アコム

VISA・MasterCard・JCB クレジットカードの国際ブランドの選び方

国際ブランドとは、日本国内はもちろん、海外でも利用できる国際的なブランドとなっているクレジットカードを指します。

現在、日本国内で発行されているクレジットカードは、主にJCBやVISA・MasterCard、American ExpressやDiners Clubが直接発行しているクレジットカードか、又はこれら5つの国際ブランドのどれかと提携しているクレジットカードになります。

特に日本国内では、JCBやVISA・MasterCard、American ExpressやDiners Clubのどれかと提携しているクレジットカードとなっていることで、大手百貨店や大型スーパー、近所のスーパーやコンビニ、ネット通販やネットサービスなど、様々な場面でクレジットカードが利用できるようになっているのです。

では、クレジットカードを取得する際には、どの国際ブランドを選べば良いのでしょうか。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

JCB・VISA・MasterCard?国際ブランドはどれも同じ?

現在、日本国内で発行されているクレジットカードは、ほぼ全てのクレジットカードが、JCB、VISA、MasterCard、American Express、Diners Clubのどれかのマークが入っているカードになります。

これらは、国際5ブランドと呼ばれるもので、これら5つのどれかのマークが入っていることで、日本国内はもちろん、世界中でクレジットカードが利用できるようになっています。

しかし、実際にクレジットカードを利用する私たちからすれば、使用しているクレジットカードで、これら5つの国際ブランドのどのマークになっていても、ほとんど関係ないのが現状です。特に、JCB、VISA、MasterCardの3つであれば、ほぼどれを使っても同じと思っている方も多いのではないでしょうか。

また、現在国内で発行されているクレジットカードは、JCBカードや三井住友カード、DCカードやUCカードなど、様々なカード会社が取り扱いをしています。その他にも、信販系のニコスカードやオリコカード、ジャックスカードやアプラスカードなどがあり、ネット通販系ではYahooカードや楽天カード、コンビニ系のファミマTカードやセブンカード、ローソンPontaカードなどもあります。

そのため、先ほどの国際5ブランドについては、あまり意識することがなく、もしかすると「クレジットカードってそんな仕組みだったのか」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードの申し込みでは、これらの国際ブランドについて、しっかりと把握しておくことが重要です。利用する店舗やお店によっては、VISAは使えるけどJCBが使えない、JCBは使えるけどVISA・MasterCardが使えないというような「カードを取得したはいいが、ほとんど使えない」といったこともあるのです。

国際ブランドが発行するカードと国際ブランドと提携しているカードの違いは?

日本国内のクレジットカード発行は、クレジットカードの発行を国際ブランドが直接発行するケースと、国際ブランドと提携しているクレジットカード会社や信販会社が発行するケースの2つがあります。

国際ブランドが直接カードを発行するケースでは、JCBとAmerican Express、Diners Clubが直接発行していますので、これらに申し込みを行うと、どのカード会社とも提携をしていない国際ブランド単体のマークが入ったクレジットカードが発行されます。

また、国際ブランドと提携しているカード会社が発行するケースでは、三井住友カードやDCカード、UCカードやニコスカードなど、申し込みを行ったカード会社がクレジットカードを発行しますので、提携している国際ブランドのマークが入ったクレジットカードが発行されます。

そこで、クレジットカードの申し込みを行う際には、国際ブランドが直接発行しているクレジットカードは、ブランドを選ぶことができませんので、そのまま申し込みをするようになります。

しかし、国際ブランドと提携しているクレジットカードの場合、選択する国際ブランドによっては、その後の利用が極端に制限されるケースもありますので、「カードを取得したけど使えなかった」といったことが起こります。

どの国際ブランドを利用するのかによっても、その後の利便性が異なりますので、クレジットカードの申し込みでは、国際ブランドの選び方も重要なポイントとなります。

クレジットカード申し込み時の国際ブランドの選び方

クレジットカードの申し込みでは、国際ブランドが直接カード発行している場合と、国際ブランドと提携しているカード会社が発行する場合の2つがあります。

そこで、国際ブランドと提携しているカード会社のクレジットカードに申し込みを行う場合には、それぞれ国際ブランドごとの日本国内のシェアや海外でのシェアを参考に、幅広く使われている国際ブランドを選択することが重要です。

国際ブランドとは?JCB・VISA・MasterCardの日本国内のシェアは?

上記でも解説していますが、現在はVISAが圧倒的なシェアとなっていますので、最初の1枚目のクレジットカードはVISAと提携しているクレジットカードを取得されることをおすすめします。

またこれは、海外でのシェアもVISAが圧倒的なシェアを持っていますので、日本国内はもちろん、海外旅行などでも、VISAと提携しているクレジットカードを持っていれば、特に支障なく買い物などのショッピングを楽しむことができるでしょう。

次に、日本国内での買い物やショッピングが多いという方なら、JCBと提携しているクレジットカードがおすすめです。

JCBは日本唯一の国際ブランドとなりますが、国内シェアも高く、利用できる店舗やお店も幅広いのが特徴です。JCBならネット通販などでも支障なく利用できますので、JCBと提携しているクレジットカードを取得することも重要です。

また、日本国内ではMasterCardの店舗やお店も多くなっていますので、クレジットカードの申し込みではVISA、JCB、MasterCardの3枚を取得することが1番おすすめです。

これら3つの国際ブランドの国内シェアは、おおよそ95%以上となりますので、国内のクレジットカード決済を導入している店舗やお店なら、必ずどれかは使えるようになります。

これは、ネット通販も同じで、これら3つの国際ブランドであれば、どのショップでも対応していますので、VISA、JCB、MasterCardの3枚をそれぞれ取得することが、1番ストレスなくクレジットカードを利用できるコツなのです。

三井住友VISAカードは世界で一番使えるクレジットカード

初年度年会費無料!JCBカードならJCBオリジナルシリーズ

このページの先頭へ