アコム

不動産担保ローンとは?不動産担保融資でいくらまで借りられる?

不動産担保ローンとは、不動産を担保にお金を借りるローンを指します。
また、不動産担保ローンでは、不動産の評価額の範囲内で借り入れができ、尚且つ使い道も自由となりますので、大きな金額での融資も期待できます。

そのため、不動産担保ローンでは、現在利用しているキャッシングの借り換えやおまとめローン、借り入れの一本化などにも活用することができますので、まとまった資金が必要な場合には非常に便利なローンと言えます。

ただ、不動産担保ローンでは、大きな金額で融資を受けることが可能で、適用される金利も低く抑えることもできますが、不動産担保ローンの活用には、いくつか注意しなければならない点もあります。

そこで、不動産を担保に融資を受ける不動産担保ローンのメリット、不動産担保ローンの借入金額の上限や住宅ローンが残っているケースの場合などをまとめました。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

不動産担保ローンのメリットとは

不動産担保ローンでは、不動産を担保に融資を受けるサービスとなりますので、比較的大きな金額での融資が可能で、借り換えやおまとめローンにも活用することができます。

また、不動産を担保に融資を受けることとなりますので、一般的なキャッシングよりも借入金額が大きいことから、適用される金利も低い傾向にあります。

しかも、不動産担保ローンでは、不動産を担保にした融資となりますので、総量規制の対象外であり、さらにその方の年収や職業といった属性は、ほとんど影響しない融資となります。

また、自分自身が所有する不動産を担保にすることはもちろんですが、親や兄弟、親戚などが所有する不動産を担保に融資を受けるということも可能です。この場合には、所有者に了承を得なければなりませんが、不動産担保ローンでは自分自身が所有する不動産でなければならないといった制限もありません。

そのため、担保となる不動産さえあれば、現在のキャッシング残高を一本化したり、借り換えたりすることで、毎月の返済額や金利を大幅に引き下げることができるようになります。

不動産担保ローンでどれくらいまで借りられるの?

不動産担保ローンの融資金額は、担保となる不動産の価値(評価額)によって、借り入れできる金額が大きく異なります。また、不動産担保ローンの融資金額は、一般的に担保となる不動産のおおよそ60%~80%程度が借入上限となります。

たとえば、評価額1000万円の土地を担保に融資を受ける場合、おおむね600万円~800万円前後まで融資を受けることができます。そのため、仮に評価額が1億円の土地・建物ということであれば、その土地や建物を担保に借り入れできる金額は、おおよそ6000万円~8000万円前後となる計算です。

ただ、これらの融資金額は、融資を行う金融会社ごとに若干異なりますので、おおよその目安として評価額の60%~80%程度と考えておけば良いでしょう。

不動産担保ローンにおける不動産の評価額とは

一般的に、不動産担保ローンにおける不動産の評価額は、固定資産税の評価額が基本となります。

固定資産税の評価額は、全国の市町村がそれぞれの土地や建物ごとに価格を決定していますが、この固定資産税評価額を元に、不動産担保ローンで実際に借り入れできる金額(上限金額)が算出されます。

そこで不動産担保ローンでの融資金額の目安は、おおよそ固定資産税評価額の60%~80%程度が目安となります。また、固定資産税の評価額は、3年に1度、評価額の見直しがありますので、不動産担保ローンを利用する際には、最新の評価額で借入金額が算出されることとなります。

住宅ローンが残っている場合はどうなの?

不動産担保ローンを利用する際には、住宅ローンや他の不動産ローンなどの借り入れがあるかどうかを確認する必要があります。これは、住宅ローンなどを利用する際には、万が一、毎月の返済が滞った場合に備えて、元となる住宅や土地に銀行側が抵当権を設定するためです。

そこで、仮に住宅ローンなどの借り入れが残っている場合には、これらの残額を差し引いた金額が不動産担保ローンの融資金額となります。

    不動産の評価額が3000万円で住宅ローンが1000万円残っている場合
    3000万円 × 0.6~0.8 - 1000万円 = 800万円~1400万円(融資可能な金額)
    不動産の評価額が5000万円で住宅ローンが3000万円残っている場合
    5000万円 × 0.6~0.8 - 3000万円 = 0円~1000万円(融資可能な金額)

上記のように、住宅ローンの残額が多いケースでは、場合によっては不動産担保ローンを利用できないこともあります。また、仮に利用できたとしても、融資金額が大幅に減額される場合もあります。

不動産担保ローンはどうなの?

不動産担保ローンでは、担保となる土地や建物によっては、かなり大きな金額の融資を受けることも可能で、今現在の借り入れを一本化したり、借り換えたりなど、おまとめローンとしても活用することができます。

ただ、まだ住宅ローンが残っている場合、あるいは不動産の評価額が低い場合には、その分、借り入れできる金額も少なくなります。借り入れできる金額が少なくなれば、必然的に適用される金利も高くなる傾向にありますので、借り換えや一本化などで不動産担保ローンを利用するメリットがなくなるケースもあります。

不動産担保ローンでは、その方によって利用するメリット・デメリットが異なるものです。申し込みをされる際は、まずは不動産の評価額を確認することが重要です。

ビジネクストなら総量規制対象外!無担保・無保証(担保なし・保証人なし)

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

このページの先頭へ