アコム

心づけとは?心づけの意味は?渡し方や相場、タイミングや注意点は?

心づけとは、感謝の気持ちを込めて渡す少額のお金のことです。日本で心づけを渡す場面として多いのは、結婚式や葬式といった冠婚葬祭や旅館などです。

ただ、心づけは渡すタイミングや相場が明確に決まっているわけではありませんので、いざという時に渡した方が良いのか、また金額はいくら包めば良いのか悩むという方も多いでしょう。

そこで、心づけの意味について、また心づけの渡し方や相場、タイミングや注意点についてまとめました。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

心づけとは?心づけの意味は?

心づけは、欧米で言うチップのようなお金のことで、何かお世話になった人や良くしてもらった人に対する感謝の気持ちを表すという意味があります。

欧米では当たり前となっているチップの習慣ですが、日本では江戸時代頃から心づけの習慣が広まったと言われています。

旅館などに泊まった際にお世話をしてくれた仲居さんに、謝礼として渡していたお金が心づけと呼ばれるようになり、現在は冠婚葬祭などでお世話になったスタッフやお手伝いをしてくれた人に渡すことも多くあります。

結婚式や葬式、旅館で渡す心づけの相場は?

心づけを渡すシチュエーションとして多いのは、結婚式や葬式、旅行先の旅館などです。

心づけは、感謝の気持ちを示す謝礼ですので、極端に高額な金額を用意する必要はありません。心づけの金額に明確な決まりはありませんが、相場としては数千円程度になります。

逆に、心づけの金額があまりにも多いと、相手が恐縮して受け取りにくくなってしまいますので、ある程度の相場に沿って渡すようにしましょう。

心づけの平均額

結婚式の心づけの金額
    結婚式で渡す心づけの金額は、式場のスタッフに対して渡す場合は1人1,000円~3,000円程度が相場になります。ただ、最近は見積もりの中に予めサービス料が含まれている場合がほとんどですので、結婚式のスタッフに対して心づけを渡す方は少なくなっています。
    ただ、スタッフではなく、友人や会社の同僚などに受付や撮影を頼んだ場合は必ず心づけを用意しましょう。金額の目安は1人5,000円~10,000円程度です。
葬式の心づけの金額
    葬式の心づけは、葬儀社のスタッフや霊柩車やバスの運転手、火葬場のスタッフに渡すことが多くありますが、現在は結婚式と同様に初めからサービス料が見積もりに含まれているケースが多くあります。
    そのため、スタッフに対しては心づけを用意しない場合も多いのですが、葬儀の受付をしてくれた友人や親戚には、1人1日5,000円程度、食事などの用意を近所の人に手伝ってもらった場合は1人2,000円~3,000円程度の謝礼が必要です。
旅館の心づけの金額
    旅館の心づけは、担当してくれる仲居さんに対して渡す場合がほとんどです。ただ、旅館でも最近はサービス料が予め宿泊料金に含まれている場合が多くありますので、基本的には心づけが必須というわけではありません。
    ただ、個別に誕生日ケーキを用意して欲しい、献立に関して要望があるなど、もし旅館側が提供する基本のサービス以上を要求する場合は、心づけを渡す方がスマートです。旅館での心づけは宿泊料金の1割程度が相場になります。

心づけの渡し方やタイミングは?

心づけの渡し方としては、お金をそのまま渡さないことが重要です。結婚式で心づけを渡す場合は、祝儀袋に入れるのが一般的です。

葬式の場合は、白い封筒かポチ袋に入れましょう。旅館の場合は、ポチ袋に入れるか、和紙や懐紙にお金を包んで渡すと良いでしょう。

もし、どうしてもお金を入れる適当な袋などがない場合は、ティッシュに包んで渡しても構いませんので、現金を裸のまま渡すのは控えましょう。

心づけはサービスを受ける前に渡すのが基本

心づけを渡すタイミングは、サービスを受ける前が基本です。結婚式なら式が始まる前、葬式なら葬式が始まる前に渡しましょう。

また、旅館なら旅館に到着し、部屋に案内されたタイミングで渡すのが一般的です。

もし、どうしても事前に心づけを渡すことが難しい場合は、後からでも良いのですが、出来れば「今日は宜しくお願いします」と一言添えて事前に渡す方がスマートです。

心づけを渡す時の注意点は?

心づけを渡すときの注意点としては、仮に受け取りを断られた場合はあまり無理強いはしないということです。

最近は規則で心づけの受け取りを禁止している会社も少なくありませんので、場合によっては心づけを受け取ってもらえないこともあります。

中には遠慮して受け取らないという方もいますが、2回受け取りを断られた場合は無理に渡そうとせずに、感謝の気持ちを伝えるだけにしておきましょう。

特に、規則で心づけの受け取りが禁止されている場合は、無理強いをすると逆に相手の迷惑になってしまいます。心づけはあくまでも感謝の気持ちを伝えるためのものですので、本来の意味を忘れないよう注意が必要です。

アコムのキャッシングは申し込みから審査結果まで最短30分でお知らせ

プロミスのキャッシングなら来店不要で即日振り込み融資も可能

このページの先頭へ