アコム

不動産担保ローンの申し込みは住宅ローン返済中でも融資可能?

不動産担保ローンは、所有している土地や建物といった不動産を担保に融資を受けるサービスとなりますが、住宅ローンを返済中の場合でも、融資を受けることができるのでしょうか。

一般的に、住宅を購入する場合の多くが、銀行や住宅金融支援機構(住宅金融公庫)などを利用しますので、不動産担保ローンを利用したいという際に、まだ住宅ローンが残っているということも多いのです。

そこで、不動産担保ローンの申し込みは、銀行や住宅金融公庫などの住宅ローンを返済中でも利用できるのでしょう。不動産担保ローンを利用する際の条件などはあるのでしょうか。
総量規制対象外!おまとめローンや一本化にも最適!
ビジネクストの不動産担保ローンで毎月の返済額を大幅に引き下げることが可能です!

住宅ローンを返済中でも不動産担保ローンは利用できる?

不動産担保ローンでは、現在住宅ローンを返済中の方でも利用することができる場合があります。ただ、住宅ローンやその他のローンがない場合と、まだ返済が残っている場合では、融資を受ける際の条件や融資金額が異なります。

不動産担保ローンとは?不動産担保融資でいくらまで借りられる?

不動産の評価額とは?不動産担保ローンの融資上限・借入上限とは

上記ページでも解説していますが、不動産担保ローンでは、担保となる不動産の価値によって融資金額が決まります。また、住宅ローンが残っている場合、他のローンが残っている場合には、残っている金額を差し引いた上で融資可能な金額を算出します。

そのため、住宅ローンを借りたばかり、ローンを組んだばかりという不動産では、ローンの残りが多くなりますので、場合によっては融資を受けることができないというケースもあります。

逆に、住宅ローンなどの残りが少ない場合には、不動産の評価額がそのまま反映されますので、かなり大きな金額の融資が期待できます。

住宅ローンを返済中でも借り入れできる不動産担保ローンは?

住宅ローンを返済中の場合、ローンの残額を差し引きますので、場合によっては融資を受けることができない場合があります。また、申し込みを行う金融会社によっては、住宅ローンの返済中では融資をお断りするというところもあります。

そこで、住宅ローンの返済がまだ残っている方で、不動産担保ローンの利用を検討されている方は、他の金融会社よりも数多くの実績があるビジネクストが良いでしょう。

ビジネクストは、自営業や個人事業主の方向けのサービスとはなりますが、カードローンや不動産担保ローンなど、かなり多くの実績があります。また、これまでの事例でも、300万円の融資が可能となったケースや500万円の不動産担保ローンの審査に通ったケースなど、その方の状況に合わせた融資実績が数多く報告されています。

【ビジネクスト300万円可決】運転資金で事業者ローンを利用

【ビジネクスト500万円可決】おまとめローン・一本化の借り入れ

上記URLは、カードローンのページとはなりますが、申し込みの画面で不動産担保ローンを選択することで、通常どおり申し込みを行うことができます。

不動産担保ローンを検討する際には、こういった実績が数多くある信頼できるサービスに申し込みを行うことも重要です。逆に、ほとんど実績のない金融会社では、場合によっては融資を断られてしまうこともあるのです。

特に、大きな金額の融資となる不動産担保ローンでは、ビジネクストのようなサービスを利用することで、条件に合った融資を受けることができることでしょう。

総量規制対象外!おまとめローンや一本化にも最適!
ビジネクストの不動産担保ローンで毎月の返済額を大幅に引き下げることが可能です!

このページの先頭へ