利用する際には、必ず所定の審査があります。

特に現在は、総量規制によって、キャッシングの利用が年収の3分の1までと決められていますので、キャッシングの申し込みでは、利用ができるかどうかの審査の他に、年収の3分の1を超えていないかどうかの審査も行います。その上で、キャッシングの利用が可能となれば、その方の年収に合わせて利用限度額が設定されることとなります。

ただこれは、キャッシングの申し込みを新規で行った時だけではなく、キャッシングを利用している場合には、その後も継続して審査を行っているのです。

これも、総量規制で定められているものとなりますが、1ヶ月のキャッシング利用の合計が5万円以上で、尚且つキャッシングの残高が10万円を超える場合には、毎月審査を行うことが義務付けられています。また、キャッシングの利用がない場合でも、貸付残高が10万円を超えている場合には、3ヶ月ごとに審査を行うようになります。

その際に、もし仮に年収の3分の1を超えている場合には、キャッシングの利用限度額の減額、又は新規貸付を停止することとなります。

そのため、毎月のように借り入れを行っている方は、途上与信審査も毎月行われることとなり、仮に返済のみで新たな借り入れを行っていなくとも、借りている金額が10万円以上の場合には、3ヶ月に1度は与信審査が行われることとなります。

キャッシングの限度額がいきなり下がる原因、キャッシングの利用枠がある日突然、引き下げになる原因は、毎月、又は最低でも3ヶ月に1度の頻度で、各金融会社が与信審査を行っていることが大きな理由です。

また、定期的な与信審査によって、既に年収の3分の1を超えている場合、あるいは、年収の3分の1を超えそうな場合には、キャッシングの利用限度額を引き下げたり、これ以上の新たなキャッシングをできなくしたりしているのです。

年収の3分の1を超えていないのに限度額が下がる理由は?

他社の借り入れを全て含めても、まだ年収の3分の1を超えていないのに利用限度額が引き下げられた場合は、下記の理由が考えられます。

クレジットカードのキャッシング枠が残っている場合

    通常のキャッシングサービスでは、現在利用しているキャッシング残高に対して、年収の3分の1を超えているかどうかを判断しますが、クレジットカード会社や信販会社では、まだ利用していないキャッシング枠についても、いつでも利用可能なキャッシングがあるとして、利用中の借り入れ金額と残っている融資枠を合算して判断するケースがあります。
    特にクレジットカードのキャッシング枠は、仮に利用していない状態であっても、キャッシングを利用しているものとして、それらすべてを合算し、年収の3分の1を超えているかどうかを判断する場合があります。そのため、利用していないクレジットカードのキャッシング枠が30万円~50万円、あるいは50万円~100万円以上ある場合には、他のカード審査に影響が出る可能性がありますので、利用していないキャッシング枠は一旦整理されることをおすすめします。

返済の遅れや延滞があり、これ以上の融資は不可能と判断された場合

    これまでに返済の遅れや延滞がある場合には、たとえ与信審査であっても、今後の利用をお断りされるケースがあります。その場合には、現在のキャッシング枠が大幅に引き下げられたり、キャッシング枠が0円になったりということが起こります。また、買い物やショッピングで利用するショッピング枠についても、分割払いやリボ払いで、いつも限度額を目一杯まで利用している場合にも、先ほどと同じように与信審査でNGとなり、以降のショッピング枠やキャッシング枠が大幅に減額されるケースもあります。

    【利用枠の復活】クレジットカードの限度額がいきなり下がる理由

キャッシングの限度額を下げないためにはどうすればいいの?

キャッシングの限度額を下げないためには、常に与信審査が行われていることを意識して、キャッシングを利用することが重要です。特に、下記に該当する場合には、すぐにキャッシングの限度額が下がりますので注意が必要です。

キャッシングの限度額を下げないためには?

    ・年収の3分の1を超えたキャッシングの利用はしない
    ・使っていないクレジットカードのキャッシング枠を整理する
    ・分割払いやリボ払いを出来る限り利用しない
    ・分割払いやリボ払いを利用する場合は、毎月の返済金額を高めに設定する
    ・毎月の支払いを決められた期日通りに行う(返済の遅れや延滞をしない)

言い換えれば、上記に該当しなければ、キャッシングの利用限度額がいきなり下がるということはありません。また、これまでの事例では、クレジットカードのキャッシング枠と、キャッシング専用サービスのキャッシングでは、限度額が引き下げられるタイミングや限度額が下がる理由が、若干異なります。

これは、クレジットカードを発行しているカード会社・信販会社と、キャッシング専用のサービスを提供している金融会社との総量規制の捉え方の相違と考えられますが、どちらかと言えば、クレジットカードのキャッシング枠のほうが、すぐに限度額が下がったり、キャッシング枠が使えなくなったりする傾向があります。

クレジットカードの目的は、あくまでも買い物やショッピングでの利用となりますので、これらは用途の違いということも言えるでしょう。

そのため、キャッシングを利用する場合には、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのではなく、モビットプロミスといったキャッシング専用サービスを利用することで、いきなり限度額が下がった、ある日突然キャッシングが使えなくなったといったことを避けることができます。

ショッピングはクレジットカード、キャッシングはキャッシング専用サービスというように、目的によって使い分けて利用することをおすすめします。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ