アコム

事業者ローンとは?事業者ローンの選び方・融資を受けるには

事業者ローンとは、自営業・個人事業主の方や会社を経営されている方が、事業資金として借り入れを行う融資のことを言います。

事業者ローンの融資は、銀行や信用金庫などの各金融機関はもちろん、最近では事業者ローン専門の金融会社などもあり、借入条件や返済期間、担保や保証人の有無なども、それぞれ異なります。

では、事業者ローンで融資を受けるには、どこに申し込みをすればいいのでしょうか。
事業者ローンは、いくらまでの融資が可能なのでしょうか。
総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)事業者ローン!!
来店不要で、急な資金繰りにも最適なビジネクストの専用カードローン!

事業者ローンで融資を受ける際に必要となる書類は?

事業者ローンは、会社を経営されている方、個人事業主の方が、事業性の資金として融資を受けるものです。そこで、一般的な会社員の方や公務員の方、アルバイトやパートの方は、事業者ローンを利用することができません。

また、事業者ローンで融資を受ける場合には、一般的な個人向けのキャッシングとは異なり、会社で融資を受けることとなりますので、キャッシングを利用する際に必要となる身分証明書の他に、事業を営んでいることが確認できる書類や決算書(2期分~3期分)なども必要となります。

事業者ローンで必要となる主な書類

    申込者の身分証(免許証や保険証など)
    商業登記簿謄本
    法人の印鑑証明書
    決算書(2期分~3期分)※個人事業主の場合は確定申告書2年分~3年分

その他、必要に応じて個人の住民票や印鑑証明書、納税証明書などが必要となる場合があります。また、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫などの金融機関の場合には、その他に事業計画書や返済計画書なども必要となります。

事業者ローンの選び方は?

事業者ローンを選ぶ時はその後の返済を考え、金利の低いところを選択するほうが良いでしょう。たとえば、銀行や信用金庫、政策金融公庫などでは、事業者ローンの金利は数%となっています。

しかし、現実的な話をすれば、銀行や信用金庫、政策金融公庫などで借り入れを行うのは、極めて難しいと言わざるを得ません。特に銀行融資では、大手都市銀行でも地方銀行でも、営業年数が5年未満の会社では、ほぼ融資が通らないとされています。

また、自営業の方や個人事業主の方は、銀行や信用金庫が発行している個人向けのカードローンなどの利用は可能な場合もありますが、事業性融資に関しては、ほぼ融資を受けることが不可能とも言えます。それほど銀行での融資は審査が非常に厳しく、融資を受けること自体が困難なのです。

しかも、仮に融資が可能となっても、申し込みから融資を受けるまでには、おおよそ1ヶ月~2ヶ月以上、場合によっては2ヶ月~3ヶ月以上かかる場合もあります。

そこで、銀行や信用金庫、生活金融公庫からの融資については、決算書の内容が重視されますので、過去2年間~3年間で大幅な黒字となっていない場合には、事業者ローン専門の金融会社からの融資を検討するほうが良いでしょう。

事業者ローン専門の金融会社なら、たとえ赤字でも、総合的に判断して融資が可能かどうかを決めますので、銀行や信用金庫からの融資と比べても、格段に融資を受けやすいと言えます。

事業者ローンはどこがいいの?

自営業・個人事業主の方や会社経営者の方が事業者ローンを利用するなら、これまでに数多くの実績があるビジネクストがおすすめです。

ビジネクストは、これまでに4万名以上の方が利用している非常に有名な事業者ローン専門の金融会社です。また、無担保・無保証で1000万円まで融資が可能で、尚且つカードローンタイプとなりますので、限度額の範囲内で繰り返し利用することができます。

しかも、申し込みから融資までも、非常にスピーディーに進めることができますので、急ぎで現金が必要な場合、つなぎ資金などですぐにお金が必要な場合にも、非常に便利なサービスと言えます。

銀行融資がなかなか通らない、信用金庫で断られたという場合でも、ビジネクストなら相談しながら進めることも可能です。事業者ローンでお困りなら、ビジネクストに申し込みされることをおすすめします。

総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)事業者ローン!!
来店不要で、急な資金繰りにも最適なビジネクストの専用カードローン!

このページの先頭へ