アコム

仕事が決まった!内定でもキャッシングは可能?即日融資はどう?

さぁ仕事が決まった!来月からバリバリ働くぞ!という時に、「あれっ?お金がない・・」「財布に小銭しかない・・」ということに気が付くことってありますよね。

特に、仕事を探しながら日雇いなどのアルバイトをしていて、やっと正社員で仕事が決まった!!と思っても、今までに貯金も何もしていなかったために、全くお金がないという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかも、せっかく仕事が決まったのに、最初の給料をもらうまでは、まだ1ヶ月~2ヶ月以上も先で、もうどうしようもないと落ち込むこともあります。そんな時、一時的にでもキャッシングの利用ができたら、ものすごく助かると思いませんか。
アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

仕事をするにもお金がかかる!?お金がないと仕事もできない

仕事が決まった!さぁ頑張ろう!という時に、お金がないと、ものすごくツラいですよね。おそらく、ほとんどの方が、何らかの仕事を始める時には、最初の給料をもらうまでのお金がない状態を経験されているのではないでしょうか。

通常、仕事と言えば、お金を稼ぐというイメージを持ちますが、逆に仕事をするためには、全て無料でお金をかけずに仕事だけをする、あるいは給料だけをもらうということができないものです。

仕事とは、ある一定のお金を使う行為でもありますので、たとえば電車で通勤する際の交通費や自動車通勤時のガソリン代、お昼代や飲み物代、その他にも仕事によっては洋服代や作業着代がかかる場合もあります。

もちろん、私たちが仕事をする理由は、こういった仕事中にかかるお金以上に稼げるから仕事をするわけです。

ただ、一般的に給料の支給は、仕事をした月の翌月~翌々月の支給ですから、その間の収入は0円ということになり、最低でも1ヶ月~2ヶ月分の生活費が必要です。また、仮に仕事をする際にかかった費用を、会社から給料と一緒に支給されるとしても、それらを受け取るまでには、やはり1ヶ月~2ヶ月以上も先になるのです。

そのため、仕事をする際は、最初の給料をもらうまでの最低限の生活費が必要となるのです。

仕事が決まった!でもお金がない・・そんな時はどうする?

いざ仕事が決まっても、仕事をするためには、ある一定のお金が必要となりますので、全くお金がないという状態では、仕事をすることもできないのが現状です。

そういった時は、キャッシングを利用するほうが良いでしょう。キャッシングであれば、ある程度のまとまった金額を借りることができますし、その後の返済についても毎月数千円~1万円ほどで済みます。

毎月の返済が、数千円~1万円ほどであれば、仕事を始めた後の生活を極端に圧迫することもありませんので、一時的にでもキャッシングを利用するほうが賢い選択と言えるでしょう。

ただ、キャッシングを利用する際には、仕事をしていること、収入があることという条件があります。これから仕事をするということは、現時点ではまだ仕事をしていないこととなりますので、場合によってはキャッシングを利用できない可能性があります。

当面の生活費としてキャッシングを利用するには?

通常キャッシングの利用では、「仕事をしていること」「収入があること」が条件となります。言い換えれば、仕事をしていない場合、収入がない場合には、キャッシングを利用することができません。

そこで、仕事が決まった後に、当面の生活費や家賃、光熱費、電話代などでキャッシングを利用する際には、以前の収入を元にキャッシングの申し込みをするほうが良いでしょう。上記でも記載しましたが、キャッシングの利用では、仕事をしていること、収入があることが条件となりますので、何も仕事をしていないという状態では、キャッシングを利用することができません。

そのため、次の仕事が決まって、当面の生活費としてキャッシングを利用する場合には、以前の仕事については、次の仕事をし始めるまでは退職せず、キャッシングの申し込みでは以前の仕事で審査を進めるという流れです。

またこれは、学生の方が内定をもらった場合も同じで、学生の方でも何らかの仕事(アルバイト)をしていると思いますので、キャッシングの申し込みの際は、アルバイトということで申し込みを行うほうが良いでしょう。

逆に、「今は無職だが、内定をもらっているからお金を貸してほしい」という申し込みでは、どの金融会社からもキャッシングを利用することは難しいのです。

再度繰り返しますが、キャッシングの申し込みでは、仕事をしていること、収入があることが条件となります。これは、たとえどのような事情があっても、仕事をしていない、収入がないというケースではキャッシングの審査には通りません。

これらは、貸金業法で定められている法律上のルールでもありますので、アルバイトでもパートでも、日雇いでも構いませんから、何かしらの仕事をしていること、収入を得ていることが重要なのです。

既に以前の仕事を辞めてしまっている場合は?

既に、以前の仕事を辞めてしまったという場合には、新たに決まった仕事をし始めてから、改めて申し込みを行うようになります。

その際には、1週間~10日間ほど勤務し、当面の生活費としてキャッシングを利用することとなりますが、これまでにキャッシングを利用したことがない方、利用はしているが返済の遅れがない方なら、仕事をし始めて間もない状況でもキャッシングの審査に通る可能性は十分にあります。

特に初めてのキャッシングということであれば、モビットプロミスといった大手のキャッシングサービスなら、10万円~20万円前後の融資が見込めますので、当面の生活費を工面することができることでしょう。

ただ、仕事をし始めて間もないというケースでは、極端に属性が下がりますので、場合によってはキャッシングできない、融資を受けることができないというケースもあります。

そのため、仕事をし始めて間もない方は、できれば半年~1年以上は勤務してから、改めてキャッシングを検討されるほうが良いでしょう。そうすることで、ご自身の属性をアップさせることができますし、キャッシングの審査もスムーズに進めることができるようになります。

仕事を始める時は、ある程度のお金を準備してから

仕事をすると一言でいっても、仕事をするためにはお金が必要です。特に、仕事を変わって間もないという状況では、新たな仕事をするために準備をするお金も必要になります。

そこで、新たに仕事を始める場合、転職などで仕事を変わる場合には、最低でも1ヶ月~2ヶ月以上の当面の生活費を確保した上で、仕事を始められることをおすすめします。逆に、何の準備もなく、いきなり仕事を辞めて次の仕事を探す行為は、その後の生活を破たんさせる原因でもあります。

また、仮にキャッシングを利用する場合でも、なかなか仕事が決まらずに無職の状態では、どの金融会社からもキャッシングを利用することができません。

そのため、何らかの仕事を始める前には、最低でも1ヶ月~2ヶ月以上の生活費を用意してから始められることをおすすめします。

アコムのキャッシングなら申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ!
ネットやATMから24時間いつでも借り入れ・返済が可能

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

このページの先頭へ