アコム

個人信用情報機関とは?自分の信用情報を調べる開示方法

個人信用情報機関とは、私たち1人1人のキャッシング履歴やクレジットカードの利用有無、ローンなどの利用状況や支払状況を記録している専門機関になります。

主な個人信用情報機関は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)などがあります。

これらは、普段私たちが利用しているクレジットカードやローン、キャッシングなどの利用状況等を記録・管理している団体ですが、それぞれに特徴があり、それぞれに役割もあります。

また、自分の信用情報を問い合わせることで、現在の状況を開示してもらうこともできます。
モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

個人信用情報機関ごとの特徴とは

個人信用情報機関には、いくつかの団体があり、それぞれ異なる特徴があります。
また、仮に自分自身の信用情報を問い合わせる際にも、ご自身の利用状況に合わせて情報開示を行う必要があります。逆に、全く関係のない情報機関に問い合わせをしても、「記録なし」となる場合がありますので注意が必要です。

    株式会社シー・アイ・シー(以下、CIC)
    CICとは、主にクレジットカード会社や信販会社が加盟している団体です。
    そのため、クレジットカードの利用状況や自動車ローン、家具・家電のローンなどを利用する際に記録される専門機関となります。
    株式会社日本信用情報機構(以下、JICC)
    JICCとは、主にキャッシング専門の消費者金融系の金融会社が加盟している団体です。
    そのため、消費者金融系のキャッシングを利用する際に記録される専門機関となります。
    一般社団法人全国銀行協会(以下、全銀協)
    全銀協とは、主に銀行や信用金庫などが加盟している団体です。
    そのため、銀行や信用金庫が個人向けに行っている住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどを利用する際に記録される専門機関となります。また、銀行系のカードローンやおまとめローン、法人融資の際に代表者が連帯保証人となる場合にも記録されます。

上記で記載したとおり、個人信用情報機関にはいくつかの団体があり、団体ごとに加盟している金融機関や金融会社もそれぞれ異なります。

金融機関や金融会社は、これらの個人信用情報機関に加盟することで、普段私たちが利用しているクレジットカードやローンカードなどの利用状況や支払状況などを閲覧することができます。

また、CICとJICC、CICと全銀協というように、複数の団体に加盟している金融機関や金融会社もありますので、その場合にはそれぞれ加盟している信用情報機関ごとに利用状況を閲覧することができるようになります。

自分の信用情報を調べるには?

自分自身の信用情報を調べるには、いくつかある個人信用情報機関のどこに問い合わせるのかを明確に決めなければなりません。また、調べたい情報がキャッシングの利用状況なのか、クレジットカードやローンなのかによっても、問い合わせ先が異なります。

    キャッシングの利用状況を調べたい場合
    キャッシングの利用状況を調べる際は、JICCに問い合わせることになります。また、最近では消費者金融系サービスが、クレジットカード会社や信販会社と提携しているケースも多くなっていますので、念のためCICも含めて確認されることをおすすめします。
    クレジットカードやローンの利用状況を調べたい場合
    クレジットカードやクレジットローンの利用状況では、CICに問い合わせることになります。また、上記で記載したとおり、現在では信販会社と消費者金融系サービスが提携しているケースが多くなっていますので、念のためJICCも含めて確認されることをおすすめします。
    銀行や信用金庫の利用状況、カードローン等の利用状況を調べたい場合
    銀行や信用金庫の利用状況では、全銀協に問い合わせることになります。また、銀行系のカードローンや自動車ローン、教育ローンなどを利用されている方も全銀協で確認するようになります。その他、個人事業主や法人代表者の方は、銀行や信用金庫から融資を受ける際に連帯保証人になっている場合がありますので、その場合にも全銀協で確認することができます。

自分の信用情報を開示してもらうには?

自分の信用情報について問い合わせ先がわかったら、次はそれぞれの信用情報機関に開示請求を行います。ただ、自分の信用情報を開示してもらう方法は、それぞれの団体ごとに異なります。

    CICの開示方法
    CICの開示方法は、インターネット、書類の郵送、窓口の3つあります。1番早いのは、パソコンや携帯電話を使ってインターネットから開示請求をすることです。
    ・インターネットからの開示:毎日8時~21時まで(手数料1,000円)
    ・郵送での開示:開示請求から10日ほど(手数料1,000円)
    ・窓口での開示:平日10時~12時 13時~16時まで(手数料500円)
    ※郵送、窓口での開示請求には、本人確認書類の提出が必要です。
    JICCの開示方法
    JICCの開示方法は、携帯電話(インターネット)、書類の郵送、窓口の3つあります。こちらも1番早いのは、インターネット(パソコン不可)を使って開示請求をすることです。
    ・インターネットからの開示:24時間365日いつでも可(手数料1,000円)
    ・郵送での開示:開示請求から1週間から10日ほど(手数料1,000円)
    ・窓口での開示:平日10時~12時 13時~16時まで(手数料500円)
    ※開示請求には、本人確認書類の提出が必要です。
    全銀協の開示方法
    全銀協の開示方法は、郵送のみとなります。専用の申込書がありますので、そちらに記入して本人確認書類と合わせて郵送する流れです。
    ・郵送での開示:開示請求から1週間から10日ほど(手数料1,000円)

自分の信用情報を調べる際の注意点

自分の信用情報を調べる場合、上記で記載したCIC、JICC、全銀協の3つは、必ず調べるようにしてください。これは、現在の金融会社の多くが、これら3つの団体と提携していることが多く、ご自身の信用情報を調べる際には、念のため3つぞれぞれで確認をされるほうが確実となるためです。

逆に、CICのみ、JICCのみという調べ方では、自分が利用しているカード会社がその団体に加盟していれば情報は出てきますが、仮に加盟していない場合には、全く情報が出てきませんので、開示請求を行う意味がなくなってしまうことも考えられます。

自分自身の信用情報を確認するには、より正確な情報を把握することが重要となりますので、念のためそれぞれ3つの団体で確認されることをおすすめします。

モビットならお申し込みからご利用まで、ネットとメールだけで手続き完了
電話連絡なし、郵送物なしでキャッシング!!

安心・信頼の世界ブランド!最短3営業日でカード発行の三井住友VISAカード
ポイント最大20倍!クレジットカードの定番サービス

このページの先頭へ